戻り率

貯蓄機能が高い学資保険に使われる指標が「戻り率」。不思議なことに、ほかの保険では使われません。支払った保険料の総額に対する、受け取る保険金の総額の割合が戻り率。

img67-ins

戻り率が100%を超えていれば、損はしていませんという意味。でも、戻り率は時間の概念を全く考えていません。支払った保険料と受け取る保険金額がちょうど同じ(戻り率が100%)の状態は、利息が全くない貯金と同じです。

だから、貯蓄機能を前面に出すのであれば、戻り率100%というのはほめられた状態ではありません。ちなみに、毎年の利回りが1%で15年の期間を考えれば、戻り率は108%になります。

子どもを持ったら知っておきたいお金の話

青年期&学資保障

横軸に年代、縦軸に保障の種類を配した必要保障マップで、青年期&学資保障の部分を考えてみましょう。学資ニーズは、将来のこどもの教育資金を準備するというもので、学資保険は学資ニーズを満たす金融商品としてもっとも有名です。

img66-ins

ただし、学資保険は貯蓄機能のウェイトの大きな保険であり、予定利率の水準により商品の魅力度が左右されるという特徴があります。今日のように予定利率が低水準であれば、学資保険の魅力度は大きく損なわれます。

そのため、低解約返戻金型終身保険や外貨建て個人年金保険などが学資保険の代わりに提案されることも少なくありません。