保険を取り巻く外部要因~(1)

FPのみなさまを対象に保険のセミナー講師を務めさせていただいた。セミナーのタイトルは、「生保各社の経営・商品戦略から考える、FPとしておさえておきたい商品選択のポイント」。生命保険の経営戦略と商品戦略どちらについても話してほしいというのが、このタイトルに込められた主催者側の意図であった。ところで、実際に会場に行ってみると、セミナー参加者は確かに全員FPなのだが、だいたい7割は保険代理店関係者ではないかということであった。つまり、私のセミナーは保険代理店向けのセミナーになっていたのである。

※図は本文とは関係ありません

さて、私が話したことの一つは、「生命保険商品の変遷」ということであった。1970年代から現在に至るまで、どのような生命保険商品が販売されてきたかということを、時代背景と共にお伝えした。1970年代、生命保険の販売は養老保険が中心であった。その後、平均余命の伸展と相続税法上の非課税枠の拡大などがあり保険の販売の主力は終身保険にシフトした。同時に、高いインフレ率を克服するために増配が求められ、さらには、保障が大型化された。保障を大型化するということを前提にしたときに、もっとも効果的なのは定期保険特約を付加すること、こうして、L字型終身保険が販売の主流になった。私が伝えたかったのは、現在では無駄のかたまりのように評価されることが多い、L字型終身保険も出来上がった直後は時代のニーズにマッチした商品であったということである。現在、L字型終身保険が評価されないのであれば、それは、商品が劣化したからではなく商品を取り巻く環境が変わったからである。聴衆のFPの方には、私の話はかえって新鮮に聞こえたようである。

(続く)

この記事は、2012年9月に、週刊インシュアランス生保版に掲載したものです。



終身保険と定期保険+投資信託はどちらがお得か②

 前半部分はこちらをご覧ください

終身保険と定期保険+投資信託はどちらがお得か

FPとして伝えておきたいこと

じつは、私がFPとして伝えておきたいことは、一般的な結論とは少し異なるものである。

保険料払済後の終身保険には付加価値がある

保険料を支払ってしまうと解約することしか話題にならない終身保険であるが、保険料を払い込んだ後の終身保険には、たくさんの付加価値が発生する。解約返戻金を年金で受け取ることも可能であろう。ほかの保険種類に転換することや介護保障や医療保障に切り替えることも可能である。新たなお金を使うことなく、終身保険を変更することでほかのニーズに対応することができる。

図4 FPとして伝えておきたいこと

1.4%の利回りは高いハードルではない

投資信託のようなリスクのあるものに投資すると、元本割れしてしまうという印象が強いかもしれないが、事実は異なる。リーマンショックのような市場が悪化している時、私たちはリスクのあるものに投資したくないと感じる。そして、市場環境がよい時、その情報はニュースにならない。図5は、日本の代表的なバランス型ファンド8種類の投資シミュレーションの結果である。ファンドAで表示されているファンドの利回りを計算してみると、この5年間の利回りは7%に達している。1.4%という利回りは決して高いハードルではない。

図5 最近の投資信託の利回り

よく分散されたファンドに長期間投資すればリスクはコントロールできる

「投資信託⇒リスクがある⇒元本割れする」という認識は正しくない。リスクとリターンは一体のものであり、1.4%程度のリターンであれば、ほとんどリスクを取らなくても大丈夫な水準である。

別に計算してみると、30年後、資産運用がうまくいかなかった場合、積立金は約818万円になると試算された。予定していた870万円よりは少ないが、元本割れを起こしているわけではない

終身保険にはインフレヘッジ機能が必要

低金利の時代には全く問題にされなかったが、元来、保険はインフレに弱い金融商品である。インフレヘッジのためには、配当が支払われる、予定(積立)利率が変動するなどのインフレヘッジ対策が必要になってくる。 インフレの時代になると、無配当保険は、実質的な保険金額の引き下げとなることを認識しておこう。

図6 FPとして伝えておきたいこと

この記事はPDF版を用意してあります。こちらからダウンロードできます。

トップへ

終身保険と定期保険+投資信託はどちらがお得か①

終身保険定期保険+投資信託はどちらがお得か

具体的に比較してみよう

図1を見てほしい。この図は、終身保険と定期保険+投資信託を比較したものである。終身保険は、一生涯死亡保障がある保険で、保険期間が長いため貯蓄機能があることでも知られている。これは、保険を解約したときに戻ってくるお金(解約返戻金)があるからである。

図1 終身保険と定期保険+投資信託の比較

一方、定期保険には終身保険のような解約返戻金がない。つまり貯蓄機能がない。そこで、貯蓄機能は投資信託で補うことにより、定期保険+投資信託で同じようなしくみを創り出すことができる。図2では、具体的な保険商品を組み込んで数値の比較もしている。終身保険はライズ、定期保険はブリッジ。いずれもオリックス生命保険で現在販売されている保険である。

