GW7つの卵~バランス型ファンド

ファンドの特徴

このファンドは、日興アセットマネジメント株式会社が運用するバランス型ファンドです。国内:海外の投資割合は、おおむね50%ずつ、株式:債券の投資割合は7:3が基本配分となっています。このファンドの運用の特徴は、それぞれのアセットクラスの実質の運用は、スパークス、シュローダーなどその分野に強い運用機関が担当していることです。それぞれの運用スタイルは、市場の平均以上の運用成果を目指すアクティブ運用です。さらに、資産配分についても、日興グローバルラップ(日興GW)、日興アセットマネジメント アメリカズ・インクが投資判断を行ってアクティブに運用しています

日本株式(TOPIX)と比較すると、長期的にみて、リターンが高く、リスクが低くなっています。2005年11月から2021年2月までの期間でシャープレシオを計算すると、ファンドが0.25、TOPIXが0.06となります。

収益分配金は、一定の水準を維持するというよりは、ファンドの純資産が増えるとその増分に応じて分配金を支払うスタイルです。設定以来、支払われた収益分配金は、1万口当たり10880円になっています。
※ 2021年2月末時点の情報で記入しています

ポートフォリオ

基本配分比率では、日本株式29%、海外先進国株式39%、日本債券20%、海外債券12%。資産配分比率は変動あり

運用体制

マルチマネージャー方式

アクティブ/パッシブ

アクティブ運用

販売会社

りそな銀行、七十七銀行、野村證券、SMBC日興証券、楽天証券、伊予銀行、紀陽銀行ほか

資産残高の推移

ファンドは2003年に設定・運用開始されていて、リーマンショック前後に6000憶円を超えるまで純資産総額が増加しましたが、その後、急落し、2014年には1000億円を下回り、2021年2月末現在で純資産残高は、約490億円

購入時手数料

3.3%(伊予銀行)

信託報酬

1.98%

収益分配金

目論見書上は、経費控除後の繰越分を含めた配当等収益と売買益(評価益を含みます。)等の全額を分配金の原資とし、日興アセットマネジメントが基準価額水準、市況動向などを勘案して決定するとあります。直近の分配金は600円でした。

このファンドに対するコメント

日本では運用期間が長い部類に分類されるバランス型ファンドです。資産クラスにREIT(不動産投資信託)が含まれていませんが、これはファンドの設定が2003年と比較的古く、その当時、日本のREIT市場が十分に整備されていなかったということが要因になっているのかもしれません。

運用成績は、可もなく不可もなくという水準です。ただし、ここ5年でみると、当社のレポートで毎月お届けしているeMAXISバランス(8資産均等型)よりパフォーマンスは上です。昔のファンドということで、かなり信託報酬が高くなっていますので、信託報酬を引き下げればもっと魅力的なファンドになります。さらに、購入時手数料が最大で3.3%のまま放置されていることも投資家にとっては大きな不利益です。マネージャーの運用能力そのものが低いわけではなく、手数料の負担が大きく、そのため、運用成績や投資効率が引き下げられている感が否めません

2月第4週の市況

2021/2/22    月

米国市場では、相変わらずスティホームで値が上がったテクノロジー関連銘柄が売られ、1.9兆ドルの景気刺激策に対する期待感から景気循環株が買われるという市場になっている。農業機械のDeere & Coは9.9%値を上げ、キャタピラーは5%値を上げて史上最高値となった。金融、素材、エネルギーなどは1%以上値を上げ、航空株指数はパンデミック後の回復を視野に3.5%の株価上昇。バリュー株式がグロース株式を上回ることになったため、DOWは値を上げたが、SP500はわずかに下落、NASDAQは1.6%の下落となった。欧州市場では、2月の工場稼働率が3年来の高水準となり、また、ユーロ圏の12月の経常収支が改善したことから株式市場は上昇。英国については小売りが芳しくなく、ポンド高になったこともありFTSEの上昇率は低くなった。ルノーは80億ユーロの年間赤字を計上し、株価は4%以上の下落

2021/2/23    火

米国市場では、2月に入って国債のイールドが28bpsも上昇し、ここ3年で最大の上昇となった。アップル、マイクロソフト、グーグル、Tesla、Amazonといった企業群は値を下げてバリュー株が堅調。SP500とNASDAQは値を下げたが、ダウはウォルト・ディズニーに株価上昇が寄与して上昇。Discover Incは2月末までに有料の視聴会員が1200万人を超えたと公表し株価上昇。欧州市場ではインフレの予想と利益確定売りが市場の下げ要因。ECBのラガルド総裁は金利上昇を制する発言。英国ではジョンソン首相がロックダウンの解除の道筋を明らかにし、IAGは7%以上の株高

2021/2/24    水

米国では市場終了間際になってSP500とダウは値を上げたが、NASDAQは値を下げたまま。Fedのパウエル議長は、インフレの件について適切な対応をとるとしながらも、緩和的な金融スタンスは当面維持するとコメント。ビットコインが12%下落し、ビットコインに大規模投資したばかりのTeslaは2%株価値下がり。取扱業者のRoitBlockchain、Marathon Patent、ビットコイン銀行のSilvergate Capitalなどは20%以上の株価下落。ホームデポは予想以上の四半期決算を公表したが、コロナ関連の需要は継続的なものではないとみなされ株価は3.1%下落。欧州市場でもイールドが上昇して、テクノロジー株を中心に値下がり。銀行業のウェイトが大きいスペイン株式は1.7%の値上がり。HSBCは年間の利益が大幅減となり株価が0.8%下落

2021/2/25    木

米国では、パウエルFRB議長がインフレのゴールまで戻るには3年を要するとコメントしてインフレ懸念を払しょく。マイクロソフト、Amazon、アップルは値を下げたが、Facebook、Netfliex、alphabetは値を上げ、NASDAQは1.3%値を上げた。FDAはジョンソン&ジョンソンのコロナワクチンは安全で効果があるとコメント。Lowe’sは2021年の売り上げ見通しが40億ドルないし80読ドル低下すると見通し、株価は下落した。欧州市場ではドイツの第4四半期のGDP成長率が0.3%上昇し、予想以上であったことから市場は値上がり。各国でロックダウンが解除されつつあり、旅行業界は1.9%値上がり。決算が好調だったテレコムイタリアは9.2%株価上昇

2021/2/26    金

米国市場では大きく値を下げた。特にNASDAQはここ4か月で最大の下落。10年物イールドは1.614%になり、平均的なSP500の配当利回りを超えた。アップル、マイクロソフト、Amazon、Facebook、Netfliexは下落。Teslaはカリフォルニアの生産拠点の製造の一部停止を公表し株価下落。欧州市場でも株価は下落。米国市場のテクノロジー銘柄の利益確定売りの影響が出た。スタンダード・チャタードは年間利益が下落したことで6.2%の株価下落。インベブは第4四半期のコア利益が下落して株価は6.4%下落

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況