リスクは一定ではない

リスクは時とともに上下動している

合理的な投資家であればできるだけ避けたいリスクですが、時の推移とともに変動していることは、あまり知られていません。リスクの高いと思われている株式であってもリスクをあまり感じなくて済む時があるのです。

変動するリスク

株式はリスクが高いといわれていますが、株式のリスクは時系列で変動しているのをご存知でしょうか。TOPIX(日本株式)やSP500(米国株式)のリスク(標準偏差:ボラティリティ)は平均すると20~25%程度なのですが、市場環境によってリスクは変動しているのです。

図は日時データから算出したTOPIXの年換算リスクの移動平均を表しています。グラフ中に記載したように、リーマン・ショックのときと、欧州債務問題がポルトガル・スペインなどに拡散し、日本では東日本大震災が発生したときに、リスクは大きく跳ね上がっているのです。

私たちの感覚とすり合わせてみる

シャープレシオを思い出してみましょう。

シャープレシオ=(リターン-無リスク資産利子率)÷ 標準偏差(リスク)

ここで使われているリスクが、時と場合によって変動するのです。当然、シャープレシオの値も変動することになります。シャープレシオとは、リスクのあるものに投資したときの魅力度を測るための尺度です。

リスクのあるものの魅力度は、リスクの低い(市場が安定している)ときには高く、リスクの高い(市場の変動が大きい)ときには低くなっているのです。

リスクのあるものに投資をして怖いと感じるのは、市場が大きく変動している時なのです。リスクが一定ではないと知っておくだけで、私たちは随分と心に余裕が生まれるのではないでしょうか。

TOPIXの年換算リスクの時系列推移

ライフプランニングに役立つ資産運用の考え方(リメイク中)の全文はこちらでご覧いただけます

外貨建て保険かファンドか?

退職したら退職金を10年程度使わずにおいておこうと思っています。このとき、外貨建て保険などで運用したほうがよいのでしょうか。それとも、ファンドを購入したほうがよいのでしょうか?

運用を考えているのであれば答えはファンドになる。外貨建て保険であれ、変額保険であれ、運用の部分だけを取り出して考えるとファンドに勝てないからである。

その理由は、図「運用に充てられるお金が異なる」を見ればわかる。仮にファンドと変額保険が同じ運用をしていたとしょう。運用に充てられるお金が、ファンドと保険では異なる。保険は保険会社で徴収する保険関係の費用(保険会社の手数料と保険の保障に充てる費用)が発生する。だから運用として考えた場合、ファンドのほうが効率がよい

図 運用に充てられるお金が異なる

資産運用の9割はセットアロケーションで決まる?

資産運用の運用成果の9割はアセットアロケーション(資産配分)で決まる?

Q 「資産運用の運用成果の9割はアセットアロケーション(資産配分)で決まる」といわれていますが、どのようなアセットアロケーションを心がければよいのでしょうか?

資産運用の運用成果の9割はアセットアロケーション(資産配分)で決まるわけではない。だから、この質問への回答は、「質問が間違っている」というのが回答になる。

「アクティブ運用のファンドの9(8)割はベンチマークで説明される」といわれているのは確かなのだが、その対象となるのは、この質問の中にある運用成果(リターン)ではなく、リスクである。図を参照していただくと理解できる。ファンドもベンチマークも、毎月価格が変動する。この変動のことがリターン(騰落率)である。

(月次で考えると)数か月リターンの変動の幅がリスク(標準偏差)である。そして、ファンドのリスクの9割は、ベンチマークのリスクで説明できるというのが指摘されている内容である。リターンの9割ではなく、リスクの9割というのが正解である。

ところで、運用するマネージャー側から考えるとこれも違う。通常のアクティブ運用であれば、ベンチマークと9割程度連動するように運用しているのである。9割程度連動させながら、ベンチマークを上回るパフォーマンスを上げることがアクティブ運用のマネージャーに課せられた使命なのである。9割の話は、因果関係が逆になって伝わっているのである。

アセットアロケーションが大切であることは否定しないが、間違った風説に惑わされないようにしたいものである。

図 何の9割がベンチマークで説明できるのか

6月第4週の市況

先週の市況はこちら

2017/6/19    月

米国市場では住宅統計と消費者信頼感指数が予想以下となったが、アマゾンがWhole Foods Marketの買収で合意したと公表しAmazonは2.5%値を上げ、Whole Foodsは29%値を上げたが、食品小売り指数は5.1%値を下げた。金融緩和を維持した日銀の政策会合の決定はFedの会合と好対照となり、円は値を下げた

2017/6/20    火

米国ではアップル、マイクロンテクノロジーなど大手テクノロジー株が大幅にリバウンド。Fedの高官が利上げにタカ派的なコメントを発し、米ドルとイールドは上昇。MSCIが中国の国内向け株式(A株式)をグローバル指数に入れるかどうか、火曜日の市場終了後に発表。香港株は先走って値上がり。欧州ではマクロン大統領が議会の過半を制し、BNPパリバ、ソシエテジェネラルなど大手銀行株を中心にフランス株式が上昇

2017/6/21    水

原油価格が43ドル以下になり、欧米市場で原油価格と、エネルギー関連株が軟化。米国では消費耐久財株や工業株、通信株などが軒並み値を下げ大幅な値下がりとなった。欧州でも資源関連株に引きずられて市場は軟調

2017/6/22    木

米国の在庫が高水準でリビアの生産が再開される中、原油価格が43ドル以下に下落。エネルギー関連株が2か月来の安値を付け、トランプ政権が薬価へのスタンスを緩和させその結果バイオ関連株の株価上昇でも相殺できず米国市場は下落。欧州では、英国の銀行であるProvident Financialが大きく値を下げる、一方で、不良債権問題に進展があったイタリアの銀行株が上昇

2017/6/23    金

原油価格は相変わらず安値で低迷しており米国市場では43ドルを切る水準。共和党から提出されたオバマケア廃止のための法案は4年で500億ドルの追加出費が必要になるものであった。そのためヘルスケア関連株が上昇。イールドが低下して金融株は軟化したため、SP500は値を下げ、NASDAQは上昇。欧州市場ではノバルティスがけん引してヘルスケア関連株が堅調となり市場を下支え

外国に投資した資産はどのように管理されているか

だれが責任をもって運用・保管しているのかチェック

日本の投資家が外貨建て資産に投資するファンドを購入したとき、投資したお金は、海外で運用され、購入した株式や債券は海外の銀行(カストディアン)で保管されることになります。投資家としては、海外で運用や保管を担当する金融機関も確認しておきたいところです。

外貨建て資産は海外で保管されている

日本の投資信託の受益者(投資家)が、外貨建て資産に投資するファンドを購入したとしましょう。投資家のお金はどのようにして投資されるのでしょう? 実は、投資したお金は日本の受託銀行から、海外の銀行に送金されます。例えば、ファンドが米国の自動車メーカーGMの株式を購入することを考えましょう。ファンドはGMの株式を米国市場で売買するのが合理的です。なぜなら、GMの株式は米国市場で一番多く売買されているわけですから、正確に価格付けされている可能性が高いからです。 “外国に投資した資産はどのように管理されているか” の続きを読む