11月第3週の市況

前週の様子はコチラ

2017/11/13    月

米国では、国債、原油、金が値を下げ、株式市場も値を下げた。ヘルスケア、エネルギー関連の株式が大きく軟化しSP500は9月上旬から続いていた週次ベースでの値上がりに終止符。欧州株もここ3か月で最悪の週次のリターンになった。欧州市場では収益の減速と債券市場の軟化から利益確定の動きが加速。イタリアの航空・防衛企業のレオナルドは20%以上の値下がりとなった

2017/11/14    火

米国市場では、金利の政策決定と減税法案の行方を伺う状態。火曜日には、FRB、ECB、日銀、イングランド銀の総裁がECBの会合でスピーチを行う。ドルはわずかに上昇し、政局が不安定化している英国はポンド安。GEが配当を5割削減することを公表し株価は7.2%下落したが、消費財、公益などの高配当株が上昇して市場は上昇。欧州市場では、フランスのEDFが10%以上下落するなど個別企業収益に影響を受け市場は軟化

2017/11/15    水

市場はそれほど大きな動きはなかったが、銅などの商品価格が下落し、欧米市場で商品関連株が軟調になった。米国市場では減税法案が成立までに紆余曲折が予想されることからイールドカーブがフラット化し、米ドルが値を下げ、ユーロが値を上げた。原油価格もIEAが公表したデータで需要が見込めないことから値を下げる。米国ではカノコフィリップス、欧州ではSaipemなどの関連企業が値を下げた

2017/11/16    木

欧米市場とも原油価格の下落によりエネルギー関連株が一段と下落して市場は軟調。米国ではイールドが低下し国債の価格は上昇、米ドルは軟化。テクノロジー関連が値上がりしたものの全体ではエネルギーの軟調が響き低下。欧州では、原油価格の動きに加えて、利益確定売りも目立ち7日連続で値を下げる。その中で、ベスタスウィンドウやシーメンスガメサなど再生エネルギー関連がリバウンド、エアバスが495億ドルの取引成立で値を上げた

2017/11/17    金

商品・原油価格の下落を受けて中国は中央銀行がキャッシュを注入。欧米市場では株式がリバウンド。米国ではテクノロジー株と消費財株が市場をけん引。減税法案は下院の承認を得る。欧州市場では、金融、テクノロジー、自動車などのセクターが市場をけん引

将来、経理職に就くために簿記3・2級の合格を目指すなら【Accountant’s library】

11月第2週の市況

前週の様子はコチラ

2017/11/6 月

アップルの新型iPhoneが好調なため同株が2.6%増となった。雇用統計はハリケーンの反動から就労人口は伸びたが、賃金上昇は極めて緩い伸びにとどまり、Fedの目指す2%のインフレには達していない模様。昨日、急落したQualcommはBroadcomが買収を検討していると報じられ上昇。欧州市場では、ソシエテジェネラルやサンタンデールなどの銀行株が軟調で、ベスタスウィンドウ、シーメンスガメサといった代替エネルギー関連は、米国の減税法案の影響を受けて税効果が減少すると考えられ軟化

2017/11/7 火

ダウは何とか史上最高値を更新したが、プライスライン、トリップアドバイザーが大きく値を下げ、イールドカーブがフラット化して金融株が軟化。消費関連や公益株といったディフェンシブな銘柄が強い。欧州ではヘルスケア関連を含めディフェンシブな銘柄が軟化。ネスレはインベブなども軟調。BMWは四半期収益が落ち込み株価下落

2017/11/8 水

米国では、T-モバイルとスプリントの合併の話が破談になり通信関連は値を下げたが、BroadcommによるQualcomm買収の話は進展しテクノロジー株が上昇。トランプ大統はアジア訪問で貿易不均衡是正に乗り出すとみられ米ドル安。サウジアラビアでは11人の王子、4人の閣僚を含む逮捕者が出て、状況が緊張化。原油価格上昇。欧州では、域内の経済統計がよかった事と原油価格の値上がりから市場は2年来の高値を維持

