ピクテ・マルチアセット・アロケーション・ファンド(クアトロ)

ファンドの特徴

このファンドは、ピクテ投信投資顧問株式会社が運用するファンドで、内外の株式、債券そしてオルタナティブ(代替資産)に投資するファンドです。このファンドは、目論見書で「様々なアセット・クラス(資産)への分散投資と投資戦略を活用し、市場環境に応じて資産配分を機動的に変更することにより、「負けない運用」を目指す」と謳っています。

直近5年のデータを基に計算すると、ファンドのリターンは3.1%、リスクは3.8%となっており、TOPIXとの相関は0.53程度です。分散投資が効いていて、株式市場との連動性も低いというのがデータでも裏付けされています。

ピクテの本社はスイスにありますが、このファンドでは、日本国内にマザーファンドを設定し、そのマザーファンドがルクセンブルクに設定したピクテのファンドに投資することで、世界の様々な資産に対する運用を実現させています。

購入時手数料は3.5%が上限です。静岡銀行(3.5%)から、Paypay銀行、ソニー銀行、秋田銀行、フィデリティ証券など(0.0%)まで手数料が異なりますが、ほかのファンドではノーロードが多い楽天証券やSBI証券が、1.0%の購入時手数料を設定しています。

ファンドは2013年12月に設定・運用開始されていて、純資産残高も右肩上がりで積みあがってきていますが、2021年4月末現在で純資産残高は、約1985億円です。

※ 2021年4月末時点の情報で記入しています

ポートフォリオ

2021年3月末時点のポートフォリオは、株式25.4%、オルタナティブ16.8%、債券36.2%、キャッシュ等21.5%となっています

運用体制

自社で運用

アクティブ/パッシブ

アクティブ運用

販売会社

三菱UFJ銀行、静岡銀行、PayPay銀行、SBI証券、SMBC日興証券、楽天証券など

資産残高の推移

ファンドは2013年12月に設定。設定以来、純資産残高は右肩上がりで上昇している。特に、2020年3月以降、純資産残高が大きく伸びている。2021年1月現在の純資産残高は約1985億円

購入時手数料

3.5%(上限・税抜き)フィデリティ証券、あおぞら銀行、スルガ銀行、PayPay銀行、ソニー銀行秋田銀行は0.0%

信託報酬

1.13%

収益分配金

目論見書上は、経費控除後の繰越分を含めた配当等収益と売買益(評価益を含みます。)等の全額を分配金の原資とし、基準価額の水準および市況動向等を勘案して委託会社が決定すると書かれていますが、これまで分配金を支払った実績はありません

このファンドに対するコメント

このファンドの運用コンセプトは、『欲張らない投資』(目標リターンは物価上昇率(現在は日銀の掲げる2%)を上回ること)とピクテのウェブサイトに記載があります。そして、その運用は実現できていると思います。収益分配金はこれまで支払われたことがありません。そのような特性を考えると、「現役世代の40代以降の方が、老後資金を積み立てるときに使いたいファンド」といえるでしょう。

そうなると、確定拠出年金やつみたてNISAなどの投資対象になっていてほしいのですが、確定拠出年金の対象になっているかどうかは調べられていません。購入時手数料があるために、つみたてNISAの対象にはなっていないようです。可能であれば購入時手数料をゼロにして、つみたてNISAの対象ファンドになってほしいところです。

4月第5週の市況

2021/4/26    月

米国市場では主要3指数ともに史上最高値付近まで上昇。市場のリスクを示すVIX指数は10程度と安値で安定している。Markitの製造業PMI指数が2007年5月来の上昇となり、また、戸建て住宅の売り上げも予想以上に上昇し、市場ではテクノロジー、金融関連を中心に値上がり。アメリカンエキスプレスとHonewall internationalはともに業績が芳しくなく株価下落。欧州市場ではヘルスケアと消費関連株を中心に値下がり。インドがコロナウイルスの感染で世界最高になり、日本で緊急事態宣言が出されたことが影響。スペインの投信販売Allfundがアムステルダム市場でIPOを行い、株価は20.4%の上昇。高級品ブランドのMonclerは売り上げが前年比割れとなり株価は4%下落。LVMHが保有比率を10%に引き上げたイタリアの高級品Tod11.4%の株価上昇

