9月第5週の市況

前週の市況はコチラ

2017/9/25 月

北朝鮮関連の緊張感の高まりが株式市場にマイナスの影響。SP500はわずかに値を上げたがDOWは値下がり。国債と金は値上がり。OPEC参加国の会合がウィーンで開催されるということで原油価格は上昇。金属価格は北朝鮮の問題と中国の格下げから値を下げる。欧州市場では日曜日にドイツの総選挙を控えてDAXは横ばい

2017/9/26 火

北朝鮮問題の緊張からVIX指数が上昇。安全資産として国債や原油が上昇。株式市場ではアップル、FB、マイクロソフトなどのテクノロジー関連が軟化し市場全体も軟調。欧州市場ではドイツのメルケル政権が勝利したものの極右勢力の勢力の拡大によりユーロは軟化。ドイツ株式は上昇。フランス市場では幾分軟化。金融株が弱く、ヘルスケア、エネルギー、産業株が強かった

2017/9/27 水

米国では安全資産から資金が戻ってきて、国債、金、日本円などが低下。イエレンFRB議長は、金融引き締めは極めて緩やかと発言。市場は好感し小型株を中心に価格上昇。テクノロジー株もリバウンド。欧州では、原油価格の上昇からロイヤルダッチなどの大手石油関連株が上昇。ネスレは株主からの要求もあり初めて利益率の目標を設定。株価は上昇。

2017/9/28 木

米国ではトランプ政権の減税プランが年内に法制化される見通しとなり、イエレンFRB議長も12月に利上げに前向きな発言をしたことから、米ドルが上昇しイールドは低下。株式市場は景気の好転に伴い収益が期待できる銀行株・テクノロジー株を中心に値を上げた。SP500は史上最高値を更新し、小型株も堅調。欧州でも、金利高、インフレ高、証券化価格高を目指す、”トランプフレーション”が好感され、銀行株がけん引して市場は上昇

2017/9/29 金

投資家はトランプ政権の減税プランを様子見ではあるが、小型株を中心に市場は値上がりし、Russell2000は0.5%上昇し、SP500も史上最高値を更新。ただし、PEレシオで見るとSP500もRussell2000もすでに割高感がある。セクターではヘルスケアが、銘柄ではマクドナルドが上昇



月次レポートを活用する

ファンドマネージャーからのメッセージ

公募型ファンドでは月次レポートが発行されています。これは、ファンドマネージャーが投資家に向けて発信している貴重なメッセージです。そして、このメッセージを理解することができて初めて、投資家として安心して投資を続けられるのです。

ファンドマネージャーにとってコミュニケーションの確立が大切

誤解を招くかもしれませんが、ファンドマネージャーといわれる人たちの最も大切な仕事は、お客さまに向かってレポートを書くことです。数年前に、資産運用の入門書を執筆した時、ファンドマネージャーにインタビューさせてもらいましたが、彼らの大半はレポートを書くことがとても大切な仕事であると話してくれました。

レポートを書くというと少し範囲が限定されているようですが、投資家とのコミュニケーションといったほうがよいでしょう。投資家とコミュニケーションを採ることは、運用することと同じくらい、あるいはそれ以上に大切なことなのです。

月次レポートを継続して読んでおこう

公募型ファンドは月次レポート

ファンドマネージャーたちにとって年金基金や保険会社などの機関投資家が顧客である場合、コミュニケーションの確立は比較的簡単です。誰が投資家であるのかわかりますから、直接説明に出向くことも可能です。

ところが、公募型のファンド(一般の個人投資家に販売している投資信託)になると、コミュニケーションの確立は容易ではありません。なぜなら、誰が投資家であるかわからないからです。仮に投資家がすべてわかったとしても、大きなファンドになるとすべての投資家とコミュニケーションをとることはできません。そこで、ファンドマネージャーはレポートを書くのです。『私たちのファンドは、こういう方針で運用されています。今月の運用の結果はこうなりました。運用がうまく行った理由、うまく行かなかった理由はこうです』

