5月第1週の市況

2024/4/29    月

米国市場では大手IT銘柄がけん引して市場は上昇。Alphabetは、700億ドルの自社株買いを公表し、第1四半期の好調な決算も相まって株価は10%上昇。マイクロソフトもAI関連の貢献で第1四半期の売上・利益はともに予想を超え、株価は1.8%上昇。その他、Amazonが3.4%、Nvidiaが5.8%値を上げた。ソーシャルメディアのSnapは第1四半期の売上・利益がともに予想を超え株価は28%近く上昇。Pinterestも4%株価上昇。エクソンモービルは第1四半期の利益が前年同期比で28%下落し、株価は約3%下落。欧州市場では、銀行株と産業株がけん引してここ3か月で最高の上昇となった。銀行株は英国のNatWestが6.1%上昇するなど、銀行セクターは9か月来の高水準になった。Wartsilaは第1四半期の受注やコア利益が予想を超えたことから株価は11.4%上昇。テクノロジー関連は米国のAlphabet等にけん引される形で上昇

2024/4/30    火

米国市場では、TeslaとAppleがけん引して市場は上昇。Teslaは中国で運転支援技術について安全証明を取得し株価は15.3%上昇。アップルはOpenAIとAI関連の対話を再開し、ブローカらの評価も引き上げられ、株価は2.5%上昇。そのほかのAlphabet、Meta、マイクロソフトなどのメガキャップは株価下落。第1四半期の売上が予想を超えたドミノピザは株価が5.6%上昇。欧州では株式市場は少しだけ値を上げた。ドイツではインフレが4月に比べて上昇したことが報じられ、また、ドイッチェバンクはポストバンクの買収に関する訴訟費用の引当金により収益性が悪化することが予想され、株価が8.6%値下がり。スウェーデンの不動産会社SBBの一部を保有しているノルウェイのPublic Property Investは新規上場で株価は1.4%下落

2024/5/1    水

米国では、労働コストが予想以上に上昇し、一方で、消費者信頼感が1年半以上来の低水準になったことから株式市場は軟化。セクター別ではエネルギー、一般消費財、素材、産業、テクノロジーが軟化。Amazonは第1四半期の業績が予想を上回り、時間外取引で3.1%上昇。 GE HealthCareは第1四半期の売上が予想以下となり株価が14.3%下落したが、3Mは四半期決算が堅調で株価は約5%上昇。製薬会社の Eli LillyやPaypalは通年の利益予想を上方修正し、株価上昇。欧州市場では、フォルクスワーゲン、メルセデスベンツ、Stellantisなどが4%から10%値を下げ、市場全体も下落。スペインの銀行BBVAとSabadellは合併の検討に入り、BBVAの株価は下落し、Sabadellの株価は上昇

2024/5/2    木

米国ではFOMCが金利を維持し、ADPレポートでは4月の雇用が強いことが確認された。株式市場ではダウは値上がり、SP500とNASDAQは値下がり。パウエルFRB議長は、インフレを2%にまで引き下げることに注力していることを説明し、差し迫った利上げを否定した。AI関連では半導体製造の Advanced Micro DevicesはAI関連半導体の売り上げ見通しが芳しくなく株価は9%下落。Super Micro Computerは四半期の収益が予想を下回り株価は14%下落。Amazonはクラウドコンピューター部門が好調で株価は2.2%上昇。Johnson & Johnsonは訴訟関連で進展があり株価は4.6%上昇。欧州市場は祝日

2024/5/3    金

米国市場ではFedが、金利政策についてよりハト派的な対応を示した一方で、金利の引き下げについてかなり先になるとの見通しを示した。Qualcomの四半期の業績が予想を超えたことから株価が10%近く上昇し。NASDAQは1.5%値を上げる。ダウやSP500も上昇。米国経済が堅調なことを受けてOECDは世界経済の成長見通しを上方修正した。市場終了後、アップルは四半期決算を公表し収益の下落は予想以下となった。欧州では株価はわずかに下落した。中東地区の紛争、6月以降のECBの政策動向、企業の業績などの材料を前に市場のセンチメントは冷え込んでいる。デンマークの製薬会社 Novo Nordiskは2024年の目通しを上方修正したが、ライバルのEli Lillyとの競争で薬価を引き下げていることから Novo Nordiskの株価は3%近く下落。金融関連ではオランダのINGが自社株買いを公表し株価は6.4%上昇。英国のStandard Charteredは第1四半期の業績が予想を上回り8.8%の株高

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況

東京海上・円資産バランスファンド(年1回決算型)

