9月第3週の市況

前週の市況はコチラ

2017/9/11 月

メキシコは地震の影響でペソ・株式ともに下落。米国ではハリケーンの影響でWTIが下落。産業用金属も値を下げる。株式市場はまちまち。欧州では、ECBが理事会で緩和策の縮小が必要と合意したと報じられ銀行株が値を上げる。

2017/9/12 火

週末に北朝鮮がミサイルを発射しなかったこと、ハリケーンイルマが予想以下の被害に落ち着きそうであることから欧米市場は急上昇。米国ではSP500は史上最高値を更新し、JPモルガンやトラベラーズといった金融株が強い。新iPhoneの発表を前にアップルも上昇。欧州では、ハノーバーリー、ミューニックリーなど再保険を中心に値を上げ、サンタンデールなどの銀行株も堅調

2017/9/13 水

市場の推進力は前日と同じでおとなしくしている北朝鮮と予想ほどの被害が出なかったハリケーンイルマ。米国ではSP500、DOW、NASDAQがともに史上最高値を更新。アップルはiPhoneの新商品をお披露目し、サプライヤーともども軟化。欧州でも5週間ぶりの高値となり、保険を中心とした金融株が堅調であったのは前日と同じ構造。フォルクスワーゲンがゼロ排気車の開発に200億ユーロを投じると報じられ株価は大きく上昇

2017/9/14 木

ダウとSP500は史上最高値を更新。CPIの数値が高いことが予想されFedの利上げにつながるとの憶測から米ドルが上昇。需要の伸びた原油も値を上げる。アップルの新型iPhoneの販売予想は予想以下でアップルのサプライヤーの株価が欧米市場で軟化。また、欧州ではアップルウォッチの影響で時計が売れなくなるとして時計メーカーの株価が軟化

2017/9/15 金

米国では8月のCPIが予想以上に上昇しイールドが上がり債券は値下がり。イングランド銀行が金利を据え置いたものの、将来の緩和策の規模縮小を示唆し英ポンドは上昇。英国市場のFTSEは値を下げる。原油価格の値上がりなどもあり、欧州市場は5週間来の高値。中国では、7月の小売り、工業生産、設備投資などの経済活動が鈍化。

9月第2週目の市況

前週の様子はコチラ

2017/9/4 月

米国では、失業率が4.3%から4.4%に上昇し、新規就労者数もそれほど伸びなかったが、ISM製造業指数が堅調で、ミシガン大の消費者信頼感指数もよかったので市場では株高債券安になった。欧州では、フランスのメディアVidendiが好調な収益見通しを公表し、スウェーデンの車メーカーボルボが営業利益率が10%を超えるとの見通しを公表するなど個別企業の貢献で市場が上昇

2017/9/5 火

米国はLabor Dayで市場は休日。欧州では北朝鮮の核実験が影響して市場は下落。株式市場ではボラティリティが上昇し、資産は金などの安全資産に移動。Randgold、Fresnilloなどの金関連株が上昇。FiatはCEOがM&Aの申し出がないとコメントし同株は下落。

2017/9/6 水

北朝鮮の核問題や米国に次のハリケーンが来襲する予想、さらに、木曜日のECBの理事会の見通しが不透明なことなことなどが相まって、市場では株式から安全資産へ資金が避難した。米国株式は軟調。米国債や金、日本円などが値を上げ、原油や銅も高い。欧州では銀行株を中心に大きく値を下げる展開となった。


2017/9/7 木

トランプ政権と議会に合意が成立しデッドシーリングについて3か月間引き延ばすことになった。ハリケーンに対する救済措置も決まり市場は上昇。イールドは3か月以内のものについては下落、長期のイールドは上昇。欧州では、ファンドが割安な自動車を買いますとの動きがあり自動車株がけん引したが、明日にECB理事会を控えて金融株は軟調

2017/9/8 金

米国ではハリケーンイルマと北朝鮮の問題が懸念材料となったが株式市場は横ばい。欧州では、ECBの政策会合で金利も金融刺激策もそのまま維持されたことから、ユーロは上昇しドルが下落。欧州では、銀行株がまちまち。スペインのSababellやイタリアのウニクレディが値を下げたが、BNPパリバやドイチェバンクは値を上げる

9月第1週の市況

前週の市況はコチラ

2017/8/28 月

ジャクソンフォールでのイエレン議長のスピーチはタカ派的なものでなく市場は好感。米株と国債は上昇。ハリケーンが近づいているため原油価格は上昇。ドラギ総裁のスピーチでは為替に言及することもなく、ユーロ高は是正されず。欧州市場では、AmazonによるWhole Foods Market買収の影響で欧州の小売株が軟化。金融やエネルギーは上昇したが市場全体では下落

2017/8/29 火

米国ではハリケーンがテキサスを直撃しエネルギーと銀行株が下落。製油所が閉鎖されることから原油価格は下落したが、ガソリン価格は上昇。ホームデポは株価上昇し、トラベラーズ、オールステートなどの損保関連が安い