ほとんどのファンドでは月次レポートを発行しています。月ごとの運用の成果を書いたレポートです。だから、この月次レポートを大切にしましょう。月次レポートは、ファンドマネージャーからのメッセージなのです。

この続きはこちら(46ページ)でご覧いただけます。

2017年8月の記事で読まれたもの

第1位 終身保険と定期保険+投資信託はどちらがお得か(後段)

ほかのFPの方が書かれていた記事を拝読して、少し論点がずれていると思ったので、同じテーマで自分なりにまとめてみました。

第2位 あなたもライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」をご利用できます

当社で作成しているライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」の紹介の動画です。FP-MIRAIは数か月単位で少しずつ成長し続けています。
無料講習会も開催していますので、ぜひ、ご参加ください

第3位 終身保険と定期保険+投資信託はどちらがお得か(前段)

第1位の記事の前段部分です。前段部分は、比較的当たり障りのないことを書いています。

第4位 エンディングではないノート(後段)

『現役世代のための、エンディングノートのようなもの』を作りたいと思っています。この記事は、週刊インシュアランスに掲載されたものですが、そのコンセプトをまとめたものになっています。

 

就業不能保険XFP-MIRAI

最近、流行になっている就業不能保険。医療保険とどこが違うのか、キャッシュフロー表を使って考えれば一目瞭然です。

「入院費がいくらいるから医療保険に入りましょう」という単純なシナリオではなく、「医療費が発生するけど公的医療保険でかなりカバーできるよね。でも、長期のリハビリが入ると通常の医療保険では対応できない。さらに、仕事に影響を及ぼすと考えると、ライフプラン自体が変わってくる。」そこまでのシナリオ考えるには、キャッシュフロー表を使った分析が必要になります。

ここでは、①平均的な世帯のライフプラン②3か月程度の入院③長期リハビリ④復職の失敗⑤就業不能保険とライフプラン修正というステップで解説します。

※動画は2分割してあります。最後まで見ていただきますと、次の動画の案内があります。



9月第4週の市況

前週の市況はコチラ

2017/9/19 火

米国では、SP500,DOW,NASDAQの3指数がともに史上最高値を更新しSP500は2500を超えた。テクノロジー株のリバウンド、イールド上昇に伴い銀行株が値を上げたことが主な要因。欧州市場では、イングランド銀行の利上げ予測からポンドが上昇し、英国株式は軟化。ユーロ圏も銀行株に引きずられて市場は軟化


2017/9/20 水

米国では、Fedが9月ではなく12月に利上げに踏み切るのかに焦点が集まり、市場ではFedの会合に先走って金融株が上昇。主要3株式指数はいずれも上昇で、DOWは6日連続史上最高値を更新。通信関連では、T-MobileとSprintの合併話が判明し、いずれも6%前後の大幅な値上がり。欧州市場でも通信株を中心に値上がり

2017/9/21 木

米国ではFedが10月からバランスシートの縮小に動き、2017年中の利上げを予定とおりに行うとの見方を示し、米ドルと銀行株が上昇。債券は下落。一方で、アップルが値を下げ、消費財セクターも軟化して、SP500はなんとか史上最高値を更新。欧州市場はFedのコメント前で市場は様子見で横ばい。

2017/9/22 金

S&Pが中国の格付けをAA-からA+に1ノッチ引き下げたが市場には影響なし。米国市場は銅や鉄鉱石の値下がりや、アップルを中心としてテクノロジー株が下げたことから市場全体も軟化。日銀が緩和策を据え置いたことから日本円は2か月来の安値を付け、米ドル、米国債はまちまち。欧州では、Fedの利上げ示唆の影響から銀行株が値を上げたほか、コメルツ銀とUnitCredit、シーメンスとアルストムとの鉄道部門の合併などの話題で市場は上昇