保険を取り巻く外部要因~(1)

FPのみなさまを対象に保険のセミナー講師を務めさせていただいた。セミナーのタイトルは、「生保各社の経営・商品戦略から考える、FPとしておさえておきたい商品選択のポイント」。生命保険の経営戦略と商品戦略どちらについても話してほしいというのが、このタイトルに込められた主催者側の意図であった。ところで、実際に会場に行ってみると、セミナー参加者は確かに全員FPなのだが、だいたい7割は保険代理店関係者ではないかということであった。つまり、私のセミナーは保険代理店向けのセミナーになっていたのである。

※図は本文とは関係ありません

さて、私が話したことの一つは、「生命保険商品の変遷」ということであった。1970年代から現在に至るまで、どのような生命保険商品が販売されてきたかということを、時代背景と共にお伝えした。1970年代、生命保険の販売は養老保険が中心であった。その後、平均余命の伸展と相続税法上の非課税枠の拡大などがあり保険の販売の主力は終身保険にシフトした。同時に、高いインフレ率を克服するために増配が求められ、さらには、保障が大型化された。保障を大型化するということを前提にしたときに、もっとも効果的なのは定期保険特約を付加すること、こうして、L字型終身保険が販売の主流になった。私が伝えたかったのは、現在では無駄のかたまりのように評価されることが多い、L字型終身保険も出来上がった直後は時代のニーズにマッチした商品であったということである。現在、L字型終身保険が評価されないのであれば、それは、商品が劣化したからではなく商品を取り巻く環境が変わったからである。聴衆のFPの方には、私の話はかえって新鮮に聞こえたようである。

(続く)

この記事は、2012年9月に、週刊インシュアランス生保版に掲載したものです。



ファンドのMIRAIの解説(2)

以前の記事はコチラ

ファンドのリターンの特性を理解するのに大切な期間騰落率についても掲載してある。期間騰落率が大切な理由は、「期間騰落率が必要な理由」を参照してほしい。

ファンドの期間騰落率は過去12四半期(1年を1-3月,4-6月,7-9月,10-12月の4つに区切った期間)分掲載してあり、最後の四半期は、1か月または2か月になっている場合がある。

ファンドの期間騰落率は、日本株式の代表的な株式指数である東証株価指数(TOPIX)の四半期騰落率と比較している。これはファンドのベンチマークにTOPIXが指定されているというわけではなく、私たちが感じる市場の動きをTOPIXで表現しているのである。

終活を考える

先日、いつも見慣れている教会の前から霊柩車が走り出した。霊柩車を見るのはそれほどまれなことではないが、『教会X霊柩車』の組み合わせに出くわしたのは久しぶり。「そうか、教会で葬儀も行うんだ」と改めて感じられた。

そう、私の意識の中では、教会は週末のお祈りをやっているところであり、バザーなどを開催しているところ。地域の人たちへの福祉活動をしているところで、その延長に葬儀がある。だから、教会へのイメージは『死』ではなく『生』

日本のお寺のイメージは、残念ながらまるで逆。お寺は、葬儀を行う場所であり、葬儀以外では観光の場所お寺は、『日常』を取り扱う場所ではなく、『非日常』を取り扱う場所になっている。

お寺の経営が苦しいという話を聞くことが多いが、それは、お寺が『日常』にかかわる場所でなくなっているからではないだろうか。



9月第3週の市況

前週の市況はコチラ

2017/9/11 月

メキシコは地震の影響でペソ・株式ともに下落。米国ではハリケーンの影響でWTIが下落。産業用金属も値を下げる。株式市場はまちまち。欧州では、ECBが理事会で緩和策の縮小が必要と合意したと報じられ銀行株が値を上げる。

2017/9/12 火

週末に北朝鮮がミサイルを発射しなかったこと、ハリケーンイルマが予想以下の被害に落ち着きそうであることから欧米市場は急上昇。米国ではSP500は史上最高値を更新し、JPモルガンやトラベラーズといった金融株が強い。新iPhoneの発表を前にアップルも上昇。欧州では、ハノーバーリー、ミューニックリーなど再保険を中心に値を上げ、サンタンデールなどの銀行株も堅調

2017/9/13 水

市場の推進力は前日と同じでおとなしくしている北朝鮮と予想ほどの被害が出なかったハリケーンイルマ。米国ではSP500、DOW、NASDAQがともに史上最高値を更新。アップルはiPhoneの新商品をお披露目し、サプライヤーともども軟化。欧州でも5週間ぶりの高値となり、保険を中心とした金融株が堅調であったのは前日と同じ構造。フォルクスワーゲンがゼロ排気車の開発に200億ユーロを投じると報じられ株価は大きく上昇

2017/9/14 木

ダウとSP500は史上最高値を更新。CPIの数値が高いことが予想されFedの利上げにつながるとの憶測から米ドルが上昇。需要の伸びた原油も値を上げる。アップルの新型iPhoneの販売予想は予想以下でアップルのサプライヤーの株価が欧米市場で軟化。また、欧州ではアップルウォッチの影響で時計が売れなくなるとして時計メーカーの株価が軟化

2017/9/15 金

米国では8月のCPIが予想以上に上昇しイールドが上がり債券は値下がり。イングランド銀行が金利を据え置いたものの、将来の緩和策の規模縮小を示唆し英ポンドは上昇。英国市場のFTSEは値を下げる。原油価格の値上がりなどもあり、欧州市場は5週間来の高値。中国では、7月の小売り、工業生産、設備投資などの経済活動が鈍化。

9月第2週目の市況

前週の様子はコチラ

2017/9/4 月

米国では、失業率が4.3%から4.4%に上昇し、新規就労者数もそれほど伸びなかったが、ISM製造業指数が堅調で、ミシガン大の消費者信頼感指数もよかったので市場では株高債券安になった。欧州では、フランスのメディアVidendiが好調な収益見通しを公表し、スウェーデンの車メーカーボルボが営業利益率が10%を超えるとの見通しを公表するなど個別企業の貢献で市場が上昇

2017/9/5 火

米国はLabor Dayで市場は休日。欧州では北朝鮮の核実験が影響して市場は下落。株式市場ではボラティリティが上昇し、資産は金などの安全資産に移動。Randgold、Fresnilloなどの金関連株が上昇。FiatはCEOがM&Aの申し出がないとコメントし同株は下落。

2017/9/6 水

北朝鮮の核問題や米国に次のハリケーンが来襲する予想、さらに、木曜日のECBの理事会の見通しが不透明なことなことなどが相まって、市場では株式から安全資産へ資金が避難した。米国株式は軟調。米国債や金、日本円などが値を上げ、原油や銅も高い。欧州では銀行株を中心に大きく値を下げる展開となった。


2017/9/7 木

トランプ政権と議会に合意が成立しデッドシーリングについて3か月間引き延ばすことになった。ハリケーンに対する救済措置も決まり市場は上昇。イールドは3か月以内のものについては下落、長期のイールドは上昇。欧州では、ファンドが割安な自動車を買いますとの動きがあり自動車株がけん引したが、明日にECB理事会を控えて金融株は軟調

2017/9/8 金

米国ではハリケーンイルマと北朝鮮の問題が懸念材料となったが株式市場は横ばい。欧州では、ECBの政策会合で金利も金融刺激策もそのまま維持されたことから、ユーロは上昇しドルが下落。欧州では、銀行株がまちまち。スペインのSababellやイタリアのウニクレディが値を下げたが、BNPパリバやドイチェバンクは値を上げる