保育料の平均は~地域によりずいぶん異なる

教育費はいくらかかるのか?いろいろなところに載っていますが、幼稚園からしか載っていないことありませんか?

実はこれ、行政の区分の問題です。幼稚園は文部科学省、保育園は厚生労働省の管轄なので統計が統一されていません

幼稚園から高校までであれば、文部科学省の「子供の学習費調査を参照にすればよいでしょう。

保育園の保育料は、小売物価統計調査を見れば数値に辿りつきます。この統計では、2歳児と5歳児の保育料を掲載してくれています。5歳児になると保育料がかなり下がるのですが、注目すべきは、地域によって保育料に差があることです。

特に、安いのは東京の特別区です。各種の補助が充実していて、出費が抑えられていることがよくわかります。近隣の川崎市や横浜市と比較してもその差は歴然としています。また、グラフには載っていませんが、東京都の八王子市なども横浜や川崎と同じレベルです。

5歳児に関しては大阪市が一番安くなっていますね。

葬儀費用

葬儀費用

葬儀にどの程度の費用がかかるのか、日ごろから把握している人はいません。だから、いざ人が亡くなって葬儀となると葬儀会社頼みになってしまう。私たちは、ずっとそうして過ごしてきました。

しかし、時は流れて、葬儀といえども人はコストを正しく把握するようになってきました。何にどの程度のお金がかかっているのかを気にするようになり、その結果、葬儀費用は随分と下がってきています。

この続きはPDFファイルでご覧ください