1月第4週の市況

2021/1/18    月

米国では、銀行の4半期の業績が芳しくなくウェルズ・ファーゴが株価を7.8%下げたのを筆頭に大きく値下がり。エクソンモービルは、シェルサンド関連の資産を不当に高く評価しているという内部告発があり、SECが調査に入る。株価は4.8%下落。バイデン次期大統領が1.9兆ドルの景気対策を表明したのは良いニュースだが、SP500、NASDAQは1.5%程度値下がりし、ダウも値下がり。欧州市場でも、コロナウィルス関連の懸念から市場は下落。ドイツはコロナ関連の死者が史上最高になり、また、フランスは国境の管理を強化すると公表。ドイツのDAX指数は1.4%、フランスのCAC40指数は1.2%の下落。中国で2800万人に対して新たなロックダウンが発生し、そのため、欧州市場の鉱業、石油・ガス関連銘柄は3%前後の値下がりとなる

2021/1/19    火

米国ではキング牧師記念日で休場。欧州市場では、中国が2020年のGDP成長率が年間で2.5%と予想を超えたが市場は軟化。フランスのカルフールは、カナダのアリマンタシォン・クシュタールとの経営統合を断念し株価は5.9%の下落。フィアット・クライスラーとPSAが合併したStellantisがIPOを迎え約3%の株価上昇

2021/1/20    水

米国市場ではイエレン次期財務長官が大規模な景気対策を主張し株式市場は上昇。エネルギー関連が上昇したが、公益、生活消費関連、不動産といったディフェンシブな銘柄は下落。GMは株主になっている自動運転自動車製造のCruiseにマイクロソフトが協力することになり、株価上昇。テスラはブローカーの予想引き上げにより株価上昇。ボーイングはカナダ当局による737MAXの飛行禁止が解除されることで株価上昇。欧州市場では、ドイツの景況感指数ZEWは上昇したが、ドイツでロックダウンの範囲を拡大することで合意がなされ、小売り、旅行、銀行などを中心に値下がり

2021/1/21    木

米国ではバイデン氏が第46代大統領に就任し、FANNG株はすべて上昇。Netfliexはスティホーム効果により株価上昇。モルガンスタンレーは、四半期の業績が予想以下となり株価下落。P&Gはコロナウィルス感染の影響で衛生関連品が堅調で通年の利益予想を上方修正。株価上昇。ユナイテッドヘススケアは利益が約4割下落して株価下落。欧州市場では中国関連株が上昇。カルティエの需要が中国で堅調であったためRichmontが2.8%値上がり。バーバリーもアジアでの需要が堅調で3.8%値を上げ、LVMH、Keringもそれぞれ1%と3%上昇

2021/1/22    金

米国ではバイデン政権誕生で景気刺激対策などへの期待感から、alphabet、Apple、Amazonなどを中心に値上がり。SP500とNASDAQは史上最高値を更新。グロース株式がバリュー株式より堅調。ユナイテッド航空は4期連続で四半期の赤字を計上し下落。フォードはドイッチェバンクが目標株価を引き上げたことから上昇。失業保険の新規申請者数は依然高水準であるが低下。欧州市場ではECBの政策会合でほぼ変化がなかったが、コロナウィルスの影響を懸念して市場は下落。原油価格が下落したことからBP、RDS、Totalなどが2%以上値下がり。フランスでは、ウニベイル・ロダムコ・ウェストフィールドなどのショッピングセンター向けのREITが下落。ユーロがドルに対して強くなり、銀行株も下落

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況

1月第3週の市況

2021/1/11    月

米国では12月の非農業就労人口がここ8か月で初めて減少したが、バイデン次期大統領が1兆ドルを超える景気刺激策を明言し市場は上昇。SP500は史上最高値を更新。昨日に続き、金融、産業、素材のセクターが1%以上値を上げる。Teslaはさらに株価が7.8%上昇し、米国上昇のBaiduはスマート電気自動車の開発に乗り出すことを公表し15.6%株価上昇。欧州市場でも、EUが域内のセンチメントの上昇を公表し、米国の景気刺激策への期待と相まって市場は上昇。ドイツのDAXは史上最高値を付ける。鉱業関連は10%以上値を上げる。Micron Technologies, Samsung Electoronicsなどが好業績であったことから、域内のASM Internationalなども株価上昇

2021/1/12    火

米国市場では、民主党がトランプ大統領を弾劾する動きを見せており、景気対策が遅れるとの懸念があり、さらに、投資家の利益確定の動きから株式市場は値を下げた。不動産とコミュニケーションが値を下げたが、コミュニケーションについてはトランプ大統領のアカウントを永久に閉鎖したTwitterが7%値を下げた。そのほか、Facebook、Alphabet、Appleなども値下がり。インドネシアで旅客機が墜落したためボーイングは2%株安になる。欧州市場でもコロナウィルス拡散の懸念が高まり市場は値下がり。英国では医療アドバイザーが変異型のウィルスが拡散し、最悪の状態になりつつあると警告。フランスとドイツでは株価は0.8%値を下げ、英国のFTSEは1.1%の値下がり。スイスの衣料メーカーロッシュはEU当局からインフルエンザ治療薬の承認を得て、株価は3.7%上昇

2021/1/13    水

米国市場では、民主党政権の景気対策に期待して小型株を中心に値を上げた。そのためRussell2000がほかの指数より上昇。SP500はわずかに値を上げる。イールドの上昇もあり銀行関係が値を上げ、原油価格が値を上げたためエネルギーも上昇。TwitterやFacebookといった大手SNS企業に対する議会からの圧力が予想されるために、コミュニケーションは値を下げた。GMが年末までにFedex向けに電気自動車の商用バンを提供すると公表し株価上昇。Teslaも値を上げる。欧州市場では市場は横ばい。ただし、ルノー、BMW、VWといった大手が2020年の売り上げを公表した自動車は2%弱値を上げる。原油価格が値を上げたためBP、RDSなども2%近く値を上げる。ヘルスケア、公益、生活必需品といったディフェンシブな銘柄は安い

2021/1/14    木

米国では最近上昇を続けていたイールドが下落し、不動産や公益といったディフェンシブな銘柄が上昇。インテルはCEOが交代することを受けて株価上昇。Fedはベージュブックを公開し、経済はわずかに上昇したが、コロナウィルスの影響で雇用の上昇速度は鈍化と報告される。欧州市場では、フランスのカルフールとスペインのテレフォニカがM&A関連で、それぞれ、13.4%と3.9%値を上げたことにより市場はわずかに上昇。銀行、旅行、自動車といった分野は値下がり。JPモルガンはイタリアの成長率について第1四半期の成長を3.5%の成長から0%成長に予想を引き下げ

2021/1/15    金

米国市場では、バイデン次期大統領が1.5兆ドルを超える景気刺激策を提案し市場は期待感。景気に敏感なエネルギー関連が最も上昇。中小型株中心のRussell2000は史上最高値を更新。ただし、新規失業保険申請者数は予想以上に増加し主要株価指数は下落。欧州市場では、中国の12月の輸出統計が予想以上に良かったことを受け株価指数は上昇。台湾のITメーカーTSMCが予想以上の利益を計上したことから、域内のIT銘柄であるASMI、ASMLがそれぞれ7.6%、5.9%上昇。NokiaはアルファベットやT-Mobileと5G関連で合意に達し株価が5%上昇。
 

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況