2017/11/9 木

米国ではテクノロジー株が上昇し、銀行株の下落を補う。トランプ政権のビジネスよりの政策の実現可能性に疑問が投げかけられ、米ドルや国債は下落。不正蓄財問題で揺れるサウジアラビアの株式は上昇。英国ではメイ首相が閣僚を辞任させるのかに注目が集まり、英ポンドは軟化。金利と株価を同時にあげるトランプフレーションに対する疑問は欧州でも同じで、イールドカーブは世界的にフラット化し、イタリアの不良債権問題で銀行株が軟化

2017/11/10 金

米国では、企業減税が2019年まで実現しそうにない情勢となる。インテルはグラフィックチップビジネスのキーマンをAMDに引き抜かれ株価下落。テクノロジー株主導で市場は軟調。欧州では産業用金属価格の下落から資源関連株が軟化。シーメンスやベスタスといったエネルギー関連も大きく値を下げる。アルセロールミタルはイタリアの鉄鋼会社の買収で監視当局の審査を受けており下落。DAX株式が1.5%値を下げるなど市場自体も大きく値を下げた。

11月第1週の市況

前週の市況はコチラ

2017/10/30 月

米国では、売り上げ増からアマゾンが大きく値を上げ、Alphabet、マイクロソフト、アップルといったIT関連大手株が大きく値を上げた。その結果、NASDAQは大きく上昇。市場全体も上昇。欧州ではカタルーニャ地方が独立を宣言し、スペイン株が下落したが、フォルクスワーゲン、UBSなどが堅調な業績に支えられ価格上昇。市場も5か月来の高値水準に到達

2017/10/31 火

米国では減税プランに対する疑念から小型株を中心に値下がり。一方、アップルは最新版のiPhoneの需要が堅調で上昇。そのため、小型株中心のRussell2000は値を下げ、IT株中心のNASDAQは値を上げる。欧州では、カタルーニャ地方の問題をスペインの中央政府がコントロールしているとみなされ、スペイン株は銀行を中心にリバウンド。その他、アップルのサプライヤーであるSTMicroやAMSが値を上げる

2017/11/1 水

米国市場では、モンデリーズやケロッグといった大手消費関連企業が売り上げ増となり株価上昇。新型iPhoneが高評価を受けているアップルも上昇し、市場全体も値上がり。欧州市場でも、BPやライアンエアーなどが好調な業績から値を上げ市場は上昇。カタルーニャ問題が発生したスペイン株式市場も10月は、5月以降で最大の上げ幅となった

2017/11/2 木

米国ではFedが経済の評価を引き上げ、12月の利上げはより近くなったとみられている。株式市場全体と米ドルは上昇。ただし、減税案の成立までには時間がかかるとみられるため小型株は値下がり。欧州では、スタンダードチャタード、オーストリアのRaiffeisenなどの銀行が軟調であったが、市場全体としては2年ぶりの高値。日本の日経平均株価は21年ぶりの高値を付けた

2017/11/3 金

米国ではFRBの次期議長にパウエル氏が指名されたが市場に影響はなく、減税法案の遅れから米ドルは軟化し、米国債は上昇。フェイスブックの四半期収益が予想を下回り同株は下落。SP500はわずかに値を上げたが、NASDAQは下落。欧州では、イングランド銀行がここ10年で初めての利上げを示唆し、英ポンドは軟化、英国債上昇。クレディスイスやDenske Bankなどの銀行株が値上がりしたが、ヘルスケアやテクノロジー株が軟調で市場全体は値下がり



10月第4週の市況

前週の市況はコチラ

2017/10/23    月 

米国ではトランプ政権が減税政策の一部を撤回する代わりに上院で予算案が通過し前進。SP500、NASDAQ、DOWがともに史上最高値を更新。欧州ではカタルーニャの独立問題とBreixtからユーロ安、日本円は総選挙前に軟化。米国では、次期FRB議長がパウエル理事とテーラー教授に絞られイールド上昇

