ピックアップファンド(Yjamプラス!)

ファンドの特徴

このファンド(Yjamプラス!)は、国内外の株式を主要な投資対象としに投資するタイプのアクティブ運用ファンドです。運用会社はアストマックス投信投資顧問です。この会社の株式の過半はヤフー株式会社が保有しています。運用において、特徴的なのは、AIを活用してビッグデータを解析して、株価を予測して投資をするという手法を採っているところです。コアとなるAIを使った株価分析はYahooの子会社であるマグネマックス・キャピタル・マネジメント社に委託しています。国内外の株式に投資するとありますが、第5期末の運用報告書を見ても海外の株式に投資していません。実質的に、国内株式に投資するファンドです。分配金については設定来支払われていません。分配方針は、「毎決算期に収益の分配を行なう方針」とありますから、少し目論見書に記載している内容とずれています。

ファンドは2016年12月に設定されたばかりのファンドです。したがって、モーニングスター社の評価もまだありませんし、ファンドが表彰を受けたという実績もないようです。

購入時手数料の上限は3.3%です。購入時手数料の上限は高い設定です。信託財産留保額はありません。信託報酬は1.012%ですから、アクティブ運用の株式ファンドとしては平均的な費用設定になっています。

※ 2019年11月末時点の情報で記入しています

ファンドへのコメント

ポートフォリオ

マザーファンドで、182銘柄程度の日本株式を保有(2019年5月時点)

運用体制

アストマックス投信投資顧問が運用

アクティブ/パッシブ

アクティブ運用

販売会社

京都銀行、イオン銀行、SBI証券、七十七銀行など

資産残高の推移

ファンドは2016年12月に設定。2018年1-3月ごろに、純資産総額が大きく伸び、2018年夏ごろからは300億円で横ばいで推移し、2019年11月末では288億円になっています

購入時手数料

購入時手数料は3.3%(上限)

信託報酬

1.012%(年額)

収益分配金

毎決算期に収益の分配を行なう方針です。ただし、基準価額の水準や市場動向等を勘案して収益の分配を行なわない場合もあります。

このファンドに対するコメント

外貨建て資産に投資した場合には為替ヘッジすると目論見書にありますから、原則として、日本の株式に投資するファンドと考えておけばよいでしょう。目論見書等には、AI、ビッグデータ、モテ期予測などの言葉が並んでいますが、2019年10月末の上位保有銘柄は、HONDA、トヨタ、ファーストリテイリング、エーザイ、第一生命となっており、なんとなく、単なる大型株ファンドのイメージを受けます。

設定期以来のパフォーマンスを見ても、確かに、TOPIXを上回る運用成績になっているのですが、東京海上・ジャパン・オーナーズ株式オープン(毎月値動きを追っているファンドです)と比較すると、明らかに運用成績は下回っています。

AIを用いた解析モデルが予測能力があるのかどうかを含めて、あと数年、運用履歴を検証する必要があるのかもしれません。

12月第2週の市況

2019/12/9    月 

米国で労働統計が公表され、266,000の新規就労者増はここ11か月で最大で、失業率も3.5%に下落した。欧米市場で好感され市場はともに上昇。米国ではクドロウホワイトハウス経済アドバイザーが、米中協議が順調であるとコメントし、半導体関連が値を上げる。また、原油価格が上昇したためエネルギー関連も値を上げた。欧州市場では、原油価格の値上がりと、英ポンド安のダブルの恩恵を受けた英国のFTSEが1.4%の大きな上昇となった。ドイツについては10月の工業出荷が予想外に下落したためにDAXの上昇は0.9%にとどまった

2019/12/10    火

欧米市場では大きな政治イベントが目白押しでその様子見といった感じが強い。米国のFOMCが開催され、英国では総選挙が実施される、さらに北米貿易協定もある。米国市場では、アップルが1.4%値を下げ、さらに、シティの評価が下げられた3Mが1.0%下落。市場全体も史上最高値の水準から下落。欧州市場では、石油・ガス開発のTullow Oilが主要な生産地のガーナでの問題があり、無配に転落し、CEOが辞任することになり、株価は約7割下落。中国では11月の輸出が4か月連続で下落し、欧州市場も下落

2019/12/11    水

米国市場では米中協議の期日の12月15日が迫る中、市場は横ばい。ウォールストリートジャーナルは、米中政府関係者が期限の先延ばしの下地作りをしていると報じる。FOMCは水曜日に政策会合の方針を公開するが、市場は金利を維持するとみている。個別銘柄では、Autozoneが好決算で6.9%値を上げたが、ボーイングは11か月の出荷台数が予想にわずかに届かず0.5%の下落。Netfliexはぼろーかーの評価が下がり3.3%の値下がり。欧州市場では、市場は下落したが、製薬のSanofiがより少ない薬に資源を集中するとの方針を公表し株価は5.9%上昇。自動車部品のValeoは中期計画が期待外れだったので7.4%値下がり

2019/12/12    木

Fedが予想とおり金利を、1.5-1.75%で据え置いた。同時に、米国経済の緩やかな成長を報告し、米国市場では株価上昇。素材やテクノロジー株が市場をけん引。個別銘柄では、2020年の売り上げ予想が市場の予想以下となったHome Depotが1.8%値を下げ、小売りのAmerican Eagle Outfitterは売り上げ・利益ともに予想を下回り6.5%の値下がりとなった。欧州市場では、市場は横ばい。Zaraの親会社Inditexは収益成長が急激で株価が5.2%上昇。筆頭株主が株式の一部を売却したJD Sport’は9.5%値下がり

2019/12/13    金 

トランプ大統領が米中協議について基本的に合意に達したとコメントし、15日からの中国からの輸入に対する増税は中止になった。米国株式市場はSP500、NASDAQともに上昇し史上最高値を更新。JPモルガン、ユナイテッド・テクノロジー、マイクロソフト、アップルなどが値を上げた。生産者物価指数はサービス価格が下落したものの、食品やガソリンの価格が上昇して横ばい。新規失業保険申請者数は2.5年ぶりの高水準となった。欧州では、ラガルド新総裁の下で初めての理事会が開催され金利は維持された。銀行株は2.8%と大きく上昇し、銀行のウェイトの高いイタリアやスペインは値上がり。英国の総選挙は出口調査で与党が勝利し、英国の株価指数は、FTSEと国内株中心のFTMCともに上昇。隣国のアイルランド市場も上昇した。
 

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況