トレンド・アロケーション・オープン

ファンドの特徴

このファンドは、三菱UFJ国際投信株式会社が運用する、世界各国の株式、債券、リートに投資するバランス型ファンドです。
2012年3月に設定されたファンドですから、10年以上の運用実績のあるファンドです。純資産残高の推移を見ると、2012年の設定以来、2018年9月まで、右肩上がりでファンドの資産は増加していましたが、その後、資産は減少しています。2022年9月末時点の純資産残高は約9億円です。

このファンドの特徴は、ダイナミック・マルチアセット・プラス戦略とよばれる戦略を採用していることが特徴です。運用については、アリアンツ・グローバル・インベスターズに運用を委託しています。
過去5年の履歴を基準にTOPIX(東証株価指数)と比較すると、リスクは低くなっていますが、リターンはマイナスなっています。ほかのファンド(野村世界6資産分散投信(分配コース))と比較すると、リスクは高く、リターンは低くなっています。野村世界6資産分散投信の方が、このファンドよりよい運用成果を挙げていると考えられます。

※ 2022年9月末時点で入手可能な情報に基づいて記入しています

ポートフォリオ

2022年8月末時点のポートフォリオは、高リスク資産(株式など)23.3%、低リスク資産(国債や現金など)76.7%です

運用体制

三菱UFJ国際投信(アリアンツ・グローバル・インベスターズ)

アクティブ/パッシブ

アクティブ運用(アセットクラス)
アクティブ運用(アセットアロケーション)

販売会社

三菱UFJ銀行、横浜銀行、静岡銀行、岡三証券、SBI証券など

資産残高の推移

2012年の設定以来、2018年9月まで、右肩上がりでファンドの資産は増加していましたが、その後、資産は減少しています。2022年9月末時点の純資産残高は約9億円です

購入時手数料等

2.2%(静岡銀行)

信託財産留保額

なし

信託報酬

年0.6930%(税込)

収益分配金

ファンド設定以来、収益分配金が支払われた実績はありません

このファンドに対するコメント

このファンドの目論見書を見ると、ダイナミック・マルチアセット・プラス戦略とは、トレンド・アロケーション(基本戦略)、 タクティカル・アセット・アロケーション(補完戦略)、ダウンサイド・リスク・マネジメント(リスク管理戦略)の3つからなる運用スタイルであると理解できます。確かに魅力的な戦略だと思うのですが、実際の運用成果はあまり魅力的なものになっていません。
一番の理由は、トレンド・アロケーション(トレンドフォロー戦略)であると思われます。この戦略では、市場が好調な時にはリスク資産を多く採るのですが、一方で、ダウンサイド(下方)リスクを気にするために、市場が本格的に値上がりしてからリスク資産のウェイトを上げる傾向があります。だから、十分に資産を増やすことができないのだと推測されます。
投資家の特性を考えると、おそらく、シニア層にフィットするファンドだと思うのですが、それならば、収益分配金を支払ってもよいのではないかと考えます。

楽天資産形成ファンド

東京海上・円資産バランスファンド(毎月決算型)

ブラックロック・インデックス投資戦略ファンド

のむラップ・ファンド(積極型)

LOSA長期保有型国際分散インデックスファンド

ファイン・ブレンド(毎月分配型)

シュローダーYENターゲット(1年決算型)

野村世界6資産分散投信(成長コース)

BNYメロン・リアル・リターン・ファンド Bコース(為替ヘッジなし)

DCニッセイワールドセレクトファンド(標準型)

eMAXIS 最適化バランス(マイ ストライカー)

スカイオーシャン・コアラップ(成長型)

世界経済インデックスファンド

セゾン資産形成の達人ファンド

マネックス資産設計ファンド<育成型>

JP4資産バランスファンド 成長コース

ピクテ・マルチアセット・アロケーション
・ファンド(クアトロ)

グローバル財産3分法ファンド(毎月決算型)

GW7つの卵

結い2101

アライアンス・バーンスタイン・財産設計 2040

投資のソムリエ

たわらノーロード バランス(8資産均等型)

リスク抑制世界8資産バランスファンド
(しあわせの一歩)

野村ドイチェ・高配当インフラ関連株投信
(通貨選択型)米ドルコース(毎月分配型)

eMAXISバランス(8資産均等型)

のむラップ・ファンド(普通型)

