1月第3週の市況

前週の様子はコチラ

2018/1/15    月

ユーロが3年来の高値水準となり、中国元も4か月来の高値となり、米ドルが下落。消費者物価指数は、賃料の上昇などから予想外の上昇となったが、イールドは横ばい。株式市場ではJPモルガンが減税により利益が上昇すると公表し値を上げ、小売販売も堅調であったことから値を上げる。ドイツではメルケル政権が連立の合意に至ったが市場への影響は少なく、株式市場は値上がり

2018/1/16    火

米国市場は祝日のため休場。欧州市場では景気循環株に引きずられて市場は軟化。英国では、Carillionが取引停止となり関連銘柄も含めて値下がり。フィンランドの鉱業銘柄Metsoは業績悪化で10%近く下落。ドイツの小売りMetroもロシアでの売り上げが芳しくなく値下がり

2018/1/17    水

原油価格と金属価格が下落したため、エネルギー・素材関連が値下がりし市場全体も下落。週末に迫った連邦政府の資金期限に対するDACAの妥協案にトランプ大統領が拒絶。市場では国債が上昇し、日本円は6日連続の値上がり。欧州市場でも、鉱業・石油関連が値を下げたが、Hugo BossやPSAグループが値を上げ市場はほぼ横ばい

2018/1/18    木

ダウは300ポイント以上上昇して史上初めて26000を超えた。半導体関連銘柄も堅調でNASDAQも史上最高値を更新。米ドルが上昇し、国債と金は下落。バンクオブアメリカは予想を上回る決算となり銀行株が上昇。アップルは減税法案により数千億ドルの海外資金を国内に還流するとみられ、ベージュブックは”緩やか-堅調”な経済成長を報告。欧州ではバーバーリーやピアソンといった銘柄が軟調

2018/1/19    金

米ドルと原油が下落し、米国債の10年ものイールドは2.6%を超えた。中国の2018年の株式市場の見通しがよいと報じられ銅価格が上昇。海外での収益を米国に移転すると公表したアップルは配当や株式買戻しなどにその資金を充てるとみられ株価上昇。欧州では景気循環株がリバウンド。Geberitやカルフール、インフィニオンなどの銘柄が個別企業の動きで上昇

1月第2週の市況

前週の様子はコチラ

2018/1/8    月

アップルがMacやiPhoneにセキュリティホールがあると公表したが、同株はほかのIT銘柄とともに値上がり。米国では非農業就労者数の増加が予想以下であったが、Fedが2018年中に複数回利上げするとの観測から金利上昇。株式主要指数は引き続き上昇。欧州ではスイスや英国の株式市場で史上最高値を更新。フィアット・クライスラー、プジョー、フォルクスワーゲンなどの自動車銘柄や金融株が堅調

2018/1/9    火

ドイツの工業受注が予想外に7月以降初めての下落。米ドルが値を上げユーロは値を下げた。米国のイールドはほぼ横ばいで、市場は週末から始まる四半期決算に注目

2018/1/10    水

米ドルが値を上げ、日銀が長期債の購入を削減すると発表し、米国のイールドが2.5%をはじめて超えた。SP500は9日連続で値を上げ、ダウは史上最高値を更新。ユーロ圏では失業率が2009年初め以来の低水準。欧州市場は景気循環株にけん引されて上昇

2018/1/11    木

米国株式はヘルスケアと不動産が値下がり、SP500は新年に入って初めて値を下げる。10年物国債の入札は堅調でイールドは横ばい。中国が米国債の購入の速度を落としている。カナダ政府は米国がすぐにNAFAからの離脱を宣言するとコメントしカナダドルは軟調

2018/1/12    金

米国株式は資源関連株と産業株にけん引されてリバウンド。米ドルは軟化して、米国債のイールドは2.6%を下回る水準にまで下落し、30年物のイールドも低下。企業物価指数が下落したことから金利引き上げ懸念が後退。欧州ではECBの債券購入プログラムの終了が早まるとの懸念から債券が下落し、ユーロは上昇し株式は下落

1月第1週の市況

前週の市況はコチラ

2018/1/2    火

米国では市場終了の最後の15分でマイナスの領域になった。アップルは旧型iPhoneのバッテリー問題で1.1%値を下げ、ゴールドマンサックスは新しい税制で50億ドルの利益が発生すると公表したが値を下げた。トランプ大統領は米国の郵便サービスはAmazonに対してもっと郵送料を値上げするべきと発言。Amazonの株価は1.4%値下がり。欧州市場では、FTSEが0.2%値を上げて史上最高値を更新

