セゾン資産形成の達人ファンド

ファンドの特徴

このファンドは、セゾン投信株式会社が運用するファンド・オブ・ファンズです。目論見書は、株式、債券、他のファンドの受益証券に投資できる仕組みですが、投資先を勘案すると内外の株式に投資するファンドです。

直近3年のデータを基に計算すると、ファンドのリターンは11.4%、リスクは19.8%となっており、TOPIXよりリターン、リスクとも高くなっています。シャープレシオを計算してみるとTOPIXより高くなっていますので、ファンドの方が魅力的な投資対象になっているといえると思います。TOPIXとの相関も高くないので、日本株式のインデックスファンドとは違った投資対象と認識できるでしょう。

運用は、セゾン投信が担当していますが、投資先のファンドは、バンガード、FSSA、COMJESTなどが運用を担当しています。2021年6月と2020年12月の月次レポートを比較してみると、投資先ファンドの比率や国別の比率はほとんど変わりはないので、アクティブ運用の超過収益の源泉は、それぞれの投資先のファンドの運用能力によるものが大きいと推測されます。ファンドはノーロード、信託財産留保金もなしですが、実質的な運用コストは年1.44%(2020年12月の決算実績値)であり、安いコストとは言えません

※ 2021年7月末時点の情報で記入しています

ポートフォリオ

2021年6月末時点のポートフォリオは、北米47%、欧州24%、日本12%、新興国16%の投資比率になっています

運用体制

セゾン投信株式会社

アクティブ/パッシブ

アクティブ運用

販売会社

セゾン投信、滋賀銀行、横浜銀行、八十二銀行、ゆうちょ銀行

資産残高の推移

ファンドは2007年3月に設定。資産残高は右肩上がりで増加しています。2021年7月末時点での資産残高は1,642億円に達しています

購入時手数料

購入時手数料:無手数料
信託財産留保額:なし

信託報酬

年1.44%(2020年12月の決算実績値)

収益分配金

設定来、収益分配金が支払われた実績はありません

このファンドに対するコメント

セゾン投信が作った2つ目のファンドです。バンガードだけでなくほかの運用会社のノウハウも活かし、かつ、アクティブ運用のファンドというコンセプトです。

アクティブ運用の収益の源泉を、下手にアセットアロケーションに求めないで、それぞれの運用会社の運用能力に求める点は評価できるポイントだと思います。ただし、手数料の水準は、実質的に年率1.5%近くに達しており、投資家の得られるリターンを引き下げていると思います。シャープレシオで比較すると、対TOPIXではファンドが優れていると判断できますがパッシブ運用型のバランスファンドになると、ファンドが劣っていると判断されます

ゆうちょ銀行の投信販売ランキング(2021年上半期)でみると、7位にランクされている売れ筋ファンドのようです。八十二銀行のランキング(2021年6月)でも、インターネット販売では10位にランクされています。

過去の記事

マネックス資産設計ファンド<育成型>

JP4資産バランスファンド 成長コース

ピクテ・マルチアセット・アロケーション
・ファンド(クアトロ)

グローバル財産3分法ファンド(毎月決算型)

GW7つの卵

結い2101

アライアンス・バーンスタイン・財産設計 2040

投資のソムリエ

たわらノーロード バランス(8資産均等型)

リスク抑制世界8資産バランスファンド
(しあわせの一歩)

野村ドイチェ・高配当インフラ関連株投信
(通貨選択型)米ドルコース(毎月分配型)

eMAXISバランス(8資産均等型)

のむラップ・ファンド(普通型)

