住宅購入とキャッシュフロー表

ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」の無料講習会のお知らせです。いずれの会場の内容も全く同じものになります。

概要

住宅購入は人生の3大ライフイベントの一つに数えられます。住宅を購入すべきか、賃貸で過ごすのか、じっくり考えてみてもなかなか優劣がつけられないのが現実です。

そこで、住宅を購入するというライフイベントを組み込んだキャッシュフロー表を作成して、賃貸で過ごす場合と比較してみたいと思います。

ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」には変動金利シミュレーションの機能もありますので、変動金利と固定金利の比較も可能です。

住宅購入をライフプラン分析の中に埋め込むことによって、購入後の生活に及ぼす影響を見える化することができます。

名古屋会場

大阪会場

オンライン会場

9月第2週の市況

2020/9/7    月

米国市場では前日に引き続き、コミュニケーション、一般消費財、テクノロジー関連が値を下げ市場は下落。NASDAQの下落率が最大で1.3%ほど下落。アップルのサプライヤーであるBroadcommは第4四半期の売り上げ予想が予想を上回り3%株価上昇。欧州市場でも、米国市場の影響を受けてテクノロジー関連が3%近く下落。ドイツのソフトウェア開発のNemetschekは9.4%値を下げる。ただし、スペインの銀行BankiaとCaixabankが合併を検討していることが報じられ、両行ともに10%以上株価上昇。銀行セクター自体も値を上げる。ドイツの不動産会社Vonoviaは10億ユーロの新規資金調達を公表し株価は3.5%下落する

2020/9/8    火

米国市場はLabor Dayでお休み。欧州市場は、コロナウィルスワクチン関連がけん引して株高となった。オーストラリアは1月に2種類のワクチンを初期配布分を手に入れると公表。一つはアストラゼネカとオックスフォード大が開発してるもの、もう一つは、豪のCSLがクイーンズランド大と開発しているもの。フランスのSanofiはGSKと共同で開発しているワクチンが10ユーロ以下になると見通しを公表。Sanofiの株価は2.4%上昇。ドイツではJPモルガンが自動車産業の先行きに明るいコメントを出し自動車株が上昇。さらに、中国の輸出が1.5年ぶりの大きな上昇となったこともあり、ドイツの株価指数DAXは2%上昇。ただし、7月の工業生産高の増加率は予想していたよりはるかに伸びは緩やかであった

2020/9/9    水

米国市場ではソフトバンクがオプションのロングポジションを大量に購入していたことが嫌気され市場は下落。マイクロソフト、アップルなどのテクノロジー大手も下落。TeslaはSP500に組み入れられなかったことから21.1%の下落となり、JPモルガンは従業員がコロナ関連でファンドの不正利用をしたと報じられ株価が3.48%下落。GMは電気自動車のNikolaの10%の株式を購入し、株価は7.9%上昇。欧州市場でもエネルギーとテクノロジー株を中心に値下がり。英国の合意なきEU離脱が不安視されている。フランスの電機会社EDFは8月の原子力発電量が2割弱下落になり、株価は8%値下がり

2020/9/10    木

米国市場では昨日値下がりした銘柄がリバウンド。テクノロジー関連を中心に値を上げる。Teslaは10%以上値を上げ、アップル、マイクロソフト、Amazonといった米国市場の株式発行総額上位3銘柄が少なくとも3%の株価上昇。コロナウィルスワクチンの臨床実験を中止したAutrazenecaは米国上場株式は2%弱下落。ティファニーはフランスのLVMHが買収から手を引いたために6.4%の値下がり。欧州市場では株価上昇。Autrazenecaは一時株価が下落したが最終的には0.5%の値上がり。フライトスケジュールを減少させた英国のeasyJetは2.1%値を下げ、同業のRianAir、IAGなども値下がり。航空関連ではエアバスも2%値を下げた。市場では、木曜日に開催されるECB理事会で市場の下落リスクに対する何らかの措置が公表されると期待

2020/9/11    金

米国市場では昨日リバウンドした、アップル、Amazon、マイクロソフトがそろって少なくとも2.8%値を下げ、すべてのセクターで値を下げることになった。生産者物価指数は予想より少しだけ上昇したが、エネルギー関連も3.7%下落。失業保険の新規申請者数は依然高止まりしており、上院で共和党の3000憶ドルのコロナウィルス対策案は否決された。欧州では、ECBが金利を据え置き、政策も追加しなかったことから市場は失望。また、EUと英国の間のBrexit交渉が進展しないことも懸念材料。フォルクスワーゲンのトラック部門Trantonは、米国のNavistarの買収価格を引き上げ、同株は1%下落した

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況