1月第5週の市況

2020/1/27    月

米国ではコロナウィルスの拡大への懸念から市場は大きく下落。個別銘柄では好決算で2020年の見通しも予想以上となったインテルが8.1%値を上げ、北米個人の売り上げが貢献して収益が伸びたアメックスが2.8%の上昇。欧州市場では公表されたPMI指数が堅調であったことから市場は上昇。ドイツでは個人部門のモメンタムが回復し、英国ではサービス部門の成長がみられていずれも株式市場が堅調であった

2020/1/28    火

欧米株式市場では中国発のコロナウィルスの拡散により大きく値を下げた。特に、旅行、航空、カジノといった分野では大きく値を下げた。加えて、欧州市場では中国への依存が高い高級品ブランドであるLVMH,Kering,エルメスなどが3%以上値を下げた。米国でも、市場をけん引してきたアップル、アルファベット、マイクロソフト、Amazonなどが1.6%以上値を下げることになった。また、欧米市場ともに投資家が安全資産への指向が高まったことから国債、金の価格が上昇した。

2020/1/29    水

WHOが中国はコロナウィルスを抑え込む能力があるとコメントし、米国市場ではアップルなどがリバウンドして市場は上昇。個別企業では2020年の収益予想が市場の予想を下回った3Mが5.7%値を下げ、決算が好調だったXeroxは4.9%値を上げた。欧州市場もリバウンドした。スウェーデンの銀行Swedbankが8.1%値を上げ、英国のVirgin Money UKは貸し出しの成長が寄与して株価上昇。LVMH、Berberyといった高級品もリバウンドした

2020/1/30    木

米国ではFedが予想とおり金利を据え置いたが、市場に対して何らかのガイドラインになるようなものは示さなかった。そのため期待外れとなり市場は幾分値を下げた。アップルは年末商戦の売り上げが予想を上回り2.1%の上昇。737MAXの問題を抱えているボーイングは関連するコストが190憶ドル程度になると予想し、市場の予想を下回ったので株価が1.7%上昇。欧州市場では、市場全体は上昇。スペインの銀行サンタンデールが利益が予想を上回り株価は4.4%上昇。アップルのサプライヤーのSafranも3.8%の株価上昇。一方で、中国の影響が強いドイツでは株価下落

2020/1/31    金

WHOがコロナウィルスについて世界的な危機と宣言。市場全体を動かす要因は少なく、個別企業の要因が大きかった。市場全体は値上がり。Facebookはビジネスが鈍化して株価は6.1%下落。一方、クラウドビジネスが好調なマイクロソフトは2.8%値を上げ、2期連続の黒字となったTeslaは10%以上の株価上昇。Amazonも市場終了後、決算を公表し売り上げは予想を上回った。欧州市場では市場は下落。ルフトハンザ、エールフランスなどの航空関連が値を下げたほか、LVMH、Keringなどの高級品ブランドも値下がり、さらに、ここ3か月で2度の収益の下方修正をしたシーメンス・ガメサも8%値を下げた

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況

1月第4週の市況

2020/1/20    月

米国では、12月の住宅建築が13年来の高水準になったこと、Visa、アップル、QualcommなどのIT関連が値上げたことなどから市場は上昇。Googleの親会社のAlphabetは4番目に時価総額が1兆ドルを超えた。ホーガン通商担当委員は米国のライトハイザー通商代表が会談し、ホーガン委員から前向きな発言があったこと、中国のGDPが予想とおりの水準になり復調の兆しがあることなどが原因となり、欧州市場では史上最高値を更新。資源関連やドイツのDAXが堅調。フランス政府が法人向け原子力発電に価格ガイドラインを検討しようといしていることから、同国の公益EDFは6.8%の株価上昇

2020/1/21    火 

米国市場はマーティン・ルーサー・キングJr・ディで祝日。欧州市場では、新年最初のECBの会合、金曜日に予定されているユーロ圏のPMIの公表を前に様子見の市場となり幾分値を下げた。スイスのレジャー関連Dufryが4.5%、ブローカーの格付けが下がったエール・フランスも4.6%と大きく値を下げる。一方、Wirecardが1.6%値を上げたドイツ市場ではDAXが0.2%と少し上昇

2020/1/22    水

中国のコロナウィルスが米国に上陸したこと、IMFが2021年、2022年の経済見通しを下方修正したことなどを受けて米国株式は下落。レジャー・旅行関連が弱く、ユナイテッド航空は4.4%、レジャー関連のカーニバルは2.3%の下落。また、中国との関連が強い鉄鋼も値を下げた。また、737MAXの影響で6ないし7月まで業務再開のめどが立たないボーイングは3.3%の値下がり。コストコやインテルはブローカーの評価引き上げで値を上げる。IBMはクラウドビジネスの伸びが堅調で株価上昇。欧州市場は、ドイツのZEWが予想以上に堅調であったが中国のウィルス問題が影響して値を下げる。米国のトランプ大統領とフランスのマクロン大統領の会談が期待の持てるものであったことは評価できるが、エールフランス、ルフトハンザ、IAGなど長距離の航空会社とLVMH、Keringなどの高級品ブランドは影響を受けて値を下げる

2020/1/23    木

米国市場では、昨日市場終了後に公表されたIBMの決算が堅調だったことが市場に投資家を戻した。ドイツの半導体関連のASMLホールディングスが強気の業績予想を公表し、その影響から米国のないも半導体関連が値を上げ、フィラデルフィア半導体指数は1.0%以上上昇。個別銘柄ではNetfliexが米国内での競争激化から3.4%値を下げ、737MAXのサービス再開が夏ごろになると公表したボーイングが1.5%の値下がり。欧州市場では、トランプ大統領がEUとの貿易交渉が不調に終わった場合に、車の輸入に関税を上乗せすると発言し、自動車関連が軟化。市場全体も値下がり

2020/1/24    金

米国市場ではNASDAQとSP500は幾分値を上げて史上最高値を更新。予想より良い利益を計上したTravelersは5.1%値を下げ、Compastも利益は予想以上であったが視聴者数の減少が予想以上になり3.8%値下がり、FreePort MaMoRanも利益は良かったがインドネシアの生産が減少したということで2.8%の値下がりとなった。値上がりした株は、米中協議の妥結で輸送量に好影響を与えるUnion Pasific鉄道、Netfliexなど。欧州市場では、米EU間のデジタル課税や補助金の問題などが重荷になり市場は軟化。トランプ大統領から名指しされた自動車株は2%の値下がり、また、思っていた以上にラガルド新ECB総裁がハト派的なので銀行株は0.5%値下がり

 

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況