11月第1週の市況

2020/11/2    月

米国では、9月の個人消費が予想を超えて上昇したが、テクノロジー関連の大型株が値を下げ市場全体も値下がり。VIX指数は20週来の高値になる。アップルは5G対応のiPhoneの販売が遅れたことにより売上高が減少。Amazonはコロナウィルス関連のコストが高くなると見込まれ株価下落。Facebookは2021年の見通しが芳しくなく株価下落。唯一、Googleの親会社アルファベットはAmazonに比較して株価の割安感が評価され株価上昇。Twitterは米国の大統領選の影響を受けるとみられ株価下落。欧州市場では、EUのGDPが予想を超えて上昇し株価上昇。Totalは業績悪化にもかかわらず配当を維持し2.8%の株高。スペインの銀行は収益が予想より良かったために株価が上昇し、アップルのサプライヤーのASM International、Dialog Semecondotor、STMicroelectoronicsは5G対応のiPhoneの発売により株価が1.2~1.7%の上昇

2020/11/3    火

米国市場では大統領選をにらんだ市場になった。市場はダウ、SP500を中心に値上がり、NASDAQは値上がりしたが上値が重かった。バイデン氏勝利の場合、大幅な景気刺激策が採られ、ソーラーエネルギーの推進を行うと予想されその場合は、ソーラー関連、産業株、小型株などが上昇すると予想される。トランプ大統領勝利の場合は、ウェルズ・ファーゴ、バンク・オブ・アメリカ、シティなどの銀行株が値を上げるとみられる。市場ではエネルギー、素材、産業株が値を上げ、VIX指数は幾分値下がり。航空やクルーズ関連は値下がり。欧州市場では、ドイツ工場活動がリバウンドし株価指数のDAXは2.0%の上昇。石油&ガス、銀行、保険、化学といった景気循環株を中心に値を上げた。英国ではジョンソン首相が新たな制限を公表し、中小型株中心の株式指数FTMCは0.2%下落

2020/11/4    水

米国市場はバイデン氏勝利を予想し、より大きな景気刺激策が採られることを期待し市場は上昇。金融、産業の両セクターは2%以上の値上がり。キャタピラーは2.7%値を上げ、Hanewell Internationalも3.2%の上昇。欧州市場も、バイデン氏の勝利を予想し株価上昇。トランプ政権が火をつけた米中の関税戦争が緩和されると見込まれ自動車株は3.5%の上昇。フェラーリは2020年の業績について公表していた範囲の上限になると予想し株価は7.1%上昇。BNPパリバは四半期決算が堅調で6.1%上昇。自動車、銀行のほかに保険や建築&素材なども株価上昇。英国の住宅建築Grest Nicholsonは配当を再開し、収益予想が堅調であったことから株価は16.5%の上昇

2020/11/5    木

米国では大統領選が混迷を深める中、メイン州では共和党が上院議員選に勝利し共和党の上院での多数は維持される見通し。そのために、いずれの候補が勝利しても、政策には大きな変更をすることは難しいとの見方が広がる。反トラスト法やキャピタルゲインタックスに関する法制を変更するのもむつかしいとして、大手IT企業には追い風。GAFA+TM指数は4.34%上昇。グロース株が値を上げ、バリュー株は横ばいであった。また、ヘルスケア指数も4.45%と大きく値上がり。防衛産業は値下がり。欧州市場では、防衛的な銘柄ということでヘルスケア関連4.9%上昇。テクノロジー関連も3.0%上昇。国別では、ドイツのDAXが2.0%、英国のFTSEが1.7%値上がり。一方で、景気に変動を受けやすい銀行、ガス・石油、鉱業などは値下がり。バイデン候補が勝利すると恩恵を被るとみられる代替エネルギーのVestaとSiemens Gamesaはそれぞれ、3.5%と1.6%の値下がり

2020/11/6    金

米国市場では、共和党が上院の多数を占める見通しとなり、バイデン氏が大統領になっても大きな政策変更はできないとの見通し。Fedは金融緩和政策を維持し、ただし、財政に直接資金供給することはしないとパウエル議長がコメント。米国の主要指数はいずれも上昇し、特に、テクノロジー株のウェイトが大きいNASDAQは2.5%以上の値上がり。また、フィラデルフィア半導体指数は4.4%の上昇。Qualcommは第1四半期の業績予想が予想を上回り12.75%の上昇。欧州市場でも2週間来の高値となった。テクノロジー株は米国の競合銘柄が値を上げたことによる。ドイツのメディアのProsiebensat 1 Media SEは四半期決算が黒字に戻り8.9%の値上がり。フランスのソシエテ・ジェネラルは株式トレードで利益を上げ3.7%の値上がりとなり、英国の保険会社RSAは英国のロックダウンがそれほどビジネスに影響しないことが分かり45.7%値を上げた。