2017/8/30 水

米国ではハリケーンの影響で6日連続でガソリン価格が上昇。北朝鮮によるミサイル発射は当初、ドル安を引き起こしたが、その後、ドルはリバウンド。債券のイールドは2015年1月来の低い水準になり金価格も上昇。欧州でもミサイルの影響があり、特に輸出に依存しているドイツのDAX指数は大きく値下がり

2017/8/31 木

米国ではGDP成長率が上方修正され、8月の民間部門の雇用情勢(ADPレポート)も3月以来の新規就労者数の伸びとなり、米国株式は大きく上昇。欧州市場も、昨日値を下げた銀行株や資源関連株がリバウンド。フランスの医療機器Biomeneuxやドイツの放送機関RTLなど個別企業の収益が好調だったことも市場の上昇に寄与

2017/9/1 金

米国では、7月の個人消費が堅調に推移したこと、中国の製造業指数が堅調であったことからNASDAQは史上最高値を更新。マニュ―ティン財務長官がドル高を否定するコメントウィしたためドル安に。欧州では、カルフールが収益見通しを公表し小売りセクターは値を下げたが、中国の景気にけん引された資源関連が好調で市場全体では上昇

8月第4週の市況

前週の市況はコチラ

2017/8/21    月

市場のトランプ政権に対する不信感は根強く市場は低迷。個別銘柄ではナイキや農業機器メーカーのDeere’sが業績不振で株価低迷。欧州市場ではバルセロナのテロの影響で、ライアンエアー、ブリティッシュエアウェイズの親会社のIAGなどトラベル関連が値を下げた

2017/8/22    火

米国では薄商いとなりSP500はかろうじて前日を上回った。市場ではカンザスシティFedが開催する中央銀行会議でのイエレン議長とドラギ理事の発言に注目が集まる。米ドルは安く日本円が上昇。リスクオフ資産への移行は、欧州の銀行株にとってマイナス。欧州市場ではフィアット・クライスラー、デンマークのMaerskなどが値を上げたが、銀行株が軟化して値下がり。

2017/8/23    水

米国ではトランプ政権が減税などの課題に取り組むとの期待感から主要な株式指数は軒並み大幅に上昇。米ドルも上昇し、米国の在庫が減少すると予想される原油もっ価格上昇。欧州では資源価格が堅調で資源関連株を中心に上昇

2017/8/24    木

米国ではトランプ政権が連邦政府を閉鎖するとの脅しをかけたことで、フィッチは米国の格付け見直しに言及。株式市場は軟化し、リスク避難先の国債、日本円、金の価格が上昇。欧州では、広告世界最大手のWPPが売り上げ見通しの下方修正から大幅に下落。Publicisなどの競合他社も値を下げ市場全体も軟化

2017/8/25    金

米国ではハリケーンがテキサスを直撃し原油価格が下落。また、国債の発行枠をめぐる政治的な論争が株式と国債の値を下げる。イールドは上昇したため米ドルは上昇。市場では金曜日のジャクソンホールでのイエレンFRB議長とドラギECB総裁のスピーチに注目が集まる。欧州市場では、景気循環株を中心に市場は上昇

8月第3週の市況

前週の市況はコチラ

2017/8/14 月

米国では、ボラティリティが低下し、CPIが予想以上に上昇しなかったことからFedの利上げ観測が遠のいたとして株価は上昇した。ただし、銀行株は軟化。欧州では、ボラティリティが上昇し、アルセロールミタル、リオティント、BHPビリトンといった資源関連株が値を下げ、銀行株も値を下げ、市場全体も軟化した

2017/8/15 火

ホワイトハウスが北朝鮮との戦争が直ちに起こるわけではないと火消しのコメントを出し、市場ではボラティリティが低下して、株高、金、国債、日本円安。欧州でも基調は同じで銀行株を中心に市場が戻る。ドイチェバンクやコメルツバンクは3%以上の上昇。フィアット・クライスラー、ダノンはM&A関連のうわさで上昇

2017/8/16 水

米国では北朝鮮との緊張が幾分緩和されたことから、安全資産である円や金の価格が低下。7月の小売り統計が予想以上に良かったことから米ドルが上昇。株式市場ではダウは幾分値を上げたが、SP500とNASDAQはわずかに値下がり。欧州市場ではドイツの第2四半期のGDPが国内需要にけん引されて0.6%上昇。株式市場では金融、ヘルスケア関連が貢献して市場は上昇

2017/8/17 木

米国ではFedが議事録を公開した。低いインフレ予想に懸念が示され、FedのBSの規模縮小のタイミングも明記されない結果となった。米ドルが下落し、株式市場は値を上げた。欧州では四半期のGDP成長が0.6%と堅調で、資源関連株を中心に市場は上昇。アングロアメリカンやグレンコアは3~4%の上昇となった

2017/8/18 金

トランプ政権の減税を含む政策の実行力に疑問が投げかけられ、SP500は3か月来の大幅な値下がり。個別銘柄では決算内容がよくなかったシスコは4%値を下げ、ウォルマートも減益となり1.6%値を下げた。欧州市場では昨日のFedの議事録の内容が銀行株を軟化させ、ソシエテ・ジェネラル、クレディアグリコル、BNPパリバといったフランスの主要行は大きく値を下げた