2017/10/24    火 

米国市場では決算発表の集中を前に市場は一段落。OPECが生産調整を順守していることを確認し原油価格は上昇。欧州では、カタルーニャ問題からスペインの大手行が軟調になり株式市場全体も軟化したが、欧州市場全体では横ばい。日本では安倍政権が信任を得て市場が上昇し、英国ではメイ首相が国会でBrexitの進展についてスピーチしポンドは上昇

2017/10/25    水

米国では共和党内からトランプ政権の減税案に反発があり複雑化したが、キャタピラーや3Mといった大手銘柄の決算が予想を超えダウは史上最高値を更新した。SP500も上昇。日本株は16日連続の上昇。欧州では市場はまちまちであったが、アップルのサプライヤーAMSが大きく値を上げ、同業他社も値を上げた。昨日軟化したスペインの銀行株がリバウンドし、コメルツバンクは買収防衛でGS・ロスチャイルドの支援を受けることになり価格上昇

2017/10/26    木 

共和党がトランプ政権の減税案に反対し、米国株式と米ドルは軟化。次期FRB議長にはイエレン現議長の留任も報じられ3人の争いに。AT&Tが3.9%値を下げたほかVerizonも値を下げ、ボーイングはKG-46関連の引当金により値下がり、さらに、AMDは収益見通しを引き下げ大きく下げる。欧州株式は、グッチの親会社であるKeringやLVMHなど高級品関連が値を上げたが市場全体は横ばい

2017/10/27    金

米国では下院共和党が予算を承認し銀行株が上昇、フォードやTwitter、アマゾン、アルファベットなどの個別銘柄が堅調な業績を背景に価格上昇。SP500は値を上げる。欧州では、ECBが来年の9月まで300億ユーロ規模の債券購入を続けると公表し、ユーロは軟化、ドイツ国債、欧州株式は上昇。スペインではサンタンデール、Sabadellといった銀行がけん引して株価上昇



10月第3週の市況

先週の市況はコチラ

2017/10/16    月

米国ではハリケーンの影響でガソリン価格が上昇しCPIが8か月来の大きな上昇となった。小売りがここ2年半のうちで最も伸びたことも株式市場に好影響。株価とドルは上昇し、イールドは低下。欧州では、Bayerがモンサント買収のため資産の一部をBASFに売却し値を上げた。DAXは史上最高値を更新したが、FTSEは史上最高値を更新した昨日から軟化

2017/10/17    火 

イラクとクルドの緊張が高まり原油価格が上昇、銅価格も3か月来の高値となる。イエレンFRB議長が金利の引き上げを示唆し、金利が上昇。JPモルガン、バンクオブアメリカといった大手行が値上がり。Netflix,アップルといったテクノロジー株も上昇。スペイン株は値を下げたがドイツ株は上昇し、欧州は全体で見れば横ばい

2017/10/18    水

米国ではトランプ大統領がタカ派のスタンフォード大のジョンテイラー氏を次期FRB議長にすると予想されておりダウは一時23000を超えた。上院でオバマケアに対する折衷案が示されヘルスケア関連が上昇。IBMやジョンソン&ジョンソンが値を上げ、ゴールドマンサックスやNetflixが値を下げた。欧州では中国での需要が堅調なダノンや教育関連のピアソンなどが値を上げたが市場全体としては値下がり

2017/10/19    木

米国株式の主要3指数はそろって史上最高値を更新。IBMは5年ぶりに売上高が増加。これまで公表された第3四半期決算で80%の企業が予想を超える利益となっている。米国とドイツの債券イールドは低下。サンタンデール、BBVA、Sabadellといったスペインの銀行は株価下落

2017/10/20    金

米国市場では安全資産であるスイスフラン、日本円、金などが値上がりする一方で、市場終了前にトランプ大統領が次期FRB議長にパウエル理事を充てるとのニュースが流れSP500は史上最高値をわずかに更新。欧州では、スペインのカタルーニャ地方の独立問題が膠着し、スペイン株は下落しイールド上昇。ユニリバーやKionなどの業績が芳しくなく株式市場は下落