10月第4週の市況

2019/10/21    月 

欧米市場で株式市場は軟化。米国では、ベビーパウダーのリコールが発生したジョンソン&ジョンソンが6.2%値を下げ、従業員が会社は737MAXの安全性についてFDAをミスリードしたと報じられたボーイングが6.8%の値下がり。また、中国のGDP成長率が過去30年で最低となり、IMFも今年の世界経済の成長率を3%を下方修正したことから株式市場は軟調。欧州市場では、フランスのルノーが減収・減益の予想を公表し11.5%と大きく値を下げたほか、ダノンも8.4%値を下げた。そのほか、欧州最大の防衛関連企業Thalaも5.4%値を下げた

2019/10/22    火

米中の貿易協議に対して米側のトランプ大統領やクロドーホワイトハウスアドバイザーが希望的なコメントを出し、市場も米中協議の進展に期待感が持てるとして反応。中国に感応度の高いテクノロジー株が1.1%値を上げた。SP500は史上最高値を更新し、景気に感応度の高いエネルギーや金融株も上昇。イールドカーブは傾きが大きくなり市場は歓迎。ボーイングは737MAXの運航ができるのか疑念がもたれ3.8%の値下がり。欧州市場でも米中交渉が好感され市場は上昇。Brexitの問題がある英国のFTSEは0.2%の上昇にとどまったが、ドイツのDAXは0.9%の上昇。個別銘柄では、ドイツのSAPが顧客データのクラウド保管についてマイクロソフトと合意し2.5%上昇。WirecardはFT誌に指摘された売り上げ・利益の水増しに対してKPMGに調査を依頼し株価は6%上昇

2019/10/23    水

米国市場では個別企業の値動きがまちまちでダウは幾分値を上げたがSP500は値を下げた。プロクター&ギャンブルとユナイテッドテクノロジーはそれぞれ2.8%、2.4%値を上げ、民間機部門の役員が退任することになったボーイングも2.1%値を戻した。一方、マクドナルドは4.6%値を下げ、トラベラーズも8.4%値を下げた。そのほか、Facebookは顧客情報の管理対応が拡大し3.5%値を下げ、SP500とNASDAQは値を下げた。欧州市場では、英国のBrexit法案が議会で否決されポンドは下落。そのため、海外部門のウェイトの高い企業から構成されるFTSEは値を上げたが、国内株中心のFTMC、さらに、アイルランド株式も値を下げた。ドイツのDAXとフランスのCAC40は値を上げた

2019/10/24    木

米国では個別企業の動きで市場が上昇した。ボーイングとキャタピラーは芳しくない四半期決算であったが株価は1%以上上昇。テキサスインスツルメンツが売り上げが予想以下となり7.5%値を下げた。フィラデルフィア指数も下落することになったが、アップルとFacebookという大型株がともに上昇したことにより市場は上昇。欧州市場では、英国のBrxitの懸念から市場は軟化。英ポンドも下落したが輸出主導のFTSEは0.7%値を上げる結果となった。今期の業界の売り上げ予想が芳しくない、IT関連では、Infinion、STMelectronics、Dialogなどが0.4%から2.8%の下落

2019/10/25    金

英国ではジョンソン首相が12月に国民投票の実施を呼びかけ、EUはBrexitの3か月延長を認めるかどうかの判断を保留。英ポンドは対ドルで軟化。ユーロも対ドルで軟化。米国市場では昨日と逆でDOWが値を下げ、SP500が値を上げた。マイクロソフト、Tesla、Twitterなどが値を上げた。ペンス副大統領は香港の自由と人権が制約されていることを非難したが、米国が中国とこの点で対決するということはないとコメント。米国の原油の在庫が予想外に低下したので、原油価格が上昇。欧州市場では、ダイムラーやアストラゼネカなどが市場をけん引しDAXは16か月来の高値となった。

