1月第1週の市況

前週の市況はコチラ

2018/1/2    火

米国では市場終了の最後の15分でマイナスの領域になった。アップルは旧型iPhoneのバッテリー問題で1.1%値を下げ、ゴールドマンサックスは新しい税制で50億ドルの利益が発生すると公表したが値を下げた。トランプ大統領は米国の郵便サービスはAmazonに対してもっと郵送料を値上げするべきと発言。Amazonの株価は1.4%値下がり。欧州市場では、FTSEが0.2%値を上げて史上最高値を更新

2018/1/3    水

米国ではアップル、アルファベット、マイクロソフトなどの大手IT銘柄が上昇し、NASDAQは史上初めて7000台を超えた。小売り関係は減税法案で恩恵を受けるとの見方から値を上げ、ヘルスケア、エネルギー、素材なども1%以上値を上げた。欧州では、英仏での新車や販売が苦戦で自動車銘柄が軟調。IAGによるLCCの買収によりルフトフハンザが値下がり

2018/1/4    木

米国市場はテクノロジー銘柄が堅調でSP500は初めて2700を超える水準に上昇。NASDAQ,DOWも史上最高値を更新。ISMサービス指数は堅調の上昇。欧州では、アルゴリズム投資などにも適用されるEuropean MiFIDⅡという投資ルールが適用となり、仏独市場では1%近く上昇した

2018/1/5    金

ユーロが上昇し米ドルが軟化。米国株式市場ではDOWが初めて25000を超え、NASDAQ、SP500も史上最高値を更新。ADPレポートは民間部門の雇用の堅調な上昇を報告。欧州市場では、PMIサービス指数が7年来の高水準となり、サンタンデール、BNPパリバ、INGなどの金融大手が上昇。また、米国の12月の自動車販売が堅調であったことからドイツの自動車メーカーが値を上げ、英国のFTSEも史上最高値を更新

2017年の株式市場

あけましておめでとうございます。

さっそくですが、2017年の市場を振り返ってみましょう。2017年の世界株式の動きと円ドル為替の動きを示したものが下図になります。

明らかに、株式市場は単調な右肩上がりになっています。つまり、リターンはプラスで、変動(リスク)は小さい理想的な市場になっていたのです。

計算してみれば、年換算でリターンは20%程度、リスクは6%弱です。リターンは概ねこの程度かなぁと思える水準ですが、リスクは明らかに低い。投資家としてはとてもありがたい市場だったわけです。本当の意味での「有り難い」というわけです。

考えてみると、2017年はトランプ大統領への期待から始まり、その期待が少しだけ実現(減税法案の成立)して終わった1年でした。ユーロ圏は安いユーロを背景に景気を回復させ、株式市場が大きく回復しました。

2016年も、投資家にとっては結構よい市場だったのですが、2017年と比べると少し見劣りします。2016年の為替は円高に振れて、トランプ政権登場とともに円安になりました。2017年の為替相場は、円高と円安を行ったり来たりしながら、全体的にはほぼ横ばいの動きになっています。2017年は、為替の影響も大きく感じなかった1年になったのではないでしょうか。

ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」は、本格的な資産運用シミュレーションが行えるソフトです。

2018年は、東京と大阪に加えて名古屋でも無料講習会を開催します