9月第4週の市況

2020/9/21    月

米国市場では、引き続き、アップルが3.2%値を下げるなど、マイクロソフト、Amazon、アルファベットなどの大手テクノロジー株が下落して主要指数は値を下げる。素材関連が値上がりし、株価目標が引き上げられたTeslaは4.4%上昇。欧州市場では、旅行・レジャー、銀行、自動車が値を下げ、市場全体としても値下がり。英国ではコロナウィルスの新規感染数が6000人を超え第2次ロックダウンが話題に上る中、IAG、easyJet、カーニバルなどが8%から15%値を下げる。スペインではCaixabankのBankia買収が成立したが、両株ともに値下がり。スウェーデンでは、政府がリスク税を検討しており、Sweadbank他銀行が値を下げた

2020/9/22    火

米国市場では、最高裁のGinsburg判事の死去に伴い、11月に行われるオバマケアの合憲性の審査に影響を及ぼすのではないかと懸念されている。そのため、ユニバーサル・ヘルス・サービスは8.5%株価を下げた。また、新たなコロナ対策が新大統領が決まるまで決まらないのではという懸念と欧州の第2次のロックダウンへの懸念から市場は軟化。VIX指数もここ2週間で最高に達した。不正なファンドとの取引が報じられたJPモルガンやバンク・オブ・ニューヨーク・メロンも株価を下げる。欧州市場では、英国の保健相がこのまま放置すると10月中旬まで1日5万人の感染者が発生するとして第2次のロックダウンに言及。英国の株式指数FTSEは3.4%値を下げ、ブリティッシュ・エアウェイズの親会社のIAGとルフトハンザは、それぞれ、12.1%と9.5%の値下がり。不正なファンドとのつながりを指摘された英国の銀行HSBCとスタンダード・チャタードのほかに、バークレイズやドイッチェバンクも、5.4%、8.8%の値下がりとなった

2020/9/23    水

米国では、支援策の遅延とコロナウィルスの新規感染者数増が懸念要因となったが、Amazonがブローカーの評価引き上げにより株価が上昇して市場は上昇。テスラはCEOが生産速度の引き上げが難しいとコメントし株価は5.6%の下落。中国当局はオラクルとウォルマートによるTik Tok等の買収を否認するとみられている。オラクルは0.3%株価が下落。欧州市場では、たばこと石油関連が上昇し、市場全体を引き上げ。原油価格が上昇したため、RDSとBPは3%上昇。ポンドが下落したこともあり英国の株価指数FTSEは0.4%の上昇。ユーロ圏の消費者信頼感指数は8月より上昇した

2020/9/24    木

米国市場では、ビジネス活動が沈静化し議会での新たな景気支援策も行き詰まりを見せる中、市場は大きく下落。NASDAQは2%以上値を下げ、エネルギーも安い。テスラは電気自動車のコストカットに応じられなかったとして10.3%株価下落。ナイキは北米でのオンラインセールスが好調で8.8%株価上昇。欧州市場では、英国の金融相が木曜日に雇用支援策を打ち出すことを表明し、英国の株価指数FTSEはドイツのDAX、フランスのCAC40よりも上昇。旅行関連株がリバウンドし、米のナイキの影響を受けて、アディダス、プーマ、JD Sportなどが4%前後の値上がりとなった。ドイツのOsram LichtはARMが買収に着手し14.1%の株価上昇

2020/9/25    金

米国市場では新規失業保険の申請は増加したが、新築住宅の販売が好調で市場は上昇。最近、値を下げていた、アップル、Amazon、Nvidia、Facebookなどが値を上げ市場は上昇。ブローカーが評価を下げたNikola Corpは9.7%値を下げ、今期の収入が予想以下となったアクセンチュアは7.4%の値下がり。欧州市場では3か月来の安値水準となった。テクノロジー株が大きく値を下げ、旅行、石油・ガスといった分野も安い。コロナウィルスの拡散の第2波への懸念。英国のCineworldは13.7%の下落
 

