8月第4週の市況

2016/8/22    月 

米国ではサンフランシスコ連銀ウィリアム総裁が早期利上げに沿った発言をし、株式・国債ともに低下。米国市場はバリュエーションの観点からも調整。欧州市場では国民投票を控え不良債権問題が顕在化しているイタリアの銀行が軟化

2016/8/23    火

Fedのフィッシャー副議長が、利上げの条件が整いつつあることに言及し、ドル高、商品安、国債安。日銀の黒田総裁は更なるマイナス金利に言及。欧州市場ではシンジェンタが米当局からChemChinaの買収に承認を受け上昇。資源関連は軟化したが市場は上昇

2016/8/24    水

米国では、新規住宅販売が堅調な一方、製造業PMI指数が予想外に落ち込み、Fedは早急に利上げに走らないのではという観測が台頭。SP500は史上最高値付近まで上昇し原油価格も上昇。欧州では、BHP、アングロ・アメリカンなど資源関連株と英国の住宅関連が堅調で市場は上昇

2016/8/25    木

米国では一部の製薬会社の薬価上昇について議員が反発、製薬株が値を下げ、市場全体も値下がり。原油については備蓄が上昇したことから価格下落。欧州では英国のグレンコアが業績不振で値を下げたが、イタリアのUnitCreditが資産売却の影響で2日連続で上昇。銀行株の値上がりで市場全体も堅調

2016/8/26    金

米国では前日に引き続きクリントン候補などから、急激な薬価引き上げについて非難されているMylanが値を下げた。欧米市場ともイエレン議長の金曜日のスピーチ前で小幅な値動きながらリスク資産は売却。ドイツでは8月のIFO指数が芳しくなかった

img11-Aug2016

img10-Aug2016

名古屋バナー600X337

公的保障の補完と考えてみよう

img130-ins

これまで障害年金、介護保険、障害福祉と3つの公的分野を紹介してきました。これらの制度は、重複する部分はあるものの、全体として考えれば、より広範な範囲を公的に保障するものです。

私たちは、「要介護状態になったときに考えたいこと(不安に感じていること)」を、もう一度、考え直す必要があります。高年期では、「要介護状態から仕事ができるように回復する」というニーズより、「要介護状態になったとき延命措置を取らないでほしい」というニーズの方が高いのではないでしょうか。

高年期のニーズをもう一度洗い直すこと、そして、その中で公的な保障がカバーしてくれる部分を明らかにすると、自ずと民間の介護保険に求められるものが絞り込まれるのではないでしょうか。

ad-estimate