JP4資産均等バランス

ファンドの特徴

このファンドは、JP投信が運用する、債券(日本/海外)、株式(日本/海外)の4つの資産クラスに投資するバランス型ファンドです。ポートフォリオの基本比率は、4つの資産クラスともに25%ずつになっています。2022年10月末現在、国内株式に24.3%、海外株式に25.79%、日本債券に24.67%、海外債券に24.6%投資するポートフォリオになっています。

ファンドは、ファンド・オブ・ファンズの形態です。運用先のファンドは、野村アセットマネジメント(海外株式)と三井住友トラスト・アセットマネジメント(日本株式、日本債券、海外債券)が運用するファンドです。ちなみに、野村ホールディングスは20%、三井住友信託銀行は30%、それぞれ、JP投信に出資する株主です。

過去5年の履歴からリスクを計算すると約8%です。運用は、各資産クラスでは原則的にインデックス運用になっています。信託約款には、「各資産毎に一定の変動許容幅を設け、一定以上乖離した場合にはリバランスを行います」と記載がありますので、アセットクラスの組み入れ比率は、基本配分比率を維持しつつ、基本配分比率から外れた場合には、リバランスを行う方針であることがわかります。

※ 2022年11月末時点で入手可能な情報に基づいて記入しています

ポートフォリオ

2022年10月末時点のポートフォリオは、国内株式24.3%、海外株式25.79%、日本債券24.67%、海外債券24.6%です

運用体制

野村アセットマネジメント、三井住友トラスト・アセットマネジメント

アクティブ/パッシブ

パッシブ運用

販売会社

ゆうちょ銀行

資産残高の推移

ファンドは2017年10月に設定。設定以後、右肩上がりで単調に純資産残高が増加。2022年11月末で約176億円の純資産残高になっています

購入時手数料等

なし

信託財産留保額

なし

信託報酬

年0.242%程度(税込み)

収益分配金

ファンド設定以来、収益分配金を支払った実績はありません

このファンドに対するコメント

2017年に設定された比較的新しいバランス型ファンドで、ゆうちょ銀行専用のファンドになっています。R&Iファンド大賞のNISA部門で最優秀の評価を受けたファンドです。購入時手数料はノーロード、信託報酬も安めに抑えられています。

ファンドの仕組みでは、ファンド・オブ・ファンズを使っています。運用会社が2015年に設立されたばかりなので、実質的な運用のノウハウは、株主の運用会社(野村アセットマネジメント、三井住友トラスト・アセットマネジメント)のノウハウを上手に使うために、ファンド・オブ・ファンズの形態を採ったのだと推測されます。

運用について、野村アセットマネジメントが運用する、ゆうちょ銀行専用ファンドの「野村世界6資産分散投信(分配コース)」と比較すると、同程度の評価になることがわかります。リスク自体は、このファンドの方が幾分高めに設定されています。

のむラップ・ファンド(普通型)

トレンド・アロケーション・オープン

楽天資産形成ファンド

東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)

ブラックロック・インデックス投資戦略ファンド

のむラップ・ファンド(積極型)

LOSA長期保有型国際分散インデックスファンド

ファイン・ブレンド(毎月分配型)

シュローダーYENターゲット(1年決算型)

野村世界6資産分散投信(成長コース)

BNYメロン・リアル・リターン・ファンド Bコース(為替ヘッジなし)

DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型)

eMAXIS 最適化バランス(マイ ストライカー)

スカイオーシャン・コアラップ(成長型)

世界経済インデックスファンド

セゾン資産形成の達人ファンド

マネックス資産設計ファンド<育成型>

JP4資産バランスファンド 成長コース

ピクテ・マルチアセット・アロケーション
・ファンド(クアトロ)

グローバル財産3分法ファンド(毎月決算型)

GW7つの卵

結い2101

アライアンス・バーンスタイン・財産設計 2040

投資のソムリエ

たわらノーロード バランス(8資産均等型)

リスク抑制世界8資産バランスファンド
(しあわせの一歩)

野村ドイチェ・高配当インフラ関連株投信
(通貨選択型)米ドルコース(毎月分配型)

eMAXISバランス(8資産均等型)

のむラップ・ファンド(普通型)