図2 比較したデータの内容

死亡したときの保障を同じように1000万円とそろえて30歳の男性が60歳まで保険料を支払うことを考えると、終身保険の月払保険料は21,740円。定期保険は2,203円。そこで、この差額の19,537円を投資信託で毎月積み立てることにする。

終身保険の解約返戻金は60歳時には、約871万円に達するので、60歳時における投資信託の積立金額が約871万円をこえれば、定期保険+投資信託のほうがお得ということになるであろう。計算してみると、投資信託の利回りが1.4%であれば積立金は約871万円になることがわかる。

終身保険と定期保険+投資信託についてまとめると図3のようになるであろう。

図3 簡単にまとめてみよう

そして、一般的に導き出されている結論は以下のようなものである。

一般的な結論
  • 終身保険の60歳以降の保障は不要 ⇒ 定期保険+投資信託
  • 1.4%の利回りで運用するのは大変 ⇒ 終身保険
  • 投資信託にはリスクがあるが保険にはリスクがない ⇒ 終身保険

この続きはこちらへ

トップへ

保険の見直しを勧められています②

よくある質問~保険の見直しを勧められています

Sさん 先日、AC生命の募集人さんから「保険の見直し」をすすめられたのよ。今まで、バラバラに入っていた医療保険やがん保険を一つにまとめないかっていわれたの。

Bさん 保険料は安くなるの?

Sさん 保険料は少しだけ安くなるし、生活サポート年金っていうのもついているらしいの

Bさん それって、CMで宣伝している保険のことね

Sさん それにね、保険の見直しって大変でしょ。私たち素人にはよくわからないけど、毎年、見直しにやってきてくれるみたいよ

Bさん なんだかいいことだらけだけど、本当にそんなにいい保険なのかしら?

保険料が安いのはなぜ

「保険料が安い」というのは大変ありがたいことである。そこで知っておきたいのは、保険料が安くなる理由である。3つの理由が考えられる

  1. 付加保険料が安い
  2. 保険金が支払われる可能性が低い
  3. 純保険料が安い

「1.付加保険料が安い」というのは、ライフネット生命が宣伝しているものである。保険の経費の部分(付加保険料)を削減したので保険料が安くなりましたということになる。くるまのタイヤに例えるとわかるだろう。あまりに立派なタイヤを履きすぎていましたので、もっと実用的なものに代えました。だから車のトタルの代金が安くなりましたというわけである。

 

「2.保険金が支払われる可能性が低い」を理解するためには、傷害保険金をイメージすればよい。傷害保険金は、ケガで死亡したときに保険金が支払われるしくみである。通常の死亡保険金は病気でもケガでも支払われる。ケガで死亡する確率は、病気で死亡する確率より圧倒的に低い。だから保険料も低廉で済む。
立派な車と思っていたら、実は、遊園地のゴーカート程度のものだったというような例えになるだろうか。

「3.純保険料が安い」とは、保険の保障に必要なコスト(純保険料)が安い状態を指す。くるまに例えるなら、エンジンを立派なものから実用的なものに代えたら、車のトタルの代金が安くなりましたということになる。

ところで、この車のエンジン部分を安くしている例はあまりない。なぜなら、金融庁が実用的なエンジンを認可しないからである。あまり、安っぽいエンジンに代えて、エンストばかりを起こしている車が増えると困るというのがその理由である。

保険料を安くするためにはタイヤもエンジンも高級品を避ける

というわけで、保険料が安い保険を探すための話をくるまの話に例えておこう。

  1. 過度な装備が付いた車はやめるようにしよう
  2. 役に立たない車を購入するのはやめよう
  3. そもそも車に乗る必要があるのか考えよう

ということになるだろう。

 

保険の見直しを勧められています

よくある質問~保険の見直しを勧められています

Sさん 先日、AC生命の募集人さんから「保険の見直し」をすすめられたのよ。今まで、バラバラに入っていた医療保険やがん保険を一つにまとめないかっていわれたの。

Bさん 保険料は安くなるの?

Sさん 保険料は少しだけ安くなるし、生活サポート年金っていうのもついているらしいの

Bさん それって、CMで宣伝している保険のことね

Sさん それにね、保険の見直しって大変でしょ。私たち素人にはよくわからないけど、毎年、見直しにやってきてくれるみたいよ

Bさん なんだかいいことだらけだけど、本当にそんなにいい保険なのかしら?

保険の見直しを勧められたSさんへのアドバイス

保険の見直し

「保険の見直し」には2つの方法がある。一つは保険料を削減しようとする方法もう一つは、保障を削減しようとする方法
保険料を削減しようとする方法を選択すると、安い保険料を提供してくれる保険会社を選択することになる。保障を削減しようとすると、必要な保障額を精査する必要がある。

簡単なのは、保険料を削減しようとする方法効果が大きいのは保障額を削減しようとする方法。ただし、保障額を削減するためには、将来の収支・資産予想ができなければならない。少しテクニックが必要になる。FPに依頼すると当然お金(追加費用)が発生する。

そこで、この保障額の計算をサービスで行うといったらどうだろう。きっと魅力的な提案になる。これが、Sさんの受けている「保険の見直し」の中身である。