6月第3週の市況

2020/6/15    月

米国市場では、金融とテクノロジー関連がけん引して市場は上昇したが、週単位でみると3月以来の大きな下落となった。個別銘柄ではAdobeがクラウドサービスが堅調で予想以上の四半期利益を計上し株価は4.9%上昇。アパレルのLululemon Athleticaは予想以下の利益となり3.9%の下落。欧州市場でも市場は幾分上昇した。ただし、旅行・レジャー分野は最悪で、原油価格が上昇したことで、BP、RDS、Totalは0.6%から1.7%上昇。イタリアでは市場全体は少し値を上げたが、経済相が経済成長率が政府予想の8%より悪化するとコメント

2020/6/16    火

米国ではFedが債券購入プログラムで社債の購入を始めると公表し、すべてのセクターで株価上昇。イスラエルがコロナウィルスワクチンを購入する交渉を始めたと報じられたModernaは7.4%上昇。欧州市場では、中国の北京でコロナウィルスの感染が増加していることから下落。鉱業や旅行・レジャーの分野が値を下げる。BPは175憶ドルの資産の評価減を公表し2.2%値を下げる。H&Mは販売が下落したが、予想以下であったために株価は幾分上昇

2020/6/17    水

欧米市場では大きく値上がり。トランプ政権のインフラ関連の1兆ドルの景気刺激策が明らかになり、また、5月の個人消費も大きく改善したことから、市場はエネルギーやヘルスケアを中心に値を上げた。建築業界のセンチメント指数が改善したことからHome Depotは3.6%上昇。肺がん薬の試験が最終段階で成功したと公表したEli Lillyは15.7%株価上昇。欧州市場でも、ここ1か月で最大の値上がりとなった。旅行、建築、自動車、銀行などのセクターが3~4%上昇した。ドイツのルフトハンザは2万2千人の人員削減について労働側と6月22日までに合意を目指すと公表し2.5%の値上がり

2020/6/18    木

米国ではオクラホマで新規感染者数が最高を更新し6つの州で大きく感染者数が増加していることを受けてSP500は値を下げた。住宅ローンの新規申込数はここ11年半で最高になったが、5月の新規住宅着工は予想を下回る水準であった。オラクルは収益が予想を下回り5.6%の値下がり。ノルウェージャンクルーズはクルーズ中止を9月まで延期すると公表し8.4%の値下がり。欧州市場では米国の景気刺激策を好感して値上がり。英国の再生可能エネルギーのSSEは通年の配当を確保し予想以上の利益を上げたことを公表し9.1%値上がり。オンラインファッションのBoohooも決算が堅調で6.6%値上がり。オランダの郵便PostNLも通期の利益が大きく予想を上回ると公表し18%株価上昇

2020/6/19    金

米国市場では、ダウは値下がりしたもののSP500とNASDAQは値を上げた。コロナウィルス拡大の懸念が市場に蔓延している。エネルギー関連が好調で、不動産が値を下げた。食品販売のKrogerが今期の収益が予想を上回ったことを公表したが2020年通期については何ら公表がなく同株は3.0%値を下げる。Spotify Technology SAはワーナーブラザーズ等とDCコミックスを販売する提携を締結し12.7%株価上昇。NY地裁はBiogenとジェネリック製薬のMylanの特許問題について、Mylanを指示したことから、Biogenは7.5%値を下げ、Mylanは2.3%値を上げた。欧州市場は下落。ドイツのWirecardは会計士が2019年度の監査を拒否し21憶ドルの資産に疑義が生じ株価は6割以上下落。スペインの代替エネルギーシーメンス・ガメサはCEOが交代し第3四半期が赤字になると公表し株価は7.6%下落 

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況

相談について~その1

ファイナンシャルプランナー(FP)が行う「相談」について考えてみたい。本質的なところから話を始めたいので、「『相談』は何のためにするのか」という問題から始めたい。相談した側は、何らかの成果を得て相談を終わりたいだろう。問題は、「その成果が何か」ということである。私は、成果は2つあると思っている。一つは、『行動プラン』を手に入れること、そして、もう一つは『安心プラン』を手に入れることである。いずれかをしっかりと提供することができれば、その相談は成功だと思う。

FPのみなさまが相談を受けたら、相談者についてきっとたくさんのことを知りたいと思うだろう。相談は、そこから始まっていく。でも、30代の人に、「あなたが60歳になったときのことを予想してください」といってもわからないだろうし、「ご主人の年収を教えてください」、「ご両親のことをもっと詳しく教えてください」と話しても、『いきなりそんなに個人的なことまで話したくない』と思われるかもしれない。

ここで、取りうる選択肢は2つある次回の面談のアポイントメントを採って、早々に切り上げる方法。もう一つは、相談者を説得しようとする方法。「僕はFPの資格も持っていて、MDRTなんです。今まで、数百人の方の相談を受けて、みなさまに満足いく結果をお返ししてきました」という具合である。こうなったケースは何件も聞いている。自分のアピールばかりで相談になっていない。もちろん、望ましいのは、次回のアポイントメントを採って早々に切り上げること

相談者が自分であると置き換えて考えてほしい。私であれば、いきなり初見の人に自分のプライベートをべらべら話すことはしない。何度か面談をしていくうちに、相談者との関係が出来上がってくる。そして、そのころには知りたかった情報は、自ずと収集できていることがほとんどである。

そしてもう一つ、相談者がなぜ相談に来たのかも理解できているはずである。実は、相談しに来るといっても、相談の目的が明確になって相談に来るケースは少ない。自分がなぜ相談に来たのかわからないケースもある。無理やり連れてこられたというケースもある。だから、面談を繰り返して、やることは、その相談の意味付けである。何のための相談かがわからなければ、解決策にもたどり着けないわけである。

残念ながら、こうすれば相談の定義づけをできるというマニュアルはない。相談者に応じて、無駄な回り道をしながら、相談者と相談の意味付けを作り上げていくことが求められる。

さらに、大切なことは、「相談者は保険の相談に来ているとは限らない」ということを理解しておくことである。保険の相談はFPのところに来る相談の一部であって全部ではない。しかし、FPを見渡すと、その7~8割は保険関係者という事実がある。これは大切なことで、相談を受ける側が、相談者の相談を、勝手に保険の相談にしないことが大切である。

その相談の意味付けができたと思ったら、相談者のいる前で、その内容を文字に置き換えるとよいだろう。五感で一番強いのは視覚である。だから、これまで考えたことを、目に見える形にしておくことはとても大切である。相談のマイルストーン(節目)といっても過言ではないだろう。私の場合、文字だけではなく、図なども含めてホワイトボードに描いていき、最後にできあがったものを、写真で撮ることが多い。もちろん、相談者にも写真を撮ってもらう。

これは私の感覚かもしれないが、パソコンで打った文字よりも、手書きの文字のほうが記憶に残る。そして、相談者自身がホワイトボードに何か書き込んでくれたなら、それはより確かなマイルストーンになると思う。

相談の全般を通じて、相談の中心は相談者であるということを意識したほうがよい。相談を受ける側は、どうしても、自分の持っている知識やノウハウを提供したいという衝動に駆られると思うが、専門家としての意見の披露は小出しにして、相談者の意思を引き出すように心がけたい。

後半部分はコチラ

この記事は、「週刊インシュアランス」に掲載したものを、出版社の許可を得て転載したものです。