2018/1/3    水

米国ではアップル、アルファベット、マイクロソフトなどの大手IT銘柄が上昇し、NASDAQは史上初めて7000台を超えた。小売り関係は減税法案で恩恵を受けるとの見方から値を上げ、ヘルスケア、エネルギー、素材なども1%以上値を上げた。欧州では、英仏での新車や販売が苦戦で自動車銘柄が軟調。IAGによるLCCの買収によりルフトフハンザが値下がり

2018/1/4    木

米国市場はテクノロジー銘柄が堅調でSP500は初めて2700を超える水準に上昇。NASDAQ,DOWも史上最高値を更新。ISMサービス指数は堅調の上昇。欧州では、アルゴリズム投資などにも適用されるEuropean MiFIDⅡという投資ルールが適用となり、仏独市場では1%近く上昇した

2018/1/5    金

ユーロが上昇し米ドルが軟化。米国株式市場ではDOWが初めて25000を超え、NASDAQ、SP500も史上最高値を更新。ADPレポートは民間部門の雇用の堅調な上昇を報告。欧州市場では、PMIサービス指数が7年来の高水準となり、サンタンデール、BNPパリバ、INGなどの金融大手が上昇。また、米国の12月の自動車販売が堅調であったことからドイツの自動車メーカーが値を上げ、英国のFTSEも史上最高値を更新

2017年の株式市場

あけましておめでとうございます。

さっそくですが、2017年の市場を振り返ってみましょう。2017年の世界株式の動きと円ドル為替の動きを示したものが下図になります。

明らかに、株式市場は単調な右肩上がりになっています。つまり、リターンはプラスで、変動(リスク)は小さい理想的な市場になっていたのです。

計算してみれば、年換算でリターンは20%程度、リスクは6%弱です。リターンは概ねこの程度かなぁと思える水準ですが、リスクは明らかに低い。投資家としてはとてもありがたい市場だったわけです。本当の意味での「有り難い」というわけです。

考えてみると、2017年はトランプ大統領への期待から始まり、その期待が少しだけ実現(減税法案の成立)して終わった1年でした。ユーロ圏は安いユーロを背景に景気を回復させ、株式市場が大きく回復しました。

2016年も、投資家にとっては結構よい市場だったのですが、2017年と比べると少し見劣りします。2016年の為替は円高に振れて、トランプ政権登場とともに円安になりました。2017年の為替相場は、円高と円安を行ったり来たりしながら、全体的にはほぼ横ばいの動きになっています。2017年は、為替の影響も大きく感じなかった1年になったのではないでしょうか。

ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」は、本格的な資産運用シミュレーションが行えるソフトです。

2018年は、東京と大阪に加えて名古屋でも無料講習会を開催します

12月第5週の市況

前週の市況はコチラ

2017/12/25    月

米国市場は休日前で薄商いであったが、ナイキが業績見通しが芳しくなく値を下げ、ユナイテッドヘルスケアは買収で値を下げた。主要な3つの株式指数はともに値を下げたが、個人消費は上昇し、資本財の受注も9か月連続で上昇するなど経済のモメンタムは堅調。欧州ではカタルーニャの選挙で再び独立派が勝利し、スペイン株式が軟化。ドイツ・フランスの市場は横ばい

2017/12/26    火

世界のほとんどの市場はクリスマスのため休場。米ドルとロシアルーブルが上昇。中国では共産党幹部が、2017年は6.8%、2018年は6.5%の経済成長を見込んでいると発言し、中国元は3か月来の高値水準となった

2017/12/27    水

リビアでパイプラインの破裂があり原油価格が上昇。そのおかげでシェブロンなどのエネルギー関連が上昇。台湾メディアが、アップルのiPhoneXの販売予想が下方修正されたと報じたことからアップルは2.5%値下がり。Boradcom、Sky works Solutionなどのサプライヤーも値を下げテクノロジー株が軟化。Kohl’s、JC Penny、Marcy’sなどの小売りは休暇シーズンの売り上げが堅調で値上がり。主要な欧州市場は祝日

2017/12/28    木

薄商いの中米国株式はほぼ横ばい。米ドルは下落し、原油価格は1バレル60ドルに達した後下落。欧州市場では2日の休日の後、iphoneXの芳しくない販売予測から、Microsystemsは7.8%の下落、Dialog Semiconductorも1.2%の下落。本年好調であったテクノロジー株には利益確定の動きもある。中国経済の堅調な成長予想から商品関連が上昇

2017/12/29    金

米国市場は薄商いの中、金融とテクノロジー株にけん引されて上昇。アップルはサウジアラビアへの投資を進めていることがわかり株価上昇。銅価格が上昇したことからフリー・ポート・マクモランが3.1%値を上げるなど金属関連も上昇。欧州市場では商品価格の上昇から商品関連のウェイトの高いFTSEが値を上げる