ライフプランニング~その4-3

税金と社会保険料を見積もってみよう(つづき)

国民健康保険料を計算してみると、表1.4 になります。薫子様については、65 歳になってご自身の年金を受け取るようになってからの金額で試算しています。お二人合計すると、年間で、約33 万2千円です。月単位にすると2 万7680 円になります。後期高齢者になるまでの期間の社会保険料は、この金額を見積もることにしてライフイベントに加え ましょう。

表1.4 国民健康保険料の計算

なお、薫子様については、現在63 歳ですので、今年と来年は国民健康 保険の保険料に介護分が含まれることになますので、少し、金額が上がって、年間で約13.1 万円の負担になります。

 

外貨建て保険のリスクは~その1

雑誌のインタビューを受けた。外貨建て保険の特集を組みたいので話を聞かせてほしいとのことであった。読者層は?と尋ねると、銀行の窓販行職員とのことであった。先日亡くなられた保険ジャーナリストの石井秀樹さんをしのぶ会で同席させていただいたご縁も感じていたので、喜んでお話しさせていただくことにした

外貨建て保険をめぐる昨今の環境は、一言でいえば『逆風』である。この逆風のなかでどのように商品を販売すればよいのか、アイデアを聞かせてほしいとの言うのが主旨であった。お話をさせていただき、記事のゲラが出来上がったとき、編集の方から、『杉山さんのお話はほかのFPさんの話と違ってとても面白かったです』と言っていただけた。これは、私にとって最高の誉め言葉だと感じられた。ご縁をつないでいただいた石井さんにも謝意を伝えたかったが、『ありがとう』を伝える相手はすでに亡くなっているという状況は親の場合と全く同じである。石井さんは、メディアの分野における、私の父親みたいな存在だったのかもしれない。

さて、私が記事にしてくださいとお願いしたのは、外貨建て保険の一番のリスクは為替ではなく、金利です」ということであった。FPを含め多くの専門家は、「外貨建て保険では為替についてしっかりと説明する必要があり・・・」というであろう。そうすると、その為替のリスクをヘッジするためにはどうしたらよいのですか?という質問が返ってくる。為替をヘッジしましょうと答えると解答にならない。なぜなら、ヘッジした外貨建ての利回りは、邦貨建ての利回りと同じというのがファイナンスの理屈である。ヘッジしてしまうと、自分の首を絞めることになる。

(つづく)

この記事は、週刊インシュアランスに掲載された記事です。

お問い合わせ等

申し訳ありませんが、現在、個人のみなさまからのお問い合わせについては、メールでの無料相談のみにさせていただいています。ご不便をおかけします。ご連絡いただく場合は、下記よりお知らせください。