6月第1週の市況

2024/6/3    月

米国市場ではダウが1.5%上昇と大きく値を上げ、SP500も値を上げたが、NASDAQは値下がり。公表されたPCE(個人消費支出)は0.3%と個人消費が予想以上に減速していることが判明した。セクター別ではエネルギーが2.5%上昇となったが、テクノロジーは値下がり。DELLは今四半期の予想利益が予想を下回り、株価は17.9%下落。セキュリティ会社のZscalerは第4四半期の業績が予想を超えたため、株価は8.5%上昇。年間の利益予想を上方修正したGAPは株価が28.6%上昇。欧州市場では米国のインフレ統計が緩やかだったことから金利引き下げが早まる期待感から株式市場は上昇。ドイツでは小売り販売が予想以上に下落した。ヘルスケア関連は1.7%上昇したが、テクノロジー株が1.5%下落

2024/6/4    火

米国ではISM製造業指数が2か月連続で鈍化し、エネルギーセクターが値を下げ、ダウは値下がり。一方で、テクノロジー株は値を上げたおかげでSP500とNASDAQは上昇。NvidiaはCEOが2026年に次期のAI半導体のプラットフォームを提供するとコメントし、株価は4.9%上昇。アップル、Amazon、Alphabet、Metaなども値上がり。GamestopはRoaring Kittyとして有名なKeith Gill氏が1.16億ドルの買い付けを行ったと報じられ株価は21%上昇。欧州市場ではスペイン株とイタリア株がけん引して市場は上昇。イールドが低下して債券の代替とみなされる不動産、テレコム、公益などの株式が上昇。英国の製薬会社GSKは米国での訴訟の影響で9.2%の株安

2024/6/5    水

米国では新規求人数が落ち込み、ISM製造業指数も2か月連続で鈍化していることがわかり、イールドが下落し、株式市場は上昇。不動産や日用消費財などのセクターが上昇し、素材やエネルギーといったセクターが値を下げた。Amazon、マイクロソフト、Nvidiaなどが当初は値を下げたがその後上昇。原油価格は需要の懸念から、エクソンモービルとシェブロンが、それぞれ、1.6%と0.8%値を下げた。Bath & Body Worksは今四半期の利益予想を下方修正し、株価は12.8%下落。Axos Financialは、Hindenburg Researchが空売りしていることを公表し、株価は下落。欧州市場では商品価格が下落したことで、エネルギーセクターは2.6%値を下げ、市場全体も0.5%値を下げた。基礎資源も2.3%の値下がり。ドイツでは離職者が予想位以上になり、スイスではインフレが安定し、スイス国立銀行が利下げを行うとの期待が強まっている

2024/6/6    木

米国ではADPレポートが雇用市場の悪化を示したこともあり、イールドは2か月で最低の水準に低下し、Fedが利下げを早めることへの期待感から、テクノロジー株主導で上昇し、SP500とNASDAQは史上最高値を更新した。コミュニケーション、産業、日用消費財といったセクターでは値下がり。NvidiaとTSMCがけん引して半導体株は4.5%上昇。第3四半期の売上が予想を上回ることがわかったHPは10.7%値上がり。Dollar Treeは四半期利益が予想を下回ると予想し、株価は4.9%下落。欧州市場では、ASMLがTSMCからの受注に良い見通しを持っていると見られ株価は8.1%上昇し、BE Semiconductor IndustriesやASMIもいずれも4.7%株価が上昇し、テクノロジー株主導で市場は上昇。木曜日のECBの会合では0.25%の利下げになると見通されている

2024/6/7    金

米国市場では、労働統計の公表を前にSP500とNASDAQは値を下げたが、ダウは少し値上がり。公益と産業が値を下げたが、一般消費財とエネルギーが値を上げた。Nvidiaはアップルを抜いて時価総額が2位になったが、株価は1.1%下落。AI関連株の多くも値を下げた。アパレル会社のLululemon Athleticaは四半期の業績が予想を上回る見込みで株価は4.8%上昇。欧州では、ECBが2019年以来となる0.25%の金利の引き下げに踏み切り、株式市場は値上がり。セクター別では銀行やヘルスケアが1.5%前後の値上がりとなり、個別株ではデンマークの製薬会社Novo Nordiskが4%値を上げ史上最高値を更新。IT企業のSAPは、2026年、2027年の堅調な見通しを公表し株価は3.6%上昇

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況

eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)

