JP4資産バランスファンド 成長コース

ファンドの特徴

このファンドは、JP投信株式会社が運用するファンドで、内外の株式、債券に投資するファンドです。リスク・リターンによって、「安定コース」「安定成長コース」「成長コース」の3つのファンドが設定されています。

直近5年のデータを基に計算すると、ファンドのリターンは7.9%、リスクは11.5%となっており、TOPIXより高いリターンでリスクが低くなっています。バランス型ファンドとして効率的な運用が行われていることがわかりますが、TOPIXとの連動性は高く、相関係数は0.94になっています。『日本株式だけに投資するのではなく、世界や株式外にも分散して投資して投資効率を上げているが、日本の株式市場との連動は高い』と見ておくと間違いないでしょう。

運用そのものは、JP投信ではなく、三井住友信託銀行の子会社に運用を委託しています。運用は、それぞれの資産クラスの運用でパッシブ運用になっています。アセットアロケーションについては基本配分比率が設けてあり、その比率を維持するというパッシブ運用になっています。

ファンドは2016年2月に設定・運用開始されていて、2019年初頭ごろまでは純資産残高も右肩上がりで積みあがってきていますが、その後、横ばいで推移しています。2021年5月末現在で純資産残高は、約475億円です。

※ 2021年5月末時点の情報で記入しています

ポートフォリオ

2021年4月末時点のポートフォリオは、日本株式44.2%、海外株式25.9%、日本債券19.8%、海外債券9.7%キャッシュ等0.3%となっています

運用体制

三井住友トラスト・アセットマネジメントが運用

アクティブ/パッシブ

パッシブ運用

販売会社

ゆうちょ銀行、スルガ銀行

資産残高の推移

ファンドは2016年2月に設定。設定以来、2019年初頭までは純資産残高は右肩上がりで上昇していた。その後、純資産総額は横ばい。2021年5月現在の純資産残高は約475億円

購入時手数料

1.1%(ゆうちょ銀行店頭)無手数料(ゆうちょ銀行インターネット、スルガ銀行)

信託報酬

0.63965%

収益分配金

分配金は2か月に1回。おおむね1万口当たり10円の分配金
現在の基準価額15,098円(2021年5月末)を勘案すると、分配金利回りは、0.39%(=10×6÷15098)程度

このファンドに対するコメント

バランス型ファンドの資産配分を考えるとき、最近では、不動産や新興国市場も考えるのが多くなってきていますが、このファンドでは、日本の内外の株式と債券に資産クラスを限定しており、また、海外についても先進国だけの設定になっています。加えて、運用もパッシブ運用で資産配分比率も大きく変えない投資戦略となっています。資産運用に詳しくないひとが一定数存在するゆうちょ銀行の顧客層を勘案した運用戦略のように思えます。

収益分配金が2か月に1回、しかも、公的年金の受取り月でない奇数月に支払われること、分配金の利回りが貯金の金利と比較してお得感があるように設定されていることを考えると、このファンドのメイン顧客層は、『公的年金を受け取ることができるシニア層』といえるのではないでしょうか。『2000万口程度保有していれば、年金を受け取れない月に12万円程度の自分年金が受け取れますよ』と勧誘されそうですね。

6月第1週の市況

2021/5/31    月

米国市場では、4月のコアインフレが0.7%増と予想以上となり、対前年同月比では3.1%増となり、Fedの目標水準である2%を大きく超えた。Salesforce.comは通年の収益の予想を上方修正し株価は5.4%増。ボーイングはFDAが生産問題のトラブルから787の出荷を中断していること認めたことから、同株は1.5%の下落。欧州市場では、史上最高値を更新。イングランド銀行は予想よりも早期に利上げに踏み切ることを示唆し、銀行や保険株は値を上げる。経済センチメントも回復しており、特にサービス分野で大きく回復。ドイツでは6月上旬に青少年に新型コロナウィルスのワクチンを接種する計画で市場は0.7%上昇

2021/6/1    火

英米市場は休日。欧州市場では史上最高値から市場は下落。ドイツのドイッチェバンクが米当局からマネーロンダリングの防止措置について対応が不十分と指摘され株価は1.3%下落。イタリアの保険会社CattolicaはライバルのAssicurazioni Generaliから買収を持ち掛けられ、Cattolicaは13.5%株価上昇。ドイツの4月の消費者物価指数はECBの目標を超えた。

2021/6/2    水

米国市場では、ヘルスケアとテクノロジー株が値を下げSP500は値を下げたが、金融株や原油価格が値上がりし過去4か月で最大の値上がりとなったエネルギー株が貢献してダウは値上がり。Abbott Laboratoriesは予想利益が芳しくなく株価は9.3%の下落。ISM製造業指数は上昇したが、労働と原材料の不足により未完の業務がつみあがった。小型株中心のRussell2000は1.1%の上昇。欧州市場では、金属や石油の価格が上昇し鉱業やエネルギー関連が上昇。ユーロ圏の工場出荷の伸びは史上最高になった。HISのユーロ圏の工場活動指数は予想を超え1997年以来最高になった。ドイツのダイムラーはNokiaに特許使用料を支払うことになり、株価は2.6%の上昇

2021/6/3    木

OPECが6月から7月に供給を基に戻す計画があることから、原油価格が上昇し欧米市場でエネルギー関連が上昇。米国市場では、Teslaが3.0%値を下げ、素材関連も0.9%値を下げたが、市場全体としては上昇。フィラデルフィア連銀のハーカー総裁は資産購入のプログラムを減速させるタイミングを考慮する時期に来ているとコメント。AMG Entertainmentは個人投資家の動きで95.2%上昇。欧州市場では市場は横ばい。エネルギーと消費関連が市場を支える。ユーロ圏の5月のインフレは2.0%の上昇となった。スウェーデンのVolvoはUDトラックの売り上げを株主に還元すると公表し3.5%株高に。ドイツのメディアProsiebenSat.1 MediaはCEOが外部からの支援は不要をコメントし、株価が4.2%下落

2021/6/4    金

米国では、民間非農業部門の就労人口の伸びがほぼ100万人に達し、予想を大きく上回る。Fedが昨日コメントした、債券購入プランと非常時貸し出し機能の縮小も相まって市場はインフレ懸念が再燃。市場ではテクノロジー株が下落し、エネルギー・金融といった株式が値を上げたものの全体としては値下がり。個別企業では、GMが半期の業績がとても良かったことを公表し、株価が6.4%上昇。欧州市場では、米国の労働市場の回復に加え、ユーロ圏におけるサービス部門の成長がここ3年で最高の上昇となったが、市場では幾分の値下がりとなった。英国市場では配当落ちの影響で市場は0.6%の下落。
 

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況