4月第4週の市況

前週の市況はこちら

 

2017/4/24    月

フランスの大統領選の混戦からフランス市場では株式が下落。ただし、ソシエテジェネラルやBNPパリバといった大手銀行は続伸。米国市場では材料に乏しく株式市場は下落。Fedのフィッシャー副総裁は今年中の2回の利上げ方針の維持をコメント

2017/4/25    火

フランスの大統領選でマクロン氏がトップ。フランスがEUに留まるとの観測から、CAC40は4.1%、DAXは3.4%と大幅に上昇。ユーロが上昇し日本円は下落。米国市場も上昇し、市場のボラティリティを示すVIX指数は下落

2017/4/26    水

トランプ政権がカナダからの木材の輸入に関税をかけると公表し、カナダドルが下落。米国市場では住宅関連株が下落したが、キャタピラーやマクドナルドの決算が好調でNASDAQは史上初めて6000を超える。欧州市場でもフランス市場は前日に引き続き上昇。決算が好調であったボルボやM&A関連でクリスチャンディオールやLVMHが上昇

2017/4/27    木

トランプ政権が法人税率を35%から15%に引き下げるという大胆な税制改革を打ち出したが、そのまま実現するとは考えられずSP500は日中最高値を更新したが下げて市場は終了した。ただし、小型株中心のラッセル2000は史上最高値。欧州市場では高級品銘柄と銀行株がけん引して市場は好調

2017/4/28    金

原油価格は湾岸地域の供給過剰から49ドル以下に下落しエネルギ関連銘柄は下落したが、SP500は史上最高値付近まで上昇した。アルファベット、アマゾン、Paypal、アンダーアーマーなどの個別銘柄が好調な業績を背景にけん引。ECBは景気が回復しても景気刺激策を継続すると示唆。欧州市場は軟化