7月第2週の市況

2016/7/4 月 日銀からECBまで更なる金融緩和に踏み切るとみられることから欧米市場は好転。米国では6月のISM指数が1年以上ぶりに大幅上昇、長期イールドが史上最低を更新

2016/7/5 火 米国市場は祝日のため休場。日銀からECBまで景気刺激策を深化させると予想されることから、資源価格が高騰。銀は2年来、ニッケルは8か月来の高値。ナイジェリアでの供給不安のある原油も値を上げる。イタリアのMonte PaschiがECBから不良債権の処理案を示せと指摘され史上最低まで値を下げる

2016/7/6 水 ユーロ圏の製造・サービス指数の伸びが緩やかで、イングランド銀行カーニー総裁の発言も加味され、欧州では資源関連銘柄を中心に値を下げる。原油価格も下落。英国のAviva、Standard Lifeなどの保険銘柄が値を下げる

2016/7/7 木 米国ではISM非製造指数がここ7か月で最大の上昇となり、Fedの議事録が公開されBrexitの結果にかかわらず利上げの方針を維持していることがわかった。米国市場は幾分上昇。欧州ではBrexitの懸念から、ドイチェバンクやクレディスイス、自動車、不動産といった銘柄が軟化し市場全体も軟化

2016/7/8 金 米国では原油の在庫が予想以上に積み上がり原油価格が下落してSP500は幾分軟化。ADRレポートは予想以上の就労人口増となり明日の労働統計を前に市場は期待感。国債と金が値を下げる。欧州市場ではダノンほか消費者関連株がけん引して市場は上昇

img4-Jul2016

img3-Jul2016

保険の見直しの見直し(6)

アンシャン・レジーム(旧体制)がなくならないわけ

新しい手法を求めると、保険販売の片手間にライフプラン分析を行うというのが厳しくなります。本来、ライフプラン分析はそれだけで数時間の面談が必要なものです。そうすると、ライフプラン分析は、保険募集人に頼むのではなく、有料で第三者に行ってもらうことになります。つまり、一時的に余分なコストが発生するわけです。

伝統的手法を踏襲するのであれば、ライフプラン分析は保険販売の副次的なものという位置づけで済みます。だから、無料でできます。消費者は、結果的に高い保険料を負担する可能性が高いのですが、そこまで思いが廻らなければ初期コストを負担することにはならないでしょう。

また、新しい手法を求めると、売り手側は販売担当者の質を向上させる必要がありますが、伝統的な手法であればその必要はありません。担当者を教育しても成功するかどうかわからないのであれば、現状のまま(コストをかけずに)売れるだけ売ってしまおうという判断になるのです。

図表2 保険販売とライフプラン分析の関係と保険料

img2-vol463

その結果、かしこい消費者は金融商品の売り手より、金融商品をよく理解しているという逆転現象が生じてきます。じつは、アンシャン・レジームを打破するカギはここにあります。消費者がかしこくなってしまえば、「新たな手法」がメインになっていくのです。金融機関を是正するためには、金融機関に是正を求めるより、消費者教育を充実させた方がよいのです。