ファンドのMIRAIの解説(2)

以前の記事はコチラ

ファンドのリターンの特性を理解するのに大切な期間騰落率についても掲載してある。期間騰落率が大切な理由は、「期間騰落率が必要な理由」を参照してほしい。

ファンドの期間騰落率は過去12四半期(1年を1-3月,4-6月,7-9月,10-12月の4つに区切った期間)分掲載してあり、最後の四半期は、1か月または2か月になっている場合がある。

ファンドの期間騰落率は、日本株式の代表的な株式指数である東証株価指数(TOPIX)の四半期騰落率と比較している。これはファンドのベンチマークにTOPIXが指定されているというわけではなく、私たちが感じる市場の動きをTOPIXで表現しているのである。

投資信託分析レポート「ファンドのMIRAI」の発行

バームスコーポレーション有限会社は、長期運用に適した8つのファンドをを厳選し、月次でファンドの情報を提供する投資信託分析レポート「ファンドのMIRAI」を発行することになりました。

資産クラスの分析では、直近1年間の四半期ごとの騰落率(リターン)の比較分析がご覧いただけます。海外の資産クラスは、円建て・円ヘッジなしのデータが掲載されています。

分析対象の8つのファンドは、リスク-リターン平面上でファンドの特性が比較できます。また、資産クラスも同一平面上に表示されていますので、どの資産クラスに近い動きをするのかも確認できます。

個別ファンドの分析も、毎月、データが更新されます。運用会社、販売会社といったファンドの情報から、購入時手数料や信託財産留保額など運用成果に影響を及ぼすデータも確認できます。
TOPIXとの四半期ごとの騰落率の比較やTOPIXとの連動性(相関係数)を比較することによりリスクのイメージもつかむことができます。
四分位分析では、8つのファンドのうち、どの四分位(25%)に入っていたのかが、四半期ごとに確認することができます。

ファンドの尺度~資金の流出入

ファンドにお金が流れ込んでいるのか、逆に、ファンドからお金が流失しているのか?ファンドを購入するときに大切な指標になります。

海外では、スマートマネー(かしこいお金)効果といって、資金が流入しているファンドはパフォーマンス(運用成果)が高く、資金が流失しているファンドはパフォーマンスが悪いといわれています。

「FP-MIRAI 倶楽部 主要ファンド分析」レポートで取り上げている8つのファンドについて調べてみました。1年前の資産残高に1年間の騰落率をかけて資産残高の推定値を計算します。その推定値と実際の資産残高を比較してみるのです。結果は、表のとおりです。

解約がなくても、分配金で再投資されない金額や税金で差し引かれた金額はファンドの外に出ていきますから純資産残高は減ってしまいます。REIT関連のファンドは収益分配金の割合が高いので、少し減少額が高く出てしまうことは考慮する必要があります。

終身保険と定期保険+投資信託はどちらがお得か

新しいレポート作成中③

個別ファンドの表示は図ようなものにしようかと思っています。これでA4サイズの半分です。

購入時手数料の部分は書き方が難しいのですが、やはり、上限表記にしておきます。これは、運用会社は目論見書で購入時手数料の上限のみを設定し、その範囲内で各販売会社が手数料を自由に設定しているためです。

ファンドを比較をするときには、代表的な販売会社を一つ選択して、その会社の手数料を使用します。京都中央信用金庫を参考にして2.16%としています。ちなみに、しんきん3資産ファンドの場合、チェックした信用金庫はすべて2.16%の購入時手数料の設定でした。高いですねぇ。

ひょっとして「取次金融機関は、独自に販売手数料が設定できず、すべて信金中央金庫の設定するレートを使わなければならない?」と思ったりします。もし情報をお持ちの方がおられれば、こちらからお知らせください。

FP-MIRAI~必要老後資金を正確に計算する


ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」は、2017年8月、必要老後資金の計算を正確に行うサブメニューを追加しました。

お一人様でも、ご夫婦でも、あるいは、同姓のカップルでも、正確に、必要老後資金を計算することが可能です。

インフレが進んでくると、必要老後資金の計算は、(通常のFPが使っている)簡易的な方法と正確な方法では差異が大きくなります。将来のインフレを見越して必要老後資金を計算することで、より正確なライフプランを考えることができるのです。