3月第4週の市況

2020/3/23    月

米国では昨日のカリフォルニアに続いてNY州でも州知事が不要の外出を控えるように要請。上院では1兆ドルの国民支援を検討しているが、株式市場は5%程度の下落。AT&Tは財政状態の悪化を勘案して40億ドルの自社株買いを中止。同株は8.7%値を下げた。欧州市場では2日連続の株価上昇となった。下げ続けていた航空関連が10%程度値を戻し、エネルギー関連も6%ほど値を上げた

2020/3/24    火

米国ではFedが学生ローンやクレジットカードローンに対してバックアップすることを言明したが市場は下落。米国では50州のうち、ミシガンやマサチューセッツなど13州が人の移動を制限している。民主党と共和党は2兆円の支援パッケージで合意に至らず、ゴールドマンサックスは米国GDPが2020年に24%減少すると予想。原油価格の下落からエネルギーセクターは6.7%下落。耐久消費財のみがセクターとして黒字になった。欧州市場でも市場は大きく下落。フランス、スペインに次いでギリシャでも全国的なロックダウンが実施される。エアバスは株価が14%下落し、時価総額最大手のネスレはCEOが従業員に向けて警告メッセージを伝える。同株は6%下落

2020/3/25    水

各国の財政・金融上のパッケージの表明が相次いで欧米市場ではリバウンド。米国市場では3年来の安値から値上がり。ボーイングは737MAXが今年半ばには運航できる見通しになったと公表し株価は17%上昇。共和党が航空会社に対して400憶ドルの補助金を出す提案をしたことから、アメリカン航空、デルタ航空、ユナイテッド航空は15~17%の値上がり。石油大手のシェブロンは今年の40億ドルの資本支出を取りやめることを公表し株価は20.7%上昇。欧州市場でも大きくリバウンド。ドイツ、イタリア、英国の市場は5%以上値上がり。ドイツでは7500憶ユーロのパッケージ案が示される。旅行・レジャーセクターも3.4%の値上がりとなり、鉱業、保険、石油・ガスは7~10%の上昇となった

2020/3/26    木

米国では上院が2兆ドルのパッケージを承認し市場は上昇。このパッケージには5000憶ドルの企業向け支援と世帯当たり3000ドルの現金支給が含まれている。ボーイングは、投資家が航空産業も支援の対象になると判断したことから24%と大幅に上昇。アメリカン、デルタ、ユナイテッドの各航空会社も10%以上値上がり。日経がアップルは5Gを使ったiPhoneの発売を延期すると報じ、同株は少し下落。欧州市場では、ドイツ市場が大きく値を下げたが、全体としては方向性のない取引となった。エアフランス、IAG、ライアンエアー、EasyJetなどの各航空会社は各国政府に補助金を求めており、株価も1~8%上昇

2020/3/27    金

米国市場では新規失業保険申請者が予想以上に少なかったこと、上院で2兆ドルの支援プランが承認され、下院でも承認される見込みなので市場は大きく回復。ダウはここ3日間で21%値を戻した。SP500、NASDAQも5~6%程度の上昇。最新の支援案で航空産業に580憶ドルの支援が見込まれることからボーイングは14%値を上げた。欧州市場も、米国市場に引きずられる形で、また、EUが緊急ファンドを承認する構えであることもあり市場は上昇。エアバスは20.5%と大きく値を上げる。コロナウィルスの死者が多いイタリア、スペインを含め株式市場は値上がり。

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況

5月第2週の市況

2016/5/9 月 米国市場では、労働省の統計が予想ほど悪くなかった、特に、単位時間当たり賃金と労働週が増加したことを好感して上昇。欧州市場では、ユーロ安によりECBの刺激策の効果が薄れる懸念から市場が下落

2016/5/10 火 カナダの火災がオイルサンドの施設と隔離されたことから原油価格が下落。USDは4日連続高く、米市場ではヘルスケア、消費関連が値を上げたが、エネルギー関連が弱く、市場は横ばい。中国では貿易統計が芳しくなく株式市場は低迷

2016/5/11 水 米国市場では最近の軟調な市場から大きく回復。商品関連が値を上げ、日本円は値下がり。個別銘柄ではアマゾンやエクソンモービルが上昇。欧州市場は、ギリシャの対話が進み、クレディスイスなどの銘柄が堅調で市場は上昇

2016/5/12 木 米国では原油の在庫が予想外に低下し、原油価格上昇、ドル安。資源関連は堅調であったが、ディズニーやMarcyといった小売り関連が軟調で市場全体も下げる。欧州では、欄のABNアムロ、オーストリアのRaiffeisen、イタリアのBanco Popolare,Poste Italianeがそれぞれ個別要因で値を下げ、銀行株が弱く市場も下がった

2016/5/13 金 日経がiPhoneの部品出荷の低下を報じ、アップルが2014年来の安値。モンサントはBayerからの買収で大きく上昇。買収側のBayer、BASFは値を下げる。欧州ではエイゴンやクレディアグリコルなどが決算不振で値を下げ、チューリッヒは決算好調で値を上げる

第6版 投資家のための 金融マーケット予測ハンドブック

img5-May2016

champain-May2016

週間の株式市場騰落率 【2016/5/6-2016/5/13】
株式市場 日本 米国 中国 ドイツ
1.7% 0.9% ▲2.0% 1.4%
※ 外国市場については騰落率+為替騰落率
週間の為替市場騰落率 【2016/5/6-2016/5/13】
為替市場 ドル-ユーロ 円-ドル 円-元 円-ユーロ
▲0.9% 1.4% 0.9% 0.6%
※ 円-ドル為替は円安になるとプラスと表示
債券市場 日本 海外
▲0.3% 3.4%
※ 海外は日本を除く、円ベース
【ご注意】
情報は日本市場は当日、海外市場は前日のデータに基づいています。本資料に記載する内容は、当社が信頼できると思われる情報に基づき作成されていますが、その内容の正確性・完全性・網羅性を保証するものではありません。さらに、本資料記載の内容は、特定の経済状態、市場状態を示唆するものではありません。