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況

9月第3週の市況

2020/9/14    月

米国市場では3つの主要指数が別々の動きになった。テクノロジー関連を含むグロース株が値を下げ、Amazonは1.9%値下がり。NASDAQは値を下げることになった。SP500は横ばい。一方、金融や産業株は値を上げたためグロース株指数は上昇。ホームデポは1.3%値を上げ、キャタピラーも2.65%の値上がり。ダウは値を上げた。欧州市場では、M&Aの動きが市場を引き上げた。Alticeは創業者のDrahi氏が株式を買収することになり株価は24.4%上昇。そのほか、原油価格が下落したため石油・ガスは値下がり。ヘルスケア、テレコム、不動産といったディフェンシブな銘柄が強い

2020/9/15    火

米国市場では、コロナウィルス関連でバイオ株が上昇。英国のAutrazenecaは臨床実験を再開し、共同開発の独のBioNTechが臨床実験を拡大したことからファイザーが2.6%値を上げた。Nvidiaはソフトバンクから英のArmを400憶ドルで買収し株価は4.3%上昇。米国の株式市場全体も上昇。欧州市場では、コロナウィルスの影響で世界的に需要が減少した原油のおかげでBP、Toal、RDSなどが値を下げたが、旅行、テクノロジー関連が値を上げたために市場全体では株価上昇。臨床試験を再開したAustrazenecaは0.3%の株安。ブリッティッシュ・エアウェイズの親会社IAGは4.4%値を上げ、ルフトハンザ、easyJetも2%程度値を上げる

2020/9/16    水

米国市場では、8月の工場生産高が急回復し、輸入物価も予想以上に跳ね上がったが、市場全体としては値を上げた。テクノロジー株が上昇。ただし、新商品・サービスを公表したアップルは当初値を上げたが最終的にはほぼ横ばいであった。シティグループは当局からリスクマネジメントシステムの欠陥を指摘され懲罰の対象になるとして6.9%の株価下落。JPモルガンは通年利益の予想の下方修正を行い3.1%の株価下落。金融株は値を下げた。欧州市場では、中国の工場生産高が回復したことを受けて3週間来の高値。中国に関連の深い鉱業株や高級品銘柄が値を上げる。スウェーデンの衣料品大手H&Mは四半期利益が予想を上回り10.8%の株価上昇。ドイツでは信頼感指数のZEWが改善。英国では雇用関係の統計が改善し、ジョンソン首相が国内でBrexit法案の反対に遭い、主要株価指数のFTSEは1.3%の上昇

2020/9/17    木

米国ではFedが金融緩和が長期化することを示唆。今後3年程度は通常のインフレ目標には戻らないとみられる。株式市場はテクノロジー株が下落したことから軟化。アップルが消費者向けコストを引き下げたことからSpotify Technologyは1.3%の株安。一方、FeDexは価格の高騰と燃料コストの低下により四半期利益が予想を上回り5.8%の株価上昇。欧州の、ドイッチェポスト、英国のロイヤルメールにも波及し、それぞれ、1.9%、5.3%の上昇。欧州市場では、スペインのZaraの親会社のInditexがオンライン販売が好調なことから8.1%株高になり、市場をけん引。スペインではCixabankとBankiaの合併が認められ、それぞれ、1.3%、4.3%の上昇

2020/9/18    金

米国市場では、新規失業保険申請者数は減少したが依然として高水準であり、Amazonやアップルといった大手テクノロジー株が下落し、さらに、不動産や金融といったセクターも値を下げたことから市場は軟調。個別銘柄では、GEはCEOが下半期にフリーキャッシュフローがプラスになるとコメントし株価は4.4%上昇。フォードは新しいF-150ピックアップトラックの生産を開始し3.7%株価上昇。欧州市場では株価下落。イングランド銀行はゼロ金利付近まで金利を引き下げる可能性をコメントし、HSBC、バークレーズ、スタンダード・チャタードなどの銀行株が2%程度下落。世界銀行のエコノミストは、コロナウィルスからの復活のために5年程度の期間を要するとコメント。
 

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況