ファンドの特徴

このファンドは、東京海上アセットマネジメント株式会社が運用するファンドです。ファンドは、ファミリーファンド方式を採用しており、東京海上アセットマネジメント株式会社が運用する親ファンド(日本債券、日本株式、日本REIT)に投資する仕組みです。
基本配分比率は、日本債券に70%、日本株式に15%、日本REITに15%投資するものです。一方、このファンドは目標とするリスクが3%程度となっています。もしリスクがそれ以上に増加しそうなときには、株式とREITの資産配分比率をそれぞれ引き下げ、その引き下げた部分は短期金融資産等により運用します。
年1回収益分配金が支払われる仕組みですが、設定来収益分配金が支払われた実績はありません。
NISAではつみたて枠の対象ファンドではありませんが、成長枠の投資対象になっています。
運用パフォーマンスについては、過去5年間のデータからリターンとリスクを推定すると、それぞれ、-1.16%、3.87%(いずれも年換算)となっています。東証株価指数(TOPIX)と比較すると、リスク・リターンともに下回っています。TOPIXとの相関係数は0.59です。同じく三菱UFJアセットマネジメント株式会社が運用する「トレンド・アロケーション・オープン」とシャープレシオ、ソルティノレシオを比較すると、いずれもこのファンド下回っています。


202年4月時点で入手可能な情報に基づいて記入しています

ポートフォリオ

日本債券70%、日本株式15%、日本REIT15%(基本配分比率)

運用体制

東京海上アセットマネジメント株式会社

アクティブ/パッシブ

アセットアロケーション:アクティブ運用
アセットクラス内:パアクティブ運用

販売会社

みずほ銀行、荘内銀行、三菱UFJ銀行、野村證券、楽天証券、SBI証券

資産残高の推移

ファンドは2014年11月に設定。設定以後、ファンドの純資産残高は、2020年2月まで右肩上がりで上昇しましたが、その後、減少に転じています。2024年4月末時点で、約1474億円の純資産残高になっています

 

購入時最大手数料等

最大1.65%(みずほ銀行、荘内銀行 1.65%、三菱UFJ銀行、野村證券 1.1%、楽天証券、SBI証券 0%)

信託財産留保額

なし

信託報酬

 年0.924%

収益分配金

2014年のファンド設定以来、収益分配金が支払われた実績はありません

このファンドに対するコメント

このファンドのアピールポイントは、『リスクを年率3%程度に抑えます』というものでしょう。リスクを抑える手段は、ポートフォリオの中のリスク性資産(株式とREIT)の比率を抑えるというものです。為替リスクを全くとっていないことも、リスクを抑えるための手段になっています。

マイナスのポイントは、現在の市場環境がここ数年右肩上がりで上昇していることです。特に、市場が大きく振れながら(リスクが高い状態で)値を上げているような場合に、競合ファンドよりパフォーマンスが劣後することが考えられます。また、日本を除く市場が堅調で、日本市場を凌駕している場合、ほかのファンドとの比較で見劣りしてしまいます。NISAでは、つみたて投資枠の対象ではありませんが、成長投資枠の対象です。
あまり投資経験がない中で投資を行い、リスクを抑えたいという投資家には向いているファンドだと思います。

三井住友・資産最適化ファンド(3バランス型)

ブラックロック・つみたて・グローバルバランスファンド

iFree8資産バランス

世界経済インデックスファンド

セゾン・グローバルバランスファンド

三井住友・DC年金バランス50(標準型)

eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)

Smart-i 8資産バランス 成長型

野村世界6資産分散投信(分配コース)

MHAM6資産バランスファンド

DCニッセイワールドセレクトファンド(株式重視型)

いちよし日本好配当株&Jリートファンド(年4回決算型)

コア投資戦略ファンド(成長型)

セゾン資産形成の達人ファンド

世界経済インデックスファンド

野村世界6資産分散投信(成長コース)

HSBC ワールド・セレクション (安定成長コース)

三井住友・アジア・オセアニア好配当株式オープン(椰子の実)

のむラップ・ファンド(やや積極型)

ダイワファンドラップ ヘッジファンドセレクト

ひふみプラス

グローバル・バリュー・オープン

JP4資産均等バランス

のむラップ・ファンド(普通型)

トレンド・アロケーション・オープン

楽天資産形成ファンド

東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)

ブラックロック・インデックス投資戦略ファンド

のむラップ・ファンド(積極型)

LOSA長期保有型国際分散インデックスファンド

ファイン・ブレンド(毎月分配型)

シュローダーYENターゲット(1年決算型)

野村世界6資産分散投信(成長コース)