2021/4/27    火

米国市場ではNASDAQとSP500が史上最高値を更新。Teslaは第1四半期の売り上げが予想を超え、1.2%株価上昇。エネルギー関連は0.6%値を上げ、公益、生活必需品関連は値を下げる。FOMCが火曜日から会合を開催するので市場はその様子見。暗号資産関連のRiot Blockchain、Marathon Patent Groupなどが5日連増の値下がりの後、5%以上の株価上昇。欧州市場でも株価は上昇。中国の銅価格が上昇し、鉱業関連が1.9%値を上げ史上最高値をつけた。ただし、ドイツは4月のIfoが予想以下の伸びとなり、また、フォルクスワーゲンが半導体不足から第2四半期の減産を示唆し芳しくなかった。EU当局が米国が夏までには欧州への旅行を許可するとの見通しを示し、株価は1.8%上昇

2021/4/28    水

米国市場ではおおむね横ばい。Teslaは電気自動車部門ではなく、環境権やビットコインの販売などで損失を計上し株価は4.5%下落。時間外取引で、マイクロソフトが4%下落し、Alphabetは5%上昇。また、スターバックスも時間外取引で2.7%の下落。3Mはパンデミック関連と2月の寒波でサプライチェーンが影響を受けたとして株価は2.6%下落。UPSは四半期の売上が予想を上回ったことから10%株価上昇。欧州市場では株価は下落。BPは四半期利益が上昇し、自社株買いの計画を明らかにし株価は0.6%上昇。UBSはArchegos関連で7.74億ドルの損失を計上し株価は2%下落。旅行や銀行株は上昇。スウェーデンのオンラインゲーム会社Evolution Gaming Groupはパンデミックで需要が増えたとして14.5%株価上昇。デンマークの貨物会社DSV PanalpinaがM&A関連で6.8%株価を上げた

2021/4/29    木

米国市場は値下がり。FOMCは金利を維持し、債券購入プログラムを維持することを決定した。グーグルの親会社Alphabetは2四半期連続の最高益の更新となり、株価が2.9%上昇。Facebookも四半期の売り上げが予想を超え、時間外取引で6%の株価上昇となった。製薬会社のAmgenは薬価の下落などで四半期の売り上げ・利益がともに下落し7.2%の株安となった。損失が予想以上となったボーイングも2.9%の株安。欧州市場では、市場は全体としては横ばい。ドイッチェバンクは利益が予想を上回り株価は10.7%上昇。スペインのサンタンデール銀行も利益が予想を上回り2.7%の株高。英国のロイズも予想を超える利益を計上し3.5%の株高。ドイツの食品配送のDelivery Heroは2021年の売り上げが約2倍になると公表し株価が9.4%の上昇。イタリアのエネルギーサービスのSaipemは四半期利益が予想を下回り株価は5.1%の下落

2021/4/30    金

米国市場はSP500が史上最高値を更新。Facebookは四半期収益が予想を超え株価は7.3%上昇。Amazonは時間外取引で3%株価上昇。Alphabetも株価が上昇し、通信サービスの指数は2.75%の上昇。一方で、Twitterはコスト高と成長の鈍化から株価は9%下落。キャタピラーは、増益となったが、サプライチェーンにボトルネックが懸念され、株価は2%の下落。医薬品のMerck & Coは四半期利益が減少し株価が4.4%下落。欧州市場では、スタンダード・チャター、HSBC、サンタンデールなど銀行株が値を上げたがイールドが上昇し市場はほぼ横ばい。旅行。・レジャー関連は0.7%株価が下落し、米国でフォードが半導体の不足から第2四半期の生産に影響を受けると公表し、欧州の自動車メーカーも株価下落。ユニリバーは中国の販売が好調で株価は3.3%上昇
 

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況