ファンドの特徴

このファンドは、三菱UFJアセットマネジメント株式会社が運用するファンドです。ファンドは、ファミリーファンド方式を採用しており、三菱UFJアセットマネジメント株式会社が運用する親ファンド(日本株式、外国株式、新興国株式)に投資する仕組みです。
基本配分比率は、ベンチマークのMSCIオール・カントリー・ワールド・インデックス(配当込み、円換算ベース)によりますが、2023年9月時点では、日本株式5.5%、外国株式83.8%、新興国株式10.7%の構成になっています。
年1回収益分配金が支払われる仕組みですが、設定来収益分配金が支払われた実績はありません。
NISAではつみたて枠、成長枠のいずれも投資対象になっています。


運用パフォーマンスについては、過去5年間のデータからリターンとリスクを推定すると、それぞれ、18.04%、16.01%(いずれも年換算)となっています。東証株価指数(TOPIX)と比較すると、リスク・リターンともに上回っています。TOPIXとの相関係数は0.78です。同じく三菱UFJアセットマネジメント株式会社が運用する「グローバル財産3分法ファンド(毎月決算型)」とシャープレシオ、ソルティノレシオを比較すると、いずれもこのファンド上回っています。


202年5月時点で入手可能な情報に基づいて記入しています

ポートフォリオ

日本株式5.5%、外国株式84.1%、新興国株式10.3%(2024年4月末)

運用体制

三菱UFJ信託銀行株式会社

アクティブ/パッシブ

アセットアロケーション:パッシブ運用
アセットクラス内:パッシブ運用

販売会社

横浜銀行、千葉銀行、三菱UFJ信託銀行、野村證券、Paypay証券、松井証券など

資産残高の推移

ファンドは2018年10月に設定。設定以後、ファンドの純資産残高は、2023年10月ごろまで右肩上がりで上昇しましたが、その後、急激に上昇しています。2024年5月末時点で、約3兆4300億円の純資産残高になっています

購入時最大手数料等

0%

信託財産留保額

なし

信託報酬

 年0.05775%

収益分配金

2018年のファンド設定以来、収益分配金が支払われた実績はありません

このファンドに対するコメント

このファンドのアピールポイントは、『安いコストと現在の好調な株式市場』でしょう。購入時手数料は徴収できなくなっています(ノーロード)し、信託報酬は年間0.06%程度と極めて安くなっています。そのため、NISAでは、つみたて投資枠、成長投資枠のいずれも対象となっています。
NISAやiDeCoで積立て投資を考えるときに候補となるファンドであることは間違いないでしょう。

さらに追い風になっているのは、ファンド設定(2018年10月末)から現在(2024年5月末)まで、株式・為替市場がいずれも絶好の投資期間であったことです。この期間、米国の代表的な株価指数のSP500は約95%、円ドル為替は約40%の騰落率になっています。これまでのところ、リスクをほとんど感じることなく投資出来ていたというのが実情です。
投資家として理解しておきたいことは、このファンドは株式にしか投資していないファンドだということです。景気が悪化すると、株価も下落します。そのようなときに慌てないようにしたいものですね

東京海上・円資産バランスファンド(年1回決算型)

三井住友・資産最適化ファンド(3バランス型)

ブラックロック・つみたて・グローバルバランスファンド

iFree8資産バランス

世界経済インデックスファンド

セゾン・グローバルバランスファンド

三井住友・DC年金バランス50(標準型)

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

Smart-i 8資産バランス 成長型

野村世界6資産分散投信(分配コース)

MHAM6資産バランスファンド

DCニッセイワールドセレクトファンド(株式重視型)

いちよし日本好配当株&Jリートファンド(年4回決算型)

コア投資戦略ファンド(成長型)

セゾン資産形成の達人ファンド

世界経済インデックスファンド

野村世界6資産分散投信(成長コース)

HSBC ワールド・セレクション (安定成長コース)

三井住友・アジア・オセアニア好配当株式オープン(椰子の実)

のむラップ・ファンド(やや積極型)

ダイワファンドラップ ヘッジファンドセレクト

ひふみプラス

グローバル・バリュー・オープン

JP4資産均等バランス

のむラップ・ファンド(普通型)

トレンド・アロケーション・オープン

楽天資産形成ファンド

東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)

ブラックロック・インデックス投資戦略ファンド

のむラップ・ファンド(積極型)

LOSA長期保有型国際分散インデックスファンド

ファイン・ブレンド(毎月分配型)

シュローダーYENターゲット(1年決算型)

野村世界6資産分散投信(成長コース)