10月第4週の市況

2016/10/24    月

中央銀行のスタンスの差から米ドルは7か月来の高値を付け、マイクロソフトは業績が予想を上回り史上最高値を更新、AT&Tがタイムワーナーの買収に動いてタイムワーナー株が上昇。ただし、GEなどの行政期が悪化し、市場全体としては横ばい。欧州ではSAPが好業績から値を上げ、銀行株もリバウンドして市場全体も値上がり

2016/10/25    火

米国ではM&A関連でB/EエアロスペースやAT&Tの価格が動いたが、市場全体を動かす要因はなかった。イラクがOPECの減産体制からの離脱の意思を見せ原油価格は下落、MarkitのPMI指数が予想以上に良かったためイールド上昇債券下落。欧州では、製薬関連が軟化したが、JPモルガンのストラテジストが金利上昇期に入り買いと評価した銀行株が上昇。特に政局安定の兆しがあるスペインの銀行が強い

2016/10/26    水

米国ではカンファレンスボード指数が予想外に悪く、3Mやキャタピラーは業績予想を下方修正し軟化。アップルはiPhoneの収益性の低下から時間外取引で下落。イングランド銀行カーニー総裁が年内の利上げを否定。欧州ではドイツでIfo指数が改善して市場堅調だが、その他の市場は軟調

2016/10/27    木

アップルが2.3%の下落となり、インテル、3Mなども軟化し株式市場は下落。Fedの利上げ予想から債券も下落し、銀行株は上昇。欧州ではバイエルやフランスの建築会社ヴァンシが業績悪化で値を下げ、アントファガスタは来年の銅の生産予想の下方修正で値を下げた

2016/10/28    金

欧米市場ともに方向性のない市場となった。米国市場では消費耐久財株が値下がりし、不動産関連など金利感応株も値下がりしたが、製薬株が堅調。市場終了後の取引ではアルファベットが値を上げたがAmazonは大幅安。欧州市場では、製薬株と銀行株がけん引して市場は上昇

img9-oct2016img8-oct2016

ライフプランに基づく資産運用

ライフプランと資産運用

ライフプランは人の人生を対象にしたものです。特に、サラリーマンの場合、「現役世代⇒退職(リタイア)⇒シニアライフ」という図式が鮮明になります。資産を上手に貯めて、殖やして、そして、使うというのがライフプランの考え方です。この中で、「殖やす」機能を担当するのが資産運用です。

したがって、資産運用はライフプランという大きな枠組みの中で考える必要があるのです。その結果、まったく制約のない資産運用と、ライフプランに基づく資産運用は少し違うものになるでしょう。

ライフプランに基づく資産運用の原則

ライフプランに基づく資産運用の原則は、図1に示すようなものです。直角三角形が背中合わせで並んだようになっています。現役世代は積立期間、シニア世代は取り崩し期間です。この三角形の部分は個別に計算することができます。個別に計算してみると…三角形の高さはきっと一致しません。

どれだけ積み立てることができるかという左側の三角形は、どれだけのお金が必要になるのかという右側の三角形より小さくなることが通常です。そこで初めて、資産運用の大切さが理解できます。資産運用がうまくいくと、左側の三角形の傾きが急になり、その結果積み立てられる金額が大きくなります。右側の三角形では、資産運用の結果、毎年の赤字幅が小さくなるので、傾きが緩やかになり、最終的には三角形の高さが低くなります。

そうして、左右の三角形の高さを調整して資産運用の計画立案が始まります。

図1 ライフプランに基づく資産運用の考え方

退職金の取り扱い

図2は退職金がある場合の取り扱いを表しています。退職金があるときは、退職金のうち生活費に充当できる部分をあらかじめ差し引いて、左側の三角形を考えるようにします。毎月の積立額が低くなります。

図2 退職金の取り扱い

積立期間に制約がある場合

積立期間に制約がある(リタイアまでの期間が短い)場合の考え方は図3のとおりになります。現在保有している金融資産もあわせて資産運用すると考えると、毎月の積立金額を低く抑えることができます。

図3 積立期間に制約がある場合

ライフプランに基づく資産運用のプロセス

ライフプランに基づく資産運用のプロセスは以下のようにまとめることができます。ここで、4.と8.はライフプラン分析の結果を用いることとなります。

1.現在保有している資産を明らかにする

2.退職金の金額を予想する

3.積立期間(リタイア時期-現在)を確認する

4.毎月の積立額を決める

5.期待運用利回り(積立期間)を決める

6.積立金額を予想する

7.取崩期間(リタイア時期-死亡時期)を予想する

8.毎月の取崩額を予想する

9.期待運用利回り(取崩期間)を決める

10.目標積立額を調整する

メルマガの登録はこちらから

メルマガ登録・解除
わかりやすい生命保険と投資信託のまじめな話

 powered by メルマガスタンドmelma! トップページへ

 

