公的年金の遺族保障

公的年金(基礎年金と厚生年金)にも遺族保障があります。公的年金のありがたいところは、老齢年金だけでなく、障害年金と遺族年金が用意されていることです。公的年金があることによって、私たちは、(民間の保険や貯蓄などを通じて)自助努力で準備する部分を少なくすることが可能です。

img92-ins

遺族(厚生)年金の特徴は、早期に亡くなったときでも、300月(25年)働いていたものとみなして年金を計算してくれることです。厚生年金は、被保険者の期間によって年金額が増減するしくみなので、最低でも25年分の年金を受け取ることができるしくみはありがたいものです。遺族基礎年金は定額ですが、子または子のいる配偶者しか受け取ることができません

厚生年金保険の保障がない自営業者などは、厚生年金保険の分を国民年金基金などでカバーするか、民間の保険でカバーする必要があるでしょう。

 

年金の予想とCF表

ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」の無料講習会のレジュメができあがりました。FP-MIRAIは、FPがキャッシュフロー表を作成し、提案書を作成するためのソフトです。

無料講習会は、FP-MIRAIに興味があるみなさま、すでに有料会員として登録しておられるみなさまに参加していただくためのイベントです。詳しくは、こちらをご覧ください

FP-MIRAI-banner-300X250-5