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況

10月第3週の市況

2019/10/14    月

米国と中国の交渉が、知的財産権、金融サービス、米国の農作物の購入などの点で部分的に合意に達した。市場は好感し、景気循環株を中心に値を上げる。アップルはブローカーが目標価格を引き上げたことにより2.7%上昇、建築や産業用資材のサプライヤーであるFasteral Coは、四半期決算が予想を超えたために17.2%上昇。欧州では米中協議の部分合意に好感したほか、英国とアイルランドの首脳がBrexitに向けた合意できる道筋があることを公表し、アイルランド株は4%上昇。英国のFTSEは国際企業が多いので0.7%の上昇にとどまったが、国内向けの株価指数は7.7%の上昇となった。そのほか、個別企業では、四半期業績が良かったSAPが10%値を上げ、四半期決算、年間利益予想ともに予想を下回ったHugo Bossは13.5%の下落

2019/10/15    火

米中協議で米国は第1段階を完了し関税の引き上げも中止したが、中国側はさらに協議が必要とコメントするなど温度差が目立った。そのため市場は3つの主要株式指数ともに下落。火曜日からは、JPモルガン、シティ、ジョンソン&ジョンソンなどの企業が第3四半期の決算を発表する。個別きぎゅでは、Fasteral Coがブローカーの格下げで2.5%下落、Nikeは反対に格上げで1.1%価格上昇。建築・エンジニア関連のAECOMはマネジメントサービス部門をプライベートエクイティに売却し6.3%の株価上昇。欧州市場は、米中協議の停滞とBrexitの停滞があり、

市場は横ばい。英国では、FTSEと国内企業中心の中型株指数FTMCもいずれも軟化

2019/10/16    水

英国とEUの間で期日のうちにBrexitの合意ができる見通しとなり、株式市場に好影響。また、米国では四半期決算の公表が始まったが、主要行の決算が好調で軒並み株価が上昇。ヘルスケア関連でもジョンソン&ジョンソンやユナイテッドヘルスケアの株価が上がり、ヘルスケア関連の株価が上昇。資産運用大手のブラック・ロックもアナリストの予想を超える収益を計上し株価が2.4%上昇。欧州市場ではBrexit関連でアイルランドの株価が上昇し、英国内でもロイズ、RBS、バークレイといった主要銀行の株価が4~5%上昇した。そのほか、ドイツのワイヤーカードは売上等の水増しが報じられ株価は2.8%の下落

2019/10/17    木

米国市場では個別企業の決算は堅調であったが、9月の個人販売が7か月ぶりに下落して、株式市場も下落。また、上院では香港の民主主義擁護の法案が可決し中国をいらだたさせる。マイクロソフトは1.5%値を下げテクノロジー株と主要な株価指数を下落に導いた。決算が堅調だったユナイテッドエアラインは1.9%株価を上げ、がん治療薬の試験がゴールに達しなかったEli Lilly & Coは1.6%株価を下げた。欧州では、英国の国内向け指数FTMCが横ばいで、アイルランド株も値を下げたことから、市場は幾分下落。Rio Tiotoは鉄鉱石の出荷は増加したが、ボーキサイトとアルミニウムが低調で株価下落。ドイツのIT銘柄ASMLも純利益が低下し4.5%株価下落

2019/10/18    金

米国市場では、欧州でEUと英国がBrexitで合意できたこと、米中協議の部分合意に関する声明が発表されたこと、トルコがシリアへの侵攻の停止に合意したことなどから株式市場は上昇した。大手行の決算最後となったモルガンスタンレーも1.5%株価を上げ、Netfliexは視聴者のリバウンドがあり2.5%値を上げた。第3四半期の売り上げ見通しが芳しくないIBMは5.5%の値下がり。欧州市場では、スウェーデンのEricssonが6%値を上げたが、Brexitの合意に対して北アイルランドの民主統一党が反対し、市場全体では値下がり。

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況