トレンド・アロケーション・オープンの
投資戦術と資産運用の推移

7フ月第5週の市況

2021/7/26    月

米国では、各企業の好業績の公表や景気の立ち直りの兆候から、主要3指数が史上最高の終値を付け、ダウは初めて35000を超えた。エネルギー以外のすべてのセクターは上昇。モデルナはEU当局が12~17歳のこどもに接種を認めたことから7.8%上昇。アメリカンエキスプレス、Twitter、Snapなどが好業績を背景に株価を上げた。欧州市場では、自動車関連を中心に値を上げた。ブローカーが評価を引き上げたダイムラーは5.5%株価が上昇し、上半期の利益が予想を上回り、半導体不足も緩和されてきたとコメントしたフランスの自動車部品Valeoは6%の株高。同業のFaurecia、Continental AGなども3%「以上値上がり。今週初めに予想収益の引き上げを公表したASMLは史上最高値をつける。また、ユーロ圏のビジネス指数は7月ここ20年来で最高の上昇となった

2021/7/27    火

米国市場では、アップル、マイクロソフト、アマゾン、Facebook、alphabetなど大手テクノロジー株が堅調で市場は史上最高値を更新した。Teslaは市場終了後に決算を公表したが、時間内取引で2.2%上昇し、時間外取引で1.0%値を上げた。市場では火曜日から開催されるFOMCに注目が集まっている。中国当局がオンラインでの個別教育を禁止したために、アリババ、Baiduといった米国上場中国企業は値を下げた。決算を前に、3Mが0.6%、ボーイングが2%値を上げた。欧州市場では値下がり。中国のIT大手Tencentの3割弱の株主であるドイツのProsusは8.8%の値下がり。フランスの自動車部品のFrareciaは5.7%値を下げた。Ryanairは夏季の予約状況が好調で通年の予想を上方修正し3.5%値上がり

2021/7/28    水

米国市場では、投資家がFedの政策決定と大手テクノロジー株の決算発表に懐疑的な動きを見せ市場は低迷。NASDAQは5月12日以来の低下となり、市場終了後に決算発表をするマイクロソフト、alphabet、アップルなどが値を下げた。Teslaは決算は好調であったが、半導体不足が影響を及ぼすとの懸念から株価は2%下落。Baiduなどの中国関連株も値を下げる。Qualcommの半導体を製造し始めたインテルも2.1%の値下がり。欧州市場でも、中国のテクノロジー企業に対する締め付けが悪影響を及ぼす。Prosusは昨日に引き続き値を下げた。Lysolの製造元であるReckittは高いコストで利益が圧迫されるとして8.4%の値下がり。スイスのコンピュータ部品製造のLogitechは業績がよかったが通年の収益見通しを据え置いたために株価は8.4%下落

2021/7/29    木

米国市場は横ばい。SP500は値を下げたが、NASDAQは上昇。FOMCが終了し、パウエル議長は利上げを検討するにはほど遠いとコメント。アップルは売り上げの鈍化を予想し1.2%の値下がり。マイクロソフトはクラウドサービスが売り上げと利益予想を超えることに貢献したが、株価は0.1%の下落。欧州市場では、個別企業の業績が市場を押し上げた。英国のバークレイズは上半期の利益が予想を上回り復配となり2%上昇。高級品のKeringは主力ブランドのグッチの売り上げが堅調で売り上げがほぼ倍増し株価は3.8%の上昇。フランスのコンサルティング・IT企業のCapgeminiは上半期の利益が予想を上回り3.8%上昇。ハンガリーの格安航空Wizz Airは7~8月の座席占有率がコロナ前の90%~100%にまで回復し株価は8.0%上昇

2021/7/30    金

米国では、GDP成長率は予想以下であったが、GDPの水準はコロナ前の水準を超えることになり市場は上昇。金融、素材、エネルギーなど景気に感応度の高い分野で上昇。フォードは通年の利益見通しを引き上げ株価上昇。ケンタッキーフライドチキンを配下に持つYum Brandsは四半期売り上げが予想を超え株価上昇。欧州市場では、7月、1985年以降で、経済センチメントが最高に達したこともあり株価は史上最高値を更新。ロイヤルダッチシェル、TotalEnergiesはいずれも自社株買いを公表し、3.8%と2.2%株価上昇。エアバスは、通年での航空機の出荷と利益を引き上げ株価が0.6%上昇。Nokiaも通年の利益見通しを上方修正し4.6%株高に  

過去の市況を確認しよう!!

1 か月前の市況 1 年前の市況