トレンド・アロケーション・オープンの投資戦術と資産運用の推移

9月第5週の市況

2022/9/26    月

欧州市場ではエネルギー関連と素材関連の株式が6%近く下落し、市場全体も2年来の安値となった。英国市場では株式が下落したがポンドも下落したことで下落幅は2%に限定された。ドイツの株式指数DAXも2%下落し、2020年11月以来の低水準になった。原油価格は5%下落し、BP、TotalEnergies、Shellなどが4.9%~7%下落。銀行株も、クレディ・スイスが12.4%下落し史上最安値になったほか、全体としても3.6%も下落

2022/9/27    火

米国市場ではFedのインフレに対するタカ派的な態度を懸念して市場は大きく下落。為替市場では英国が打ち出した財政政策が同国の金融を脅かすと懸念され、英ポンドが史上最安値をつける。米国市場は、不動産やエネルギーの下落が大きかった。一方で、Amazonやコストコが値を上げたことからNASDAQの値下がりは幾分緩やかになった。約3年ぶりに、マカオを中国本土の中国人グループに対してオープンにする計画があることからWynn ResortやLas Vegas Sands、Melco Resortsなどのカジノ運営会社が11%~25%程度値を上げた。欧州市場では右派政権がおおむねすべてで勝利したイタリア市場で金融株主導でプラスになったが、ほかの市場ではマイナス。英国での金利引き上げは直ちにポンド安を誘発。FTSEは横ばいであったが、中型株で構成されるFTMCは下落。ドイツ市場は景況感指数が予想以上に下落し市場も0.5%の軟化

2022/9/28    水

米国市場では主要3指数がいずれも下落。当初、テクノロジー株は目押し買いで値を上げたが、その後、イールドが上昇につれて値を下げた。アップルは横ばいであったが、Alphabet、マイクロソフトは最終的に値下がり。消費者信頼感指数のカンファレスボード指数は上昇し、Fedが利上げを続ける可能性が上がったと市場はみなした。原油価格が上昇したことからエネルギー株は値上がり。欧州市場では中央銀行の金融引き締めの中で景気後退の懸念から、株式は下落。ドイツは0.7%、イタリアでは1.2%の下落。エネルギー、ヘルスケア、鉱業などが値を上げたが、銀行や公益が値下がりして相殺された。英国ではポンドが上昇し株式市場は0.5%下落した

2022/9/29    木

米国市場では、英国が債券購入を公表したことから、イールドが低下し、市場は大幅高になった。アップルは、今年のiPhoneの増産の計画を中止したと報じられ株価は1.3%下落。セクター別では、エネルギーやコミュニケーションサービスが値を上げた。Biogenは日本のエーザイと開発していたアルツハイマー薬が任地の低下を遅らせる効果が認められた年、同社の株価は40%上昇。欧州市場では、英国が債券購入を表明したことからFTSE指数が上昇し、市場全体も上昇した。ポンドは上昇し、英国債も値を上げた。市場では、鉱業、ヘルスケア、エネルギーなどが0.4%~2%上昇したが、銀行や生活日用品が値下がり。ノードストリームが攻撃されたことについて、ドイツ、スウェーデン、デンマークが調査に乗り出した。ノルウェー政府が魚に関する資源税を発案したことから、Mowi、Leroy Seafood、SalMarなどの漁業関連株が18%~30%下落

2022/9/30    金

米国市場は、市場が急落。個別株ではアップルやNvidiaが4%以上株価下落し、Meta Platformsは、Facebookが新規雇用を控え、従業員の縮小を予告したとレポートし株価は3.7%下落。セクター別では公益や一般消費財の下落が大きかった。NASDAQは2022年の最安値近くまで下落。欧州市場ではドイツのインフレが対前年同月比で10.9%の上昇とここ25年で最悪となり、ドイツの株価指数DAXは1.7%下落。H&Mが予想以下の利益を公表したことから株価が5.9%下落し、英国の衣料小売りのNextも収益予想の下方修正をしたために12.2%の株価下落。小売りはセクターとしても4.4%の大幅な下落になった。プラスになったセクターはない。英国でもイールドが再び上昇をはじめ、FTSEは1.8%の下落、中型株のFTMCは3.1%の下落となった

過去の市況を確認しよう!!

1 か月前の市況 1 年前の市況