終活を考える

先日、いつも見慣れている教会の前から霊柩車が走り出した。霊柩車を見るのはそれほどまれなことではないが、『教会X霊柩車』の組み合わせに出くわしたのは久しぶり。「そうか、教会で葬儀も行うんだ」と改めて感じられた。

そう、私の意識の中では、教会は週末のお祈りをやっているところであり、バザーなどを開催しているところ。地域の人たちへの福祉活動をしているところで、その延長に葬儀がある。だから、教会へのイメージは『死』ではなく『生』

日本のお寺のイメージは、残念ながらまるで逆。お寺は、葬儀を行う場所であり、葬儀以外では観光の場所お寺は、『日常』を取り扱う場所ではなく、『非日常』を取り扱う場所になっている。

お寺の経営が苦しいという話を聞くことが多いが、それは、お寺が『日常』にかかわる場所でなくなっているからではないだろうか。



エンディングノートの背景にあるもの

①これまでのわたしをまとめるときの注意点

これまでのわたしをまとめることがエンディングノートを書く目的ではありません。 エンディングノートを描く目的は、自分の人生の終わりを考えて、それまでの期間、どのように時間とお金と情熱を使うかを決めることにあります『エンディング=人生のゴール』と考えてしまうと、むなしさだけが残ることになります。

②ライフプランボードの紹介とその考え方

シニア向けのライフプランで難しいことは、ライフプランの内容が、人により異なるということです。平均があてにならない、それはシニアライフの特徴です。ライフプランボードは、そのようなシニアのみなさまが、自分たちでライフプランを考えることができるようにしたツールです。

シニアにとってキャッシュフロー表を作成するのは手段でしかありません。キャッシュフロー表よりもっと大切なものは、ライフプラン表です。でも、ライフプラン表も手段でしかありません。本当に大切なのは、一つ一つのライフイベントです。

しっかりした、ファイナンシャルプランナー(FP)は、きっとライフイベントにまで戻って話を聞いてくれる人です。

③資産の記録~相続の視点

エンディングノートの大切な機能の一つが資産の記録ですが、将来の相続を見据えて、個人向けの貸借対照表が作成できていると安心です。 将来、相続税の計算などでも使えるように情報を整理することを考えます。

エンディングノートには資産明細表を各ページがたくさんありますが、その役割は相続財産を明らかにしておくことです。そして、シニアライフの期間を通じてその資産がどのように増減するのかもまとめておくことが必要です。

エンディングノートに載っている資産の明細は、まとめて資産ポートフォリオとして把握しておくとよいでしょう。

④エンディングの前後に発生するもの

終活で大切なことは、エンディングの前後に発生することを知ることです。残された人がどのようなことをしなけれならいのか、残される側になったときも、残す側になったときも考えておきたいものです。

お金の話だけではありません。お墓の問題を含めた祭祀の問題もあります。残された動産や不動産をどのように処分・活用するのか。

グリーフケアといわれる問題もあります。亡くなった人がいなくなって心に穴が開いたような状態になり、一方で、そこから立ち直ろうとして、心のバランスが悪くなることがあります。広い意味で終活の問題です。

⑤異業種間の協働

シニアの問題を解決する…いい方がおこがましいですね。シニアの問題に寄り添うためには、一人の専門家では十分ではありません。シニアの専門家はたくさんいるのですが、完璧な専門家は存在しません。だから、シニアにとって必要なのは、専門家のネットワークです。

でも、専門家がいくらネットワークを作っても、そのネットワークを訪問する人がいなければ意味がありません。だから、さらに地域のネットワークとつながりを持っておく必要があります

エンディングノート

エンディングノートは必要?

私は、『必要不可欠なものではないが、あるとよいモノ』であると思います。エンディングノートに法的な拘束力はありません。したがって、遺言の代わりになるわけでもありません。だから、必要不可欠なものではないのです。それでも書いておくことで一定の効果はあると思います。書いてあるという結果が大切というより、書く(書こうとする)ことを通じて、いろいろ学ぶことができるものだと思います。

エンディングノートに何を書くの?

現在たくさんの種類のエンディングノートが出回っています。そして、それらは全く同じものではありません。エンディングノートを作った人や組織の考えによって、その内容は変わってくるのです。

たくさんの種類のエンディングノート

葬儀会社が作成するエンディングノートであれば、故人の葬儀への想いを反映させることにウェイトが置かれるでしょう。証券会社が作成するエンディングノートでは、人が亡くなったときに保有している証券をどのように相続人等に引き継ぐのかが書いてあります。医療・介護関係者が作成するエンディングノートでは、エンディングの手前、病気や要介護になったときにどのようにしたいのかに重点が置かれることでしょう。

エンディングノートに含められる項目には、

1.生まれてからこれまでの自分の軌跡

2.親族関係図

3.お世話になった人へのメッセージ

4.要介護状態になったときの治療について意向

5.これからのライフプラン

6.財産に関する情報

7.遺産分割に関すること

8.葬儀・埋葬等の情報

などがあります。

エンディングノートは全部書く必要があるの?

