6月第2週の市況

2020/6/8    月 

米国では公表された労働統計で2千万人の雇用減だった4月から2.5百万人の雇用増となり市場は大幅に上昇。イールドが上昇していたことから銀行株が上昇。アメリカン航空とユナイテッド航空がフライトスケジュールを元に戻す計画を公表し、ボーイングが11.5%上昇。欧州市場でも石油・ガス、自動車、旅行・レジャーが4.9%から5.8%上昇となり、輸出企業中心のドイツのDAXは6.7%上昇。IAGは13.6%上昇し、easyJet、ルフトハンザ、エールフランスなども大きく上昇。豪のカンタスが航空機の受注の再開を宣言したことからエアバスが12.5%上昇

2020/6/9    火

米国市場では金曜日に公表された失業率が予想外に低下したことから、テクノロジー株とコミュニケーション株を中心に値を上げる。NASDAQは史上最高値を更新。原油は生産者で減産の合意がなされたことから原油価格が上昇。エネルギー関連は値を上げる。そのほか、航空関連指数は約%10%の上昇。欧州市場では、テクノロジー株とヘルスケア株を中心に値を下げた。米国のGilead Scienceとの合併に疑念が報じられた、アストラゼネカは2.7%株価下落。ASML、ASM International、STMicroelectronicsといったテクノロジー関連が4%以上の下落。銀行関連は2%ほど値を上げ、そのため、金融のウェイトの大きいイタリアやスペインの市場は堅調。原油価格の上昇から、BP、RDS、Totalといった石油メジャーが0.7%~3%の値上がり

2020/6/10    水

米国市場では、明日からのFOMCを前に金融株が軟化し、産業株も値を下げたためにSP500、ダウが値下がり。ただし、NASDAQは、自社製のチップをMacに搭載すると公表したアップルが3.2%値を上げたことから一時10,000の水準を超える。終値も2日連続して史上最高値を更新。欧州市場でも、Fedの会合を前に警戒感があることに加え、当局がEUの銀行の年内の配当を禁じるとコメントしたことから銀行株が値下がり、ドルが強くなったことに加えて、供給過剰の懸念がある原油が値を下げ、BP、RDS、Totalなどの石油関連が値下がり。市場全体でも値を下げる

2020/6/11    木

米国ではFOMCが開催され、少なくとも2022年末までのゼロ金利政策の維持を決定し、今年のGDP成長を6.5%の下落、年末の失業率を9.3%と予想した。金利低下により銀行株は5.8%と大きく軟化。SP500とダウは値を下げた。一方、マイクロソフト(3.7%)アップル(2.6%)が値を上げたことからNASDAQは史上初めて10000超えの終値となった。欧州市場ではFOMC前に終了したが値を下げた。ECBが不良債権の処理スキームを作成したと報じられたことから銀行株が1.8%値下がり。ドイツでは国内への旅行の制限を8月末まで延期したことから、ルフトハンザは5.7%の下落。自動車部品のContinentalは、需要減から雇用削減に動くとCEOが発言したことから株価は3.6%下落

2020/6/12    金 

欧米市場で株式市場は大きく軟化。米国ではFedの景気見通しが芳しくなかったことに加えて、コロナウィルスの第2波への懸念から金融株とエネルギー株が8%以上の下落となった。航空株の指数も13.8%の下落となり、クルーズ船運航会社も大きく下落。サプライヤーが737関連の従業員を21日間レイオフにするとしたボーイングは16.4%の下落。欧州株式もFedの予想に反応して下落。フィアット・クライスラーとPSAは合併に向けてEUの反トラスト法の障壁が明らかになり、それぞれ、7.7%、10%の下落。ルノーはCEOが再国有化は考えていないと発言し14.1%の下落。そのほか、ドイツのルフトハンザは26,000人の人員余剰を認め、株価は9.1%の下落

