学資保険と預貯金を比較すると

学資保険は預貯金と比較するとその特徴が際立ちます。親が途中で死亡したと考えたとき、学資保険では保険料は支払ったものとして取り扱われますから、保険金は当初考えていたとおりの金額を受け取ることができます。

img69-ins

一方、預貯金ではその時までに積み立てられていた金額に親が死亡してからの利息が積み上がるだけです。

保険募集では、「貯蓄は三角、保険は四角」と言って保険の死亡保障機能を表現しています。学資保険の場合は、四角になるほどの死亡保障はありませんが、将来の保険料の支払いを保障するという意味で死亡保障機能がついています。

子どもにかけるお金の本―この1冊で確実に準備! (Como子育てブックス)

学資保険の死亡保障

貯蓄機能が強調されがちな学資保険ですが、保険としての魅力は死亡保障にあります。保険契約者(お父さんやお母さんなど)が亡くなったときに保障があるのです。これは学資保険特有のしくみです。

img68-ins

学資保険では、保険契約者が亡くなると、以後の保険料が免除されます。そして、保険料は払い込み続けているものとして取り扱われます。だから、保険契約者が亡くなっても、予定とおりの金額が学資資金として積み立てられているというわけです。

保険を見直して家計を節約!ほけんのFP