5月第4週の市況

2017/5/22    月

米国では、企業の業績がよかったDeere&CoやAutodeskなどにけん引されてSP500、ダウはともに上昇。ただし、トランプ政権の選挙にロシアが関与していたことを調査する動きが報じられると、上げ幅の半分は下落した

2017/5/23    火

サウジアラビアがOPECの会合を前に減産の強化を主張し原油価格は上昇。メルケル首相がユーロは弱すぎると発言しドル安。トランプ大統領がサウジアラビアから大型の軍事受注を取りつけたことから、ボーイング、ロッキードマーティンなどが上昇。Amazon、マイクロソフトなども強く米国株式は上昇

2017/5/24    水

米国では原油価格が上昇し、株式市場はテクノロジー株とイールドの上昇により恩恵を受けた銀行株にけん引され上昇。欧州では、安い通貨や相対的に魅力的なバリュエーションを背景にPMIが堅調。アップルとの著作権の紛争に目途が付いたノキアが大きく上昇。銀行も強い

2017/5/25    木

米国ではFedの前回の議事録が公開され、インフレは抑制されているものの利上げが近いということでSP500は史上最高値を更新。欧州市場では、銀行株がけん引して市場は値を上げたが、ドイチェバンクはトランプ大統領関連の情報をロシアに流したかどうかを米国の上院民主党から質問を受け値を下げた

2017/5/26    金

OPECがウィーンで開催していた会合が終了したが減産は予定されていた以下で原油価格が下落。米ドルは上昇し、米国市場はBestBuyなどの業績が好調であったこともあり、SP500、NASDAQ、DOWともに史上最高値を更新。欧州では、BP、Total、Eniなどの大手石油関連株が軟化したが、個別企業の行政期は好調で、市場は方向性のない動きとなった

相続税・相続財産の見積もりのために個人向け貸借対照表を作成する

ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」を使って、相続財産の見積もりを行う方法について解説しています。

相続税の節税のためには・・・

相続財産を見積もらなければならない・・・

相続財産を見積もるためには、個人向け貸借対照表が必要になる・・・

そのためには、エンディングノートが使える・・・

エンディングノートから金額を見積もるためにライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」を使う

という流れです。

5月第3週の市況

2017/5/15    月

米国では4月の小売販売が上昇したが、消費者物価も0.2%上昇し、ここ1年で見れば消費者物価は2.2%上昇したことになる。四半期の業績が芳しくなかったJ.C.PennyやNordstromなどのデパート関連が大きく値を下げた。

2017/5/16    火 

ロシアとサウジアラビアが原油の生産調整で合意し原油価格が上昇。米ドルは値を下げ、資源関連株が値を上げる。SP500もNASDAQも史上最高値を更新。素材、建築関連が堅調。生産者の信頼感指数も上昇

2017/5/17    水

SP500は日中史上最高値を付けたがその後値を下げた。一方、AMD Micro Divicesが12%値を上げ、テクノロジー株は上昇してNASDAQは上昇。イールドが低下して金は上昇。欧州では銀行や製薬株が値を下げたが、全体としてはほぼ横ばいの動き

2017/5/18    木

トランプ大統領がFBIのコミー長官を罷免したことから市場は大きく影響を受け欧米株式市場は軟化。米国では10年国債のイールドが2.22%にまで低下し、金が上昇、米ドルは対円、対ユーロで大きく値を下げる。株式市場では銀行株の下落が最大。欧州市場でも影響を受け銀行株を中心に株値下がり。フランスではグリーンアクティビストが環境エネルギー相に任命され、EDF株が大きく値下がり

2017/5/19    金

米国では政治的な混乱はありVIX指数は高いものの中東部地区の製造業指数が予想外に好調で株式、米ドルともにリバウンド。通信、テクノロジー、消費財などが堅調。ブラジルではTemer大統領が贈収賄で訴えられ株式市場は8.8%の下落。欧州市場でもブラジルへの輸出が大きいCasino、テレフォニカ、テレコムイタリアなどが値を下げ市場全体も下落

ライフプランニングに役立つ資産運用の考え方(リメイク中)をダウンロードしたい人は、下記よりお願いします。

定食かア・ラ・カルトか

正しい知識を糧に金融商品を取捨選択しよう

金融商品の発展とわたしたちの知識は密接に連動しています。人気のある金融商品とは、一般的なわたしたちの知識・経験に照らし合わせて受け容れられるものになっています。よい商品というためには、わたしたちに広く受け容れられていることが必要です。ただし、人気があるだけで十分ということではありません。