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況

6月第1週の市況

2020/6/1    月

米国ではトランプ大統領の香港問題への対応が思っていたほど過激ではなくひと段落。SP500は幾分値を上げたが、ダウは値下がり。TwieetrやFBはSNS規制の話から昨日に続き続落。デパートのNordstromは四半期の売り上げが4割減となり株価は11%下落。クラウドサービスのsalesforceは通期の売上・利益の予想を下方修正し3.5%値を下げる。欧州市場ではトランプ大統領の香港対応に懸念して市場は軟化。コーヒーメーカーのJDE Peetsが新規上場し株価は13.8%上昇。ドイツの衣料品Hugo Bossはブローカーの格付けが引き下げられ9.1%の株安。ルノーは1.6万人の人員削減について労働組合と交渉を始めると公表し7.7%値下がり

2020/6/2    火 

欧米市場で景気回復の動きから市場は上昇。米国ではISM製造業指数の減少幅が低下した。ジョージア州に発生した暴動の影響でウォルマートやターゲット、Amazonといった小売り関連は店舗を一部閉鎖したり配送を縮小しているが市場は、Facebook、Amazon、アップルなどが1~3%ほど値を上げて好調。ファイザーが肺がんの治療薬の試験に失敗し7.1%値を下げ、コロナウィルス関連ではGilead Scienceのレムデシビルの結果が微妙で同社株は3.4%値を下げた。欧州市場では、ユーロ圏のPMI指数が改善し、旅行・レジャー、銀行、鉱業、石油・ガスといった主要なセクターが軒並み上昇

2020/6/3    水

米国では暴動が悪化しトランプ大統領が軍隊の投入を示唆したが、市場は堅調で、テクノロジー、金融、産業の各分野がけん引した。サウスウエスト航空は2.6%値を上げ、航空関連は全体で3.8%上昇。為替送金のWestern Unionは同業のMoney Gram Internatuionalに買収提案を行い、それぞれ、11.3%、29.7%株価上昇。LVMHによるティファニーに対する買収提案は、米国市場が不安定なため、取引自体が不透明化。ティファニー株は8.9%値を下げる。欧州市場では、ドイツがけん引して市場を引き上げた。ドイツの経済相が50憶ユーロの自動車購入補助を表明し、フォルクスワーゲン、ダイムラー、BMWは株価が5.9%~9%上昇。ルフトハンザも9億ユーロの補助金の受け入れを表明し株価が76.3%上昇した。フランスではテレビ局のTFIが新しいサッカーチャネルを立ち上げると表明し7.8%株価上昇

2020/6/4    木

米国市場では、NASDAQが史上最高値日被くほど大きく上昇。ボーイングは有名な投資家が株式を購入したことがわかり株価12.9%上昇。テクノロジー企業のマイクロン・テクノロジーは今期の増収増益の予想を公表し株価は12.3%上昇。今年の売り上げが倍増しそうなZoomコミュニケーションは株価は7.6%増加。欧州市場も大きく上昇。フランスの保険会社AXAは配当を支払うことを公表し10.4%上昇。アリアンツ、英プルデンシャル、Generaliは7.8%から8.5%上昇。フランスの自動車会社ルノーはフランス政府から50憶ユーロのローンを受けることに成功。株価は10.5%上昇。米国のマイクロンの影響を受けテクノロジー関連のAMS、Infinion、ASM Internationalは3.8%から7.3%の上昇

2020/6/5    金

米国では、禁輸曜日の労働統計の公表前に利益を確定させる動きもありSP500とNASDAQが値下がり、DOWは上昇。アメリカン航空は7月の運航を前年比55%にまで引き上げると公表したが、市場では金融、産業、素材関連が弱い。司法省がチャールズシュワブのTDAmeritradeの買収を認めたため、それぞれ、5.5%、9.0%の値上がり。欧州では、ECBが債券の購入枠を6000憶ユーロから1.35兆ユーロにまで拡大し、イタリアやスペインでは銀行株が上昇。ただし、自動車産業への補助金が公表されたドイツでは、CO2を大量に排出する車については課税を強化する動きになっていて、フォルクスワーゲン、ダイムラーをはじめ、ContinentalやVolvoなども値を下げる。そのほか、公益やヘルスケア関連も弱い
 

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況