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況

10月第5週の市況

2020/10/26    月

米国市場では方向性のない市場となり小幅な値動きにとどまった。ダウは値を下げたが、SP500とNASDAQは値上がり。インテルは利益率が低下したことにより株価が10%下落。アメリカン・エキスプレスは第3四半期の利益が予想以下となり株価は3.6%の下落。コロナウィルス関連の景気対策では進展なし。欧州市場では、株価がリバウンド。英国のバークレイズは好決算を公表し7%株価上昇。エアバスはコロナ関連のダメージから回復し、サプライヤーの生産が上がっているとして株価が5.6%上昇。自動車や石油・ガスも値上がり。ドイツでは製造業の活動指数は上がったが、サービス業は低下。フランスはコロナ関連の門限をさらに拡大する方向を公表

2020/10/27    火

米国ではコロナウィルス対策が依然として不透明の中、米露仏などでコロナウィルス感染者数が最大になったことを受けて、株式市場は薄商いの中大きく下落。SP500は過去4週間で最大の下落。ロイヤル・カリビアン・クルーズ、カーニバルといったクルーズ関連が10%弱下落したのを筆頭に、航空関連は5.6%値を下げた。エネルギー関連も原油価格が下落したために値下がり。ドイツのSAPは2020年の見通しを下方修正し株価が20%下落。ライバルの米オラクルも4%の下落。欧州市場では、前述のSAP株の下落の影響からドイツのDAXが2.7%下落し、テクノロジーセクターも5.8%の下落。南欧の国々でもコロナの新規感染者数が過去最大になり、イタリア、スペインで新規の規制が実施されることになった。株式市場は軟化。イタリアはS&Pから格付けのアウトルックを「ネガティブ」から「ステーブル」に引き上げられたが、株式市場は下落

2020/10/28    水

米国市場では小幅な値動きとなったが、SP500とダウは値下がり、NASDAQは値上がりとなった。マイクロソフトは市場終了後決算を公表し12%の増益となった。製薬会社のEli Lillyはコロナウィルス関連のワクチンの人体実験に失敗しコストがかさみ四半期決算が悪化。株価は6.9%の下落。銀行とエネルギーはいずれも軟化。半導体のAMDはXilinxを350憶ドルで買収することになり、AMD株は4.1%の下落。Xilinx株は8.6%の上昇。欧州市場では大きく値を下げ1か月来の安値となった。ドイツのDAX、フランスのCAC40、スペインのIBEXは、それぞれ、0.9%、1.8%、1.3%と値下がり。HSBCはビジネスモデル変更への期待感から3.4%株価上昇。フランスのITサービスCapgeminiは通年の目標を変更せず2.1%株価上昇

2020/10/29    木

欧米市場ではコロナウィルスの拡散によって大きく株式市場が下落。米国では、コロナ対策案の交渉の行き詰まりと相まって、SP500とダウは7月下旬以来の大きな下げ幅となった。リスクに連動するVIX指数は6月15日以来の高水準。航空株指数は4.3%、エネルギー株指数は4.2%それぞれ下落。アップル、アルファベット、Facebookなども4.6%以上の下落となった。GEは好決算を公表し8%の株価上昇。欧州市場も、ドイツがロックダウンを宣言し、フランスもマクロン大統領が自宅待機を要請するとみられ、それぞれの株式指数は、DAXが4.2%、CAC40が3.4%下落した。すべてのセクターで株価が下落し、ドイッチェバンクやカルフールなど好決算を公表した企業の株価も下落

2020/10/30    金

米国では第3四半期のGDPが公表され、政府が3兆ドル以上の支援を講じたこともあり、大きく上昇。アップル、Amazon、Facebook、アルファベットなどIT大手が決算を公表。Amazonは売り上げは予想を超えたが株価は下落。アルファベットも収益が伸び株価も上昇。Pinterestは26.9%と大きく株価上昇。コロナウィルスワクチンの人体実験のデータを早期に提出できると公表したModernaは8.4%株価が上昇し、Coachの親会社Tapestryは中国の需要回復で株価は4%上昇。欧州市場ではECBが、12月に変更する構えを見せたが、金融政策を変更しなかったECBに失望して株式市場は下落。独仏で国規模のコロナ対策の制限が実施されているが、ドイツでは株価上昇。スペイン銀行がEUに銀行システムへの広範な支援を求めているスペインでは株式指数が1%下落。ITのASM Internationalは第4四半期の見通しを引き上げ6.5%の株高

過去の市況を確認しよう!!

1か月前の市況 1年前の市況