7月第4週の市況

7月第3週の市況はこちら

2017/7/24 月

米国ではトランプ大統領に対する調査が注目を集めドルはユーロに対して2015年1月以来の大幅な安値になる。GEの通年予想が予想の下限付近となりそうということで値を下げたが、SP500、NASDAQは昨日の史上最高値からわずかに値を下げた。欧州ではユーロ高の影響で輸出関連を中心に値下がりが大きく、独仏の株式市場は2017年4月の水準に逆戻り

2017/7/25 火

米国ではアルファベットが広告収入が低調であったことから値を下げたが、銀行やテクノロジー株が堅調でNASDAQは史上最高値を更新。欧州ではPMI指数が芳しくなく、自動車関連は反トラスト法で検査が入り軒並み値を下げる。航空業界は、価格の下落からLCCを中心に値を下げた

2017/7/26 水

Googleの決算は低調であったが、キャタピラーやマクドナルドの決算が好調でSP500は史上最高値を更新。イールドが上昇したため銀行株も堅調であった。欧州市場では、ドイツの信頼感指数が予想を上回りユーロ高に。原油はサウジが生産を減少させ価格が上昇、銅価格も上昇しAntofagastaが上昇。

2017/7/27 木

Fedが予想とおり金利を据え置き、米国市場には影響を及ぼさず。金融関連株が値を下げたが、通信関連が強い。個別銘柄では、好決算となったAT&Tやボーイングが大きく値を上げ市場全体も上昇。欧州では、エネルギーや自動車関連で決算内容が好感され市場全体としても上昇

2017/7/28 金

米国の耐久財の受注は予想以上となりDOWは史上最高値を更新したが、インテルが値を上げたもののアマゾンが大きく値を下げ、下落したテクノロジー株中心のNASDAQは下落。米国市場ではボラティリティーの上昇により下落、債券も下落。米ドルは上昇。欧州では製薬会社のアストラゼネカが肺がんの薬で失敗したと報じられ15%以上の下落となった。BASFやドイチェバンクの決算も芳しくなくドイツ株式が下落

最新版のFP-MIRAI~開発中

大阪の研修の翌日、東京に戻る飛行機の中で、10月の新機能の原案を考えていました。幸いにして、飛行機の一番後ろの部分はガラガラ。ノートを取り出して、あれやこれやと考えるには、大阪-東京の距離はとてもよい時間です。

ノートに殴り書きで書いたものですが、案外、この方法、気に入っています。

ノートの殴り書きから、エクセルを使ってインターフェイスの部分を考えます。なぜエクセルかというと、コピペができるからです。インターフェイスの部分ができあがると、プログラムの部分です。みなさまが思われているほど時間はかかりません。

プログラム開発と聞くと、プログラミングが大半を占めているイメージがあるかもしれませんが、本当は、インターフェイスの部分の開発とバグ対応の割合が大きいのです。

出来上がりは10月まで待っていただくとして、途中経過をお伝えしました。

FP-MIRAI倶楽部のメンバーのみなさまには、最新版のFP-MIRAIと動画の案内を送付させていただきました。お手元に届いていない方はこちらからお知らせください。

 

7月第3週の市況

前週の市況はこちら

2017/7/17 月

欧州では米銀の決算報告を前に静かな市場となった。資源価格が安定している鉱業株が安定しており、また、トランプ大統領が対策を講じるといっている中国の鉄鋼問題が製鉄銘柄に寄与して価格上昇。米国では消費者物価指数が横ばいとなり個人消費も弱く、利上げ観測が遠のいたとして株式債券ともに上昇。米国の大手行は軒並み好決算となる

2017/7/18 火

中国のGDP成長率が予想以上であったことから欧米市場で鉄鉱石、亜鉛、銅などの金属価格が上昇。米国市場ではDOW、SP500ともに史上最高値を更新した直後で、幾分値を下げた。木曜日に理事会を開催するECBは2019年まで利上げはなく、資産購入プログラムも継続するとみられている。欧州市場でも薄商いで目立った動きはなく市場は幾分低下

2017/7/19 水

米国ではトランプ政権が景気浮揚策につまずき米ドルが11か月来の安値。株価は上昇し、SP500,NASDAQで史上最高値を更新。欧州市場ではエリクソンが予想以下の業績を公表し株価低迷、Nokiaも安い。各国の中央銀行の金利引き締め策が思ったほどでもなく、金融株では利益確定の動きから株価値下がり

2017/7/20 木

ECBが木曜日の会合を前に理事がフランクフルトに集められユーロは値を下げた。ECBと日銀の政策会合で緩和策が今後どのようになるのか注目が集まっている。米国市場ではエネルギー・素材関連が上昇しSP500、NASDAQは史上最高値を2日連続で更新。欧州では、ASMLなどの半導体関連が好調な決算となり市場をけん引

2017/7/21 金

米国では米ドルが下落しNASDAQは3日連続での史上最高値を更新。ECBのドラギ総裁は秋に債券購入プログラムの調整を示唆し、市場ではユーロが上昇。そのため、航空・防衛、自動車といった輸出関連銘柄に負の影響。銀行はノルウェーのNordeaやドイチェバンクの決算が不調で株価下落

アセットアロケーション(資産配分)で運用成果の90%は決まらない

ポートフォリオのリスクの90%はアセットアロケーションで決まる

「アセットアロケーション(資産配分)で運用成果の90%が決まる」という説明を耳にすることがありますが、この表現は適切ではありません。
アクティブ運用を行う場合、運用会社は、ポートフォリオとベンチマーク(基本配分比率)がそれほどかい離しないように運用しているのです。

リスクの90%以上を説明している

「アセットアロケーション(資産配分)で運用成果の90%が決まる」と説明するとミスリードになる可能性があります。 “アセットアロケーション(資産配分)で運用成果の90%は決まらない” の続きを読む

FP-MIRAI~必要老後資金を正確に計算する


ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」は、2017年8月、必要老後資金の計算を正確に行うサブメニューを追加しました。

お一人様でも、ご夫婦でも、あるいは、同姓のカップルでも、正確に、必要老後資金を計算することが可能です。

インフレが進んでくると、必要老後資金の計算は、(通常のFPが使っている)簡易的な方法と正確な方法では差異が大きくなります。将来のインフレを見越して必要老後資金を計算することで、より正確なライフプランを考えることができるのです。