日本で初めて変額年金保険を作ったとき

外資系の生命保険会社で商品設計を担当していた筆者は、20世紀の終わりごろ、日本で初めての変額年金保険の設計に没頭していました。それまで、前例のない商品を日本に持ち込むわけですから、手探りでさまざまな仕組みを考えなければなりませんでした。心を砕いた取扱いの一つに、「変額年金保険でどのようにポートフォリオを提供するべきか?」という問題がありました。

具体的にいえば、(1)あらかじめ一定の比率で日本株式や海外債券といった資産クラス(パーツ)を組入れたいくつかのタイプから投資家に好みのものを選択してもらう方法を採用するのか、それとも、(2)日本株式、海外債券といったパーツごとに投資家が投資する割合を自由に指定できる方法にするのかという問題でした。わたしたちは、あらかじめ組み合わせが決まっているということで、(1)を「定食」方式、自由に組み合わせを選ぶことができるということで、(2)を「ア・ラ・カルト」方式と呼んでいました。この定食方式と、ア・ラ・カルト方式、つぎのような一長一短がありました。

  長所 短所
定食方式 投資の知識がなくても投資配分を決めることができる 投資の知識が豊富な投資家には物足りなさが残る
ア・ラ・カルト方式 投資家ニーズに自在性をもって対応できる 投資経験が少ないとサポートが必要

ア・ラ・カルト方式を選択して失敗した理由

結局、わたしたちは、ア・ラ・カルト方式を選択しました。そして、その選択は失敗でした。なぜなら、当時、わたしたちは、「資産クラス」といわれてもあまり馴染みがなく、ましてや、「アセット・アロケーション(資産配分)」などといわれてもチンプンカンプンの人が圧倒的に多かったのです。自分でポートフォリオを組み立てるア・ラ・カルト方式は時期尚早だったわけです。

私は、『金融商品はそれを受け容れる人がいて始めて成立するものである。』ということに気づかされました。

この話を、金融商品を購入時点での判断に活かすのであれば、『理解できないものには手を出さないほうがよい』といえるでしょう。わたしたちが全体として金融商品を取捨選択していくことにより、よりよい金融商品だけが残っていくことになるのです。

金融教育や金融知力が必要なのは、良質な金融商品を育てる土壌となるからなのです。

PDF版でご覧になりたい方はこちらをご覧ください

情報を整理してみよう

不安・不満の原因を分類して理解する

わたしたちが資産運用に関する不安や不満を解消する最初のステップは、不安や不満の原因の交通整理・分類をすることです。不安や不満の内容をより具体的に明らかにすることにより、金融商品への理解が深まります。

不安と不満を細分化しよう

わたしたちは実体のない金融商品で資産運用をしようとするとき、不安を感じるものです。特に、投資経験のない場合にはこの傾向が顕著に表れます。そういったときは、わたしたち自身が持っている不安や不満を一つずつ交通整理をしてあげることによって、不安や不満を解消してみるとよいでしょう。
わたしたちが持っている不安や不満は大別すると、(1)ファンドの運用に対する不安や不満と、(2)ファンドのしくみに対する不安や不満に大別することができます。(1)の要因はファンドにより変化しますが、(2)の要因は金融商品や投資信託といった仕組みそのものに起因するものです。

ファンドの運用に対する不安や不満をさらに細分化

ファンドの運用に対する不安や不満は、さらに、(A)ファンドの運用そのものに対する不安や不満と、(B)運用を比較することができないことに対する不満に分類することができるでしょう。たとえば、「もっと儲かると思っていたのに資産が全然殖えない」という不満は(A)に分類され、「比較するための情報を収集できない」という不満は(B)に分類されます。

ファンドのしくみに対する不安や不満も細分化

ファンドのしくみに対する不安や不満も二つに細分化することができるでしょう。一つは、(C)説明や解説に対する不安や不満、そしてもう一つは、(D)投資しているものが見えないことに対する不安です。たとえば、「運用報告書などに書いてあることが難しすぎて理解できない」というのは(C)に分類される不満ということができます。また、「自分のお金がどこに行っているのかわからない」というのは、実態が見えない金融商品特有の、見えないことに対する(D)の不安ということができます。
漠然とした不安や不満を、より具体的な不安や不満にまで突き詰めていくと、問題点が浮かび上がってきます。