トレンド・アロケーション・オープンの投資戦術と資産運用の推移

12月第1週の市況

2022/11/28    月 

米国市場では、アップルが中国の生産工場がコロナ関連で制限を受けていることから株価が2.0%下落。ダウは値を上げたが、NASDAQ、SP500は値下がり。Activision Blizzardはマイクロソフトが買収しようとしたことを不正にブロックしたとして反トラスト法で訴訟する見込みで、株価は4.1%下落。欧州市場では、金利引き上げの鈍化への期待と不動産部門の売却やショッピングシーズンへの不安から小売り関連が値を下げ、市場全体としては横ばい。不動産部門は10月の英国で住宅需要が増加し、買い控えから不動産部門の株価が下落。ドイツではGDPが個人消費に支えられて幾分上昇。クレディスイスは資本増強の影響を受けて株価は6.6%下落

2022/11/29    火

米国市場では、中国でのコロナ対策への反発が景気を減速させるとの懸念から、株式市場は急落。アップルはiPhoneの生産への影響への懸念から株価下落。Cupertinoは影響を受けて2.6%株価下落。中国株のPinduoduoは第3四半期の収入が予想を超え株価は12.6%上昇。そのほかバイドゥやティンセントなどの中国銘柄も上昇。中国でのコロナ対策のトラブルから欧州市場も値下がり。原油価格が下落したことでエネルギー関連が値を下げ、さらに、高級品や自動車なども値下がり。クレディスイスは、デフォルトリスクを保険でカバーする保険料が上昇し、株価は4.2%下落。ドイツの化学会社Brenntagは米国のライバルのUnivar Solutions合併の事前交渉を始めたことを公表し、Brenntagの株価は9.7%下落。エアバスは2023年に一部出荷が間に合わないと報じられ株価が5.7%下落

2022/11/30    水

米国市場では、金利動向に影響の大きい予定されているパウエルFRB議長のスピーチを前に、アップルが2.1%値を下げ、AmazonやNvidia、Teslaなどが1%以上値を下げ、市場は値を下げた。生活コストが上昇する中、消費者信頼感指数は下落。中国のコロナ政策が緩和されるのではないかとの予測から原油価格が上昇し、エネルギー関連が値を上げる。欧州市場では、鉱業関連の値上がりが、テクノロジーや化学といったセクターの値下がりで相殺され、市場全体としては値下がり。中国は高齢者へのワクチン接種を加速させると公表。鉱業関連の値上がりは、パリやフランクフルトよりロンドン市場によく効いた。また、スペインやドイツでは価格の上昇圧力が鈍化してきている

2022/12/1    木

米国市場では、パウエルFRB議長が利上げのペースの鈍化を示唆したことから株式市場は急上昇。Nvidiaは8%以上値を上げ、マイクロソフトも6.2%の上昇。アップルも4.9%の値上がり。Teslaは値下げの効果があり中国で販売が好調であったと報じられ株価は7.7%上昇。ADPの雇用統計は12.7万人の雇用増となったが、予想されていた数には及ばなかった。欧州市場では中国関連の銘柄(高級品、自動車、商品)が上昇し、インフレも予想以下となったことから市場は上昇し、月間では2か月連続の上昇となった。個別銘柄ではドイツの医薬品argenx SEが米国のFDA優先審査保証を獲得したとコメントし株価は7.1%上昇。スウェーデンのAvanza Bank Holdingは5.2%の株安

2022/12/2    金

米国市場では、NASDAQは値を上げたが、ダウとSP500は値下がり。セールスフォースのCEOが1月での辞任を公表し、同株は、8.3%の値下がり。ディスカウントストアーのDollar General Corpは年間の利益予想を下方修正し7.5%株安。コストコも11月の売り上げの伸びが芳しくなく6.6%の値下がり。欧州市場では、パウエルFRB議長の金利引き上げの鈍化を示唆するコメントと中国でのコロナ規制の緩和が好感されて市場は上昇。テクノロジー株は米国のセールスフォースが好調な利益見通しを公表したこともあり、セクター全体で3%弱の上昇。2日ほど値上がりが続いていたエネルギー株は下落。さらなるコストカットを模索していると報じられたクレディスイスは4.4%の値下がり
 

過去の市況を確認しよう!!

1 か月前の市況 1 年前の市況