ファイナンシャルプランナーが考えるワンルームマンション投資

ワンルームマンション投資について、ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」を使って、その収益をステップ・バイ・ステップで分析してみたいと思います

ここでは1,420万円のワンルームマンションに投資することを考えます。

当初、全額自己資金で投資した場合の計算です。総利回りキャップレートIRR(内部収益率)について利回りを計算します

 

総利回り=7.1%

キャップレート=5.76%

IRR(内部収益率)=4.3%

と計算することができます。

 

計算したIRRは4.3%。投資効率としては魅力的な水準です。

しかし、固定資産税等を加味するとIRRは3.8%に下落します。

そして、売買手数料等を加味するとIRRはさらに3.4%に下落します。

さらに、家賃の低下や空室を見積もるとIRRは1.5%まで下落します。

この水準は、預貯金の利回りよりは高い水準ですが、株式投資信託などの期待利回りよりは低い水準です。

 

 

これまでは、全額現金で購入するという想定でしたが、600万円について不動産ローンを使用することを考えてみたいと思います。自宅を購入するよりローン金利は高くなります。

金利負担は収益を圧迫し、IRRは0%に下落します。

もし、金利負担を減らすのであれば、変動金利ローンを選択することも考えられます。しかし、変動金利ローンは、金利の変動リスクを追加します。うまくいけば利回りが上がり、うまくいかなければ利回りが下がるというのが変動金利ローンです。
ワンルームマンション投資は、実際の数値を使ってしっかり分析したうえで、投資の決断をしたいものですね。

FP-MIRAI-banner-300X300-1

kuwashiku

 

引き受け基準緩和型保険

img125-ins

引き受け基準緩和型保険というタイプの医療保険が販売されるようになっています。通常の医療保険に加入できないような方でも加入できますというのが保険会社の訴求ポイントです。

しかし、ここでも思い出してほしいのは保険の原則です。通常の医療保険に加入してもらうと、保険会社の支払いが増えるため保険料を上げざるを得ないというのがこの保険の対象となる人です。

ですから、保険料は通常の医療保険より高額になっているのです。

現在主流となっている医療保険は、入院したら1日当たり〇円の給付金を受け取るタイプです。そして、1回の入院の支払い限度は60日が主流です。1日当たり5,000円の給付金を60日受け取るとして30万円。

引き受け基準緩和型保険の保険料を試算してみると、その保険料を貯金しておいた方がよいのではないかと考えられる場合も少なくありません