30代家族のライフプラン分析~その5

さらにキャッシュフロー表の期間を延ばします。そうすると、リタイアメント(退職)の時期がキャッシュフロー表に含まれることになります。

退職金・年金に関する実態調査結果(2018年9月)【経団連】
https://www.keidanren.or.jp/journal/t

最近では一時金だけでなく、年金も併用されることが多くなっています。キャッシュフロー表に反映させるときに注意が必要かもしれません。

また、確定拠出年金の場合、運用は自分自身で担当することになりますので、これをキャッシュフロー表にどのように反映させるのかも大切なポイントです。

30代家族のライフプラン分析~その6

高齢者世帯で、公的年金等が家計の収入に占める割合が100%の世帯の割合は52.2%になっています。

高齢者白書(令和元年版)
https://www8.cao.go.jp/kourei/whitepa

ところで、公的年金とは、①国民年金(基礎年金)②厚生年金保険です。サラリーマンでない場合は、②厚生年金保険はありません。公的年金の仕組みについて説明します。