資本回収係数

資本回収係数は、年金の計算に使います。

現在、手元に100万円あるけど、5年で使い切ることを考える。その間、3%の利息が付くものとする

と考えると、資本回収係数を

100 × 0.2184 = 21.84 万円

と計算できるのです。

現在、お金を100万円貸して、5年間にわたって返済してもらう。利息は3%

と考えても同じです。

こちらも資本回収係数を使います。

雑損控除

台風や地震にあったとき、所得税の計算で、一定の損失額を所得から控除する(差し引く)しくみが雑損控除です。

雑損控除を受けるためには、確定申告が必要です。雑損控除のしくみは…少し複雑ですね。

雑損控除は税金が減りますが、税金がゼロになるとは限りません

 

災害減免法による軽減も適用できますが、雑損控除といずれかを選択しなければなりません。

災害減免法の場合所得金額が500万円であれば、所得税は全額免除ということになります。    

 

くわしくはこちらをご覧ください。

 

雑損控除は住民税についても存在します。

 

大阪市の場合

 

横浜市の場合