人によって、エンディングノートに書きたいことは異なります。だから、人によって必要となるエンディングノートは違うのです。突き詰めると、自分に必要なエンディングノートは自分の書きたいことだけを含む自分オリジナルのエンディングノートということになります。

だから、既存のエンディングノートを持ってきて、その内容をすべて記入させることに私は反対です。自分で大切だと思うことだけを書いておけばよいのです。

オリジナルのエンディングノートを作るのは大変なので、既成のエンディングノートがある

自分専用のエンディングノートがよいとはいえ、一般の人が、ノートを一から作り上げるのはとても大変です。既存のエンディングノートを使う方が、ずっと楽ですね。既存のエンディングノートを使って、興味のあるところだけを埋めていくようにするとよいでしょう。

エンディングノートでセミナーをしたい病

専門家サイドの話をしましょう。エンディングノートという言葉が流行ったおかげで、専門家の間では、『エンディングノートを使ってセミナーをしたい』という病気が流行っています。エンディングノートという言葉が集客ツールになるので、エンディングノートという言葉を入れておきます。「エンディングノート、プレゼント」でも構いません。

参考~シニアコンシェルジュ協会のノートの目次

しかし、エンディングノートの内容を一人で説明することは大変です。専門家といっても、隣接する業界までカバーできている人はほんの一握りです。安直に、エンディングノートを使ったセミナー営業を目指すと、どういう結果になっているかは、推して量るべしです。

私がエンディングノートを使ったセミナーをしたいと考えるとき

入場無料のセミナーを行うとき、スポンサーがついていなければ、レジュメを配布することは難しくなります。シニアの方を対象にセミナーをするとレジュメのフォントを大きくせざるを得ません。1枚の紙に複数のスライドを印刷することもできません。そして、できればカラーで印刷してほしいといわれます。カラー印刷が1枚30円として、10枚のスライドがあれば、1セット300円。

もし、エンディングノートを買ってもらって、それがレジュメの代わりになるのであれば、それでよいと思います。手元にきれいな印刷物があるのであれば、無理にスライドで投影する必要もありません。さらに、エンディングノートは書き込むことができるので、自分で書きこんだノートはテキストではなく、自分のノートになるのでどこかで保管される可能性が高くなります。だから、私は自分のレジュメが圧縮されたようなエンディングノートであればセミナーのツールとして効果的だと思います。セミナーの聴講者とセミナーの講師、双方にとって納得できる落としどころではないでしょうか。

 

“エンディングノート” の続きを読む

シニアライフ・相続・終活❶

シニアライフと相続、そして、終活。シニアに関心がある話題ばかりだが、どのような違いがあるのだろう。シニアライフに関係するのは、FPや保険募集人。相続は税理士や司法書士。終活は葬送関係者(葬儀会社や宗教関係者など)。残念だが、この3つの言葉を個別に考えてしまうとシニアの問題に向き合うことはできない。

ライフプランニングの考え方

典型的なライフプランニングの考え方は、図表1に示すようなものである。壮年期(45歳くらいまで)のライフプランは難しくない。世帯による生活費のばらつきの程度もほかの世代ほど大きくなく、ライフイベントで考えられるものもステレオタイプのもの(出産、学資計画、住宅購入など)が多く、比較的取り扱いやすいからである。

中年期(リタイアまでの期間)になると、少しライフイベントは複雑化する。住宅ローンの繰り上げ返済や不動産投資、有価証券投資なども世帯によってまちまちになってくる。そして、その後にやってくるのがシニアライフの期間である。高年期(リタイア後)のライフプランの特徴は、資産が右肩下がりになることである。そして、ライフイベントはさらに多様化する。

FPなどがライフプランニングという場合、壮年期のライフプランニングを指すことが多い。しかし、シニアにとってのライフプランニングは、テキストに載っているような壮年期のライフプランニングとは異なるものなのである。

図表1 ライフプランニングの考え方

シニアライフプランニング

シニアライフプランニングを具体的に考えてみよう。サラリーマンと自営業ではリタイアの時期が異なる。さらに、退職金も違う。サラリーマンであっても退職一時金と退職年金の金額は、それぞれ異なる。教育の出費もこどもの年齢により変わる。住み替えなどを考えるのもこの時期である。親の世代の相続問題が発生することも少なくない。自営業であれば事業承継の問題もあるだろう。ライフイベントは、ほぼすべて個別対応ということになる。壮年期や中年期にあてにできたみんなの平均は益々意味をなさなくなる。

図表2 シニアライフプランニングの考え方

キャッシュフロー表より貸借対照表

FPはキャッシュフロー表が大好きである。図表1のようなグラフを作るためにはキャッシュフロー表が必要になる。しかし、シニアは図表1のようなグラフを作る必要はない。むしろ必要になるのは、資産と負債をまとめた貸借対照表である。数年後、数十年後の貸借対照表を予想すれば、純資産が予想できる。シニアにとって主要な関心事の一つである相続は、将来の純資産を予想することから考えなければならない。

図表3 必要な情報は貸借対照表に載っている