12月第2週の市況

2016/12/5    月

米国市場では11月の失業率は低下したが就労人口は思ったほど増加せず、国債が上昇しドルは下落。株式はおおむね横ばい。ブレント原油の価格が下落。EU圏では、PMI指数が堅調であったが株式市場は下落

2016/12/6    火

イタリアの首相が辞任し、イタリアの銀行株が大きく下落したが、通貨ユーロは国民投票が終了して上昇。イタリアの国債のデフォルト確率は上昇。米国ではISMサービス指数が1年来の高値となりダウは市場最高値を更新

2016/12/7    水

WTIはOPECの減産合意後初めて下落したが、米国株式市場はベライゾンやAT&T、金融株が堅調で上昇。ドルは史上最高値を更新。欧州市場ではECBが次回会合で債券購入を拡大すると見られており、イタリアの銀行株が大きく回復し市場は上昇

2016/12/8    木

ECBの債券購入拡大を前提に債券市場は下げ止まり。そのため、配当利回り期待の公益株やREITが上昇。SP500とダウは史上最高値を更新。トランプ氏が高い薬価に批判的なコメントをしたためにバイオ関連が下落。欧州ではイタリア政府が150億ユーロの借り入れに動くという報道があり、イタリアの銀行は大きくリバウンド

2016/12/9    金

ECBが予想外に債券購入規模を縮小(現在800億ユーロ⇒来年4月から600億ユーロ)することを踏まえて、米国の債券市場は値上がり。欧州の債券は値下がり。SP500とダウは、金融株とエネルギー株にけん引され史上最高値を続伸。欧州ではUniCreditがポーランドの資産を売却して値上がりしたほか、サンタンデール、ソシエテ ジェネラルなども3%以上値上がり

12月第1週の市況

2016/11/28    月 

米国市場はブラックフライデーで市場は早じまいとなったが主要な株式指数は上昇。消費関連とテクノロジー株が堅調。来週の会合でOPECが減産調整できるか懸念が広がり、原油価格は下落。石油関連株は欧米市場で軟化。P&Gがスイスの製薬会社Actelionを買収交渉中であることがわかり、Actelionは大幅な上昇。P&Gも値上がり

2016/11/29    火

米国市場ではRussell2000は15日連続の上昇となったが、SP500とダウは下落。銀行の下げが大きい。OPECの減産合意が不透明な原油も下落、国債と金は価格上昇。イタリアでは12月4日の国民投票を前に政情が不安定化し国債下落。国債の保有が多い銀行が値を下げ、Monte dei Paschiは一時取引中止

2016/11/30    水

米国市場は健康保険会社のユナイテッドヘルスケアが高収益で値を上げ、ヘルスケア関連が好調であったが、原油価格の下落からエネルギー関連が下落し、市場は全体で見ればほぼ横ばい。欧州ではECBがイタリアの国債の購入を増加させる気配を見せイタリアの銀行株がリバウンド

2016/12/1    木

OPECが減産で合意し、WTIは9.3%値を上げた。欧米市場でエネルギー関連が上昇。米国ではADPレポートが好調であったが、公益株、テクノロジー株が軟調で市場は低下。欧州では昨日に引き続き銀行が堅調なイタリア株式がけん引。ロイヤルバンクオブスコットランドはストレステスト不合格で下落

2016/12/2    金

米国市場では11月の自動車販売が好調で、フォードやGMが5%程度上昇したが、トランプ次期政権の経済政策はインフレを助長すると考えられており、テクノロジー株を売って銀行・産業株を購入する動きがある。欧州市場では、国民投票が否決されたときにはECBの下支えがあるとみられるイタリアの銀行がけん引してイタリア株式が堅調。ノバルティスやネスレなどの製薬・消費関連が軟化し、市場全体でも低下

img4-dec2016

img3-dec2016

img5-dec2016