ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保障保険”ChouChou(シュシュ)!”を分析する(1)

日本生命は、21016年10月2日から新商品「ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保障保険”ChouChou(シュシュ)!”」を発売すると発表した。この保険は、保険業法施行規則の改正により解禁された不妊治療を保障する日本ではじめての保険という位置づけである。最初に動画(戦略的保険とは)をご覧いただきたい。

動画1 戦略的保険とは

戦略的保険

保障内容と会社のリスクヘッジ

最初に、ChouChou(シュシュ)のしくみを確認しておこう。この保険は、

(1)3大疾病・死亡保障

(2)満期保障

(3)出産・不妊治療保障

の3つの部分から構成されている。

図表1 ニッセイ出産サポート給付金付3大疾病保障保険”ChouChou(シュシュ)!”のしくみ

chouchou-1

(1)の部分はほぼ独立してる。保障内容は3大疾病保障定期保険と同じ内容になっている(くわしくは、生命保険文化センターの解説を参照)。不妊治療に関係のない保険が組み込まれているわけであるが、その理由は、会社の収益性の確保にあると推測できる。3大疾病保障定期保険は収益性の高い保険であり、日本で初めての保障となる不妊治療の部分で赤字が出ても、3大疾病保障定期保険でカバーできると考えたのであろう。

会社にとってのリスクヘッジでありそれ自体を否定する気はない。判断するのは消費者である。

会社のリスクヘッジ

  • 収益性の高い3大疾病保障定期保険を組み入れているため、不妊治療保障の部分で赤字が出てもカバーできる

満期一時金もついている。満期一時金は生存していることを条件に受け取ることができるが、出産給付金や特定不妊治療給付金が支払われたときは、「その合計額-5,000円×給付金支払回数」の金額が、所定の金額から差し引かれるしくみになっている。つまり、出産をしたり、特定不妊治療を受けたりしたときには、満期一時金の一部を前倒しで受け取ると考えておけばよい。

満期一時金も会社にとってはリスクヘッジになっている。一つは、不妊治療を行うことを決めてから保険に加入して給付金を受け取ることの防止である。不妊治療を目的とした保険なのに違和感を感じるかもしれないが、不妊治療を行うことを決めて保険に加入する人(=すぐに給付金を受け取れる)と、将来、不妊治療を行うことになったときに給付を受けるために保険に加入する人(=すぐに給付金を受け取るわけではない)が混在すると不平等だという考え方が根底にある。そして、前者のような人が集団で保険に加入すると、保険会社は赤字になってしまう。このこと「逆選択」というが、不妊治療を保障する場合、この逆選択の問題を避けて通ることはできない。そして、日本生命の出した答えが、満期一時金だろう。このしくみを採っておけば、すぐに給付金を受け取っても、それは数十年後に受け取る満期一時金の先取りにしかならないので逆選択がある程度防げるわけである。

会社のリスクヘッジ

  • 収益性の高い3大疾病保障定期保険を組み入れているため、不妊治療保障の部分で赤字が出てもカバーできる

満期一時金には、さらにもう一つの効果がある。それは、「負の責任準備金(ネガティブリザーブ)」が発生することである。おそらく、不妊治療の部分のみを取り出して保険商品を作ると、契約の終期で負の責任準備金が発生する。保険契約者から考えると、負の責任準備金は、これから先に受け取るであろう給付金より、これから先に支払う保険料の方が多い状態を意味している。保険契約者の合理的な判断は、保険を解約することである。そして、そうなると保険会社は予定していた保険料収入がなくなるので損失を被ることになる。しかし、満期一時金を設定することにより、契約の終期になっても保険契約者は、「もう少しで満期一時金を受け取ることができる」と感じるので保険を解約することはなくなる

会社のリスクヘッジ

  • 収益性の高い3大疾病保障定期保険を組み入れているため、不妊治療保障の部分で赤字が出てもカバーできる
  • 満期一時金は、負の責任準備金の問題も解決する

この続きはこちらでご覧いただけます

ad-twitterheader520x260

9月第3週の市況

2016/9/12    月

昨日、ECBが追加緩和に慎重な姿勢を見せ、米国ではボストン連銀のローゼングレン総裁が利上げに肯定的な発言をしたことから、市場は米国を中心に一気に軟化しました。SP500は2.5%の値下がりとなり、金利上昇の恩恵を受ける金融株でさえ1.9%値を下げました。国債のイールドは上昇し、ドイツ国債はプラスのイールドに回復しました

2016/9/13    火

Fedの利上げ慎重派の最右翼のブレーナード理事が依然として利上げに慎重な姿勢を見せたことから米国市場では株価が上昇、米ドル高、原油・商品高に。欧州市場では、利上げ容認のコメントになると予想していたために市場は下落

2016/9/14    水

IEAが原油の需要見通しを下方修正したためにWTIは45ドル以下に落ち込み、株安・ドル高の展開に。債券イールドも上昇したため国債市場も軟化。ダウではアップルのみ値を上げ、エネルギー関連は大幅安。欧州市場も米国市場と同じ動き

2016/9/15    木

原油価格が下落してエネルギー関連が安く、アップルは3.5%値を上げ5か月ぶりの高値。各国の中銀が緩和策の効果を疑問視する中、国債が値を上げる。欧州では、Bayerがモンサントの買収で合意に達し上昇。欧州市場では資源関連は値を上げたが、高級消費品関連は軟化

2016/9/16    金

米国市場では原油価格がリバウンドしてエネルギー関連とアップルが週間で12%と大幅な上昇を見せ市場をけん引。ドルはほぼ横ばいだったが、金利引き上げ見通しが遠のいた国債は上昇。欧州市場ではH&MやTodsが軟調

img7-sep2016img6-sep2016

contentsmap