外貨建て保険のリスクは~その2

為替を予想することができればリスクをヘッジすることができる。ただし、為替レートを決めるのは、トレーダーの思惑であったり、政治的な要因であったり、その国の治安であったり様々な要因であり、これらを予想することは不可能である。そのような為替レートについて、保険募集人が、「為替を予想します」と言ってしまえば、それは、別の意味でリスクを生じさせてしまう。

しかし、保険にはそもそも平準払という保険料の支払方法がある。そして、外貨建て保険でありながら、保険料を円建てで設定している保険も少なくない。そうすると、ドルコスト平均法の理屈が当てはまり、円高の時にはたくさんの保険料を支払い、円安の時には少しの保険料を支払うということになり、結果として、割安な為替レートを適用させることができるしくみになっている

保険金を受け取るときはどうかといえば、保険金の受け取りを先に延ばす手段がある。為替リスクの低減のためにはこれで充分である。保険自体に、為替のリスクに対応するしくみはすでに組み込まれているのである。

一方、保険のしくみ上、金利については無防備になっている場合が少なくない。正確に言うと、保険会社は守られているが保険契約者が無防備になっているということである。外貨建て保険では積立利率が月単位で変更されるものが少なくない。この場合、外国での金利が下がると、積立利率が下がり保険契約者は直接的な不利益を被る。契約時の利率が2.5%だったものが、現在では0.5%になっていたとしよう。外貨建て保険に加入し続けるメリットは何だろう?

一時払タイプの外貨建て保険には、MVA(市場価格調整)というしくみが導入されている。理屈の上では、MVAの機能は積立金を引き上げる方向にも、引き下げる方向にも動くことになるが、『契約時の利率が2.5%だったものが、現在では0.5%になっている』ような、保険契約者が解約を考えたくなるようなときMVAはペナルティとして作用し解約返戻金を引き下げることになる。さらに、大幅な解約控除が設定されている契約の初期の段階であれば、解約控除というペナルティも加わる

私が、お話させていただいた「外貨建て保険の一番のリスクは為替ではなく、金利です」という内容はこのようなものであった。

 

この記事は、週刊インシュアランスに掲載された記事です。

 

お問い合わせ等

申し訳ありませんが、現在、個人のみなさまからのお問い合わせについては、メールでの無料相談のみにさせていただいています。ご不便をおかけします。ご連絡いただく場合は、下記よりお知らせください。

外貨建て保険のリスクは~その1

雑誌のインタビューを受けた。外貨建て保険の特集を組みたいので話を聞かせてほしいとのことであった。読者層は?と尋ねると、銀行の窓販行職員とのことであった。先日亡くなられた保険ジャーナリストの石井秀樹さんをしのぶ会で同席させていただいたご縁も感じていたので、喜んでお話しさせていただくことにした

外貨建て保険をめぐる昨今の環境は、一言でいえば『逆風』である。この逆風のなかでどのように商品を販売すればよいのか、アイデアを聞かせてほしいとの言うのが主旨であった。お話をさせていただき、記事のゲラが出来上がったとき、編集の方から、『杉山さんのお話はほかのFPさんの話と違ってとても面白かったです』と言っていただけた。これは、私にとって最高の誉め言葉だと感じられた。ご縁をつないでいただいた石井さんにも謝意を伝えたかったが、『ありがとう』を伝える相手はすでに亡くなっているという状況は親の場合と全く同じである。石井さんは、メディアの分野における、私の父親みたいな存在だったのかもしれない。

さて、私が記事にしてくださいとお願いしたのは、外貨建て保険の一番のリスクは為替ではなく、金利です」ということであった。FPを含め多くの専門家は、「外貨建て保険では為替についてしっかりと説明する必要があり・・・」というであろう。そうすると、その為替のリスクをヘッジするためにはどうしたらよいのですか?という質問が返ってくる。為替をヘッジしましょうと答えると解答にならない。なぜなら、ヘッジした外貨建ての利回りは、邦貨建ての利回りと同じというのがファイナンスの理屈である。ヘッジしてしまうと、自分の首を絞めることになる。

(つづく)

この記事は、週刊インシュアランスに掲載された記事です。

お問い合わせ等

申し訳ありませんが、現在、個人のみなさまからのお問い合わせについては、メールでの無料相談のみにさせていただいています。ご不便をおかけします。ご連絡いただく場合は、下記よりお知らせください。