4月第3週の市況

2021/4/12    月

米国市場では、ダウとSP500が3日連続の史上最高値を更新。生産者物価指数は3月に予想以上に上昇。ただし、イールドは低下したために、アップルやマイクロソフトといったグロース株が値を上げ、Amazonはアラバマで労働組合結成の動きがとん挫し株価は2.2%の上昇。ハネウェルはブローカーの格上げによって3.2%株価上昇。欧州市場では、アストラゼネカ社製のワクチンへの不安から株価は下落。エアバスは第1四半期の出荷がわずかに予想を上回り0.3%の株価上昇。レジャー関連のTUIは3.5憶ユーロの転換社債を発行することになり株価は2.1%下落

2021/4/13    火

米国市場ではゴールドマンサックス、JPモルガンなどの銀行が水曜日に決算発表を控えその公表待ちの状態。金融や一般消費財が値を上げる。Teslaはブローカーが格上げし株価が3.7%上昇。Nividiaは第1四半期の売り上げが予想を超えることが予想され株価は5.6%上昇。マイクロソフトがNuance Communicationを197憶ドルで買収することを公表し、Nuance Communicationは16%の上昇。欧州市場では、投資家が利益確定に動き市場は軟化。フランスの公益企業のSuezとVeoliaは合併することを公表し株価上昇。英国では、HSBCが格下げしたことからeasyJetやRayanairが3%以上値下がり

2021/4/14    水

米国市場では、SP500が史上最高値を更新し、NASDAQも上昇。消費者物価指数は約8.5年ぶりの上昇となった。コロナワクチンで6人の女性で血栓が見つかったジョンソン&ジョンソンは1.3%株安となったが、アップル、マイクロソフト、Amazonなどが値を上げ、FANG+TM指数は1.7%の上昇。ビットコイン関連も値を上げた。欧州市場では、横ばいながら史上最高値の水準を維持している。中国の輸出が増加したこと、輸入についてはここ4年で最大の伸びとなったことが追い風の要因。英国ではスポーツウェアの小売りJD Sportsは今年の利益増加することから株価は3%上昇。スウェーデンのIT関連のDustinはM&A関連で株価が17.4%上昇

2021/4/15    木

米国市場では、ダウは値を上げたが、SP500とNASDAQは値下がり。決算シーズンのトップを切って大手銀行が決算を公表。ゴールドマンサックスはディーリングが堅調で2.3%、ウェルズ・ファーゴは不良債権関連の引当金を取り崩したり営業スキャンダル関連の経費を抑えた結果、株価は5.5%上昇。コロナ関連で50億ドルの引当金を計上したJPモルガン・チェースは1.9%の値下がり。原油価格が上昇しそのためエネルギー関連が2.9%上昇。ビットコイン関連で上場したCoinbase Globalは250ドルの参考価格に対して、終値は328ドル。ただし、ほかのビットコイン関連銘柄は15%程度の下落。欧州市場では、クラウドサービスが堅調だったSAPが1.1%値を上げ、第1四半期の売り上げが20%上昇したLVMHが2.6%株高となり市場をけん引。ドイツでは経済機関が、ロックダウンの長期化を勘案し、年間のGDP成長の予想を4.7%から3.7%に引き下げ

2021/4/16    金

米国市場では、ダウが初めて34000の水準を突破。SP500も2日連続で史上最高値を更新。NASDAQも2月16日以来となる14000超えの水準となった。アップル、マイクロソフト、Facebookなどが1.5%から1.9%値を上げたために、コミュニケーションサービスやテクノロジーといったセクターが値を上げた。10年物イールドは、3月25日以来となる1.6%以下に下落。決算発表では、バンクオブアメリカ、シティが景気回復に対して楽観的な見方を示したが、株価は、それぞれ2.9%と0.5%値下がり。欧州市場でも史上最高値を更新。金属関連の価格が上昇したため、Rio Tinto, Anglo American, BHPなどが株価上昇。そのため英国のFTSEは0.6%の上昇。スイスのエンジニアリングABBは通年の見通しを引き上げ、株価は3.1%の上昇。フランスの広告会社のPublicisはパンデミック前の成長に復帰し3.3%の株価上昇

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況

4月第2週の市況

2021/4/5    月

欧米では、Good Fridayのため株式市場は休場。米国の非農業就労者数は91.6万人の増加となり、予想を大きく超える。米ドル高となり、イールドも1.7143%に上昇

2021/4/6    火

米国ではISM非製造業指数が史上最高を更新し、ダウとSP500は終値で史上最高値を更新。イールドも上昇し、金融、素材などのセクターが上昇。イールド上昇の余波を受けたのはテクノロジー、通信サービス、一般消費財などのセクター。原油価格が下落したことからエネルギー株は2.4%の下落。SP500の航空株指数は2.5%上昇。個別銘柄では、出荷が史上最高となったTeslaが4.4%値上がり。欧州市場はイースターで休場

2021/4/7    水

米国市場では幾分値を下げたがそれでも史上最高値付近にある。IMFは2021年の世界経済の成長を5.5%から6%に引き上げた。Snapはブローカーの格上げにより5.1%値を上げ、7月分のカリブ海、エーゲ海への旅行を再販し始めたNorwegian Cruise Lineは4.6%の上昇。欧州市場では史上最高値を更新。特に、鉱業関連が1.8%値を上げ、第1四半期の純負債の目標を350憶ドルになると公表したBPが3.2%値を上げる。そのため、英国のFTSEは1.3%の上昇。ドイツのDAX,フランスのCAC40も、それぞれ、0.7%と0.5%の上昇。旅行・レジャー、自動車、食品・飲料などの分野も上昇

2021/4/8    木

米国市場は横ばい。Fedが前回の委員会の議事録を公開し、金利が上がることを容認することが確認され、イールドは3月30日の水準近くまで上昇。ダウとSP500は値を上げるが、NASDAQは値を下げた。ただし、カナダや欧州で規制が拡大する中、テクノロジー株は上昇。Prisonは四半期配当を中断し、株価は20.4%下落。欧州市場も横ばいとなった。ヘルスケア関連と英ポンドが値を下げ、英国の株価指数FTSEは上昇。英国ではワクチン接種の進展で中小型株も上昇。ユーロ圏では製造業分野が伸びたためにPMI指数が上昇に転じた。フランスでは、政府が少数株主の株式を100億ユーロを投じて買収すると報じられたEDFが10.5%値を上げた

2021/4/9    金

欧米市場で株式市場は史上最高値を更新。米国では、新規失業保険給付申請者数が2週間連続で下落したために、イールドが下落。そのため、テクノロジー株などのグロース株が上昇。Teslaはバイデン政権が1740憶ドルの電気自動車推進予算を付けたことから、株価が1.9%上昇。欧州株式は、昨日のFedの議事録で米国のFRBが景気回復が軌道に乗るまで低金利を誘導しないと明らかにしたことから、世界経済回復への期待感から上昇。ドイツでは2月の工業受注が2か月連続で上昇。アストラゼネカはワクチン使用の制限が思っていたほどではなかったために株価は2%上昇

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況