10月第3週の市況

2016/10/17    月 

米国の小売販売が堅調で米ドルは7か月来の高値。債券イールドも上昇。Fedのイエレン議長はスピーチをするも新たな示唆は示さなかった。JPモルガン、シティが予想以上の業績で銀行株が上昇だが、米国市場全体は横ばい。欧州では、米当局との交渉がまとまりそうなドイチェバンクとM&A関連で値を上げたイタリアの銀行がけん引して銀行株が好調

2016/10/18    火

OPECが減産を守れず、米国が増産に踏み切ったことから原油価格は50ドル割れになり、米国市場ではエネルギー関連株が軟化。ニューヨーク地区の製造業指数が悪化し米国株式は軟化。欧州では個別企業が低調で、M&A関連からイタリアの銀行株が上昇したものの、市場全体としては下落

2016/10/19    水

米国ではコアインフレ率が予想ほど上昇しなく、米ドルは4か月来の高値水準から下落。原油価格は再び50ドルを超え、米国市場ではゴールドマンサックス、Ntefliexなどの個別企業の業績により市場は上昇。欧州でも、商品・エネルギー関連を中心に値上がり

2016/10/20    木

米国の原油生産が予想外に低下し、サウジアラビアが多くの産油国がOPECの減産に同調したがっているとコメントして、原油価格は上昇。欧米市場は個別企業の動きが中心。モルガンスタンレーが予想外によい決算を公表し、欧米市場で銀行株が上昇。欧州では、カルフールやZalandoなどの小売りが好決算で堅調

2016/10/21    金

ロシア最大の石油会社が増産を表明し原油価格は下落、ECBのドラギ総裁は金融刺激策の延長が議論されていないことを明言。ユーロは下落。欧州市場では中国や中東の投資家に買い支えられたドイチェバンク、米銀等の取引が好調であったRBSやバークレーズなどが値を上げた

img7-oct2016

img6-oct2016

 

確定拠出年金用 シミュレーションの使い方

概要

ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」では、資産運用のシミュレーションが実施できるように設計されていますが、このシミュレーションを拡張したものを、確定拠出年金用シミュレーションとして実施できるようになっています。

確定拠出年金用のシミュレーションは単独で実施することができます。

確定拠出年金用シミュレーションの使い方をテーマにした無料講習会を東京と大阪で開催します。

東京会場

日時:2016年11月10日(木) 18:45〜20:45

場所:平賀FP事務所

大阪会場

日時:2016年11月18日(金) 18:30〜20:30

場所:FPファーム会議室

 

FP向けサイト

ライフプランイング統合ソフト「FP-MIRAI」の詳細については専用サイトをご覧ください。

ad-300x250

キャッシュフロー表~何が描かれているのか

  • キャッシュフロー表に描かれているものは、時間の経過(西暦・経過年数)、家族の年齢の経過、そして、収入と支出および収支と資産のお金の情報です。
  • キャッシュフロー表は、将来10年後、20年後、家族の構成はどうなっていて、その時の収支と資産の状況を予測する表と理解すればよいのです
  • キャッシュフロー表に影響を及ぼすものはたくさん考えられます。その中で最も大きなものは、ライフイベントです

キャッシュフロー表の内容

キャッシュフロー(CF)表は、時間の経過(西暦・経過年数)、家族の年齢の経過、そして、収入と支出および収支と資産が一つにまとめられたものです。

この中で、収入と支出は実際に予想する必要があります。収支は、収入から支出を差し引けば計算できます。資産は、現在の金額さえわかれば、毎年の収支を加減していくことにより計算できます。

将来の予想が描かれた表

CF表ができあがっていれば、将来の金銭的な予測が可能になります。だから、ファイナンシャル・プランナーはCF表を作成しようとしたがります。

しかし、実際にCF表を作ってみると、簡単にできあがるものではないことがわかります。それは、収入や支出を発生させるモノがよくわからないかったり、あるいは、金額の見積もりが難しかったりするからです。

ライフイベント

この見積もりが難しいモノがライフイベントといわれるものです。ライフイベントとは、将来発生するであろう出来事です。10年後の収入は、10年後に確定しないことも事実です。だから、CF表を完成するためには、ライフイベントをどのように予想して、どの程度のお金を見積もるのかという作業がとても大切になってくるのです。