4月20日に、ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」の無料講習会を開催いたします。どなたでもご参加いただけます。FP-MIRAI倶楽部のメンバーでなく、PCをご持参いただいた方には、最新版のライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」を無料で提供させていただきます。

今回の研修は

生活費と年金額そしてインフレをテーマに、キャッシュフロー分析を考えます

ライフプランイング統合ソフト「FP-MIRAI」には、生活費に関しては、地域ごと・世帯主の年齢ごとに生活費の平均を参照できる機能が備わっています。

年金額についても、老齢基礎年金、加給年金を含めた老齢厚生年金を計算する機能が備わっており、さらに、インフレについてはインフレ率を段階的に設定できるような設定になっています。

数十年という長期間で考えたときの、生活費・年金額そしてインフレの影響を、ライフプランイング統合ソフト「FP-MIRAI」を使って体験していただきます。

運用報告書を読みこなす~あなたが作った情報を提案しよう

12月11日、「運用報告書を読みこなす~あなたが作った情報を提案しよう」というタイトルで、市ヶ谷のビジネス教育出版社さまで、FP向け継続研修でお話をさせていただきます。

資産運用のお話で難しいのは、参加される方の期待にバラツキがあることです。とてもむつかしい話が聞きたい方、市況の予想のような話が聞きたい方、基礎的なことを聞きたい方、何でもいいから単位がほしい方等々。

今回はタイトルが示すとおり、運用報告書に記載されている内容を中心にお話しします。法定帳簿である運用報告書の位置づけから、個別ファンドの運用報告書で記載されていることから読み取れる内容についてです。

図1 研修でお話しすること

 

eMAXIS 先進国株式インデックス

三菱UFJ国際投信が運用するパッシブ運用のファンドです。ファミリーファンド方式を採用していることから取り上げました。目論見書にはファンドの運用の経過やベンチマークとのかい離の程度やその理由が記載されています。ベンチマークは、MSCIコクサイ指数です。MSCIコクサイ指数についてもお話しします。

フィデリティ・ジャパン・オープン

フィデリティ投信が運用するアクティブ運用(ボトムアップアプローチ)のファンドです。アクティブ運用がよく確認できることから取り上げました。投資環境では、日本の株式市場を中心とした、計算期間中の動向が要約されています。ほかの市場等と騰落率を比較した表を参考に市場環境を確認できます。また、アクティブ運用の源泉についての要因分析についてもお話しします。

eMAXIS バランス(8資産均等型)

三菱UFJ国際投信が運用するパッシブ運用のファンドです。バランス型ファンドということで取り上げました。投資する資産クラスは同じですが、トレンドフォロー戦略を採る「eMAXIS バランス(波乗り型)」との比較分析についてもお話しします。トレンドフォロー戦略の話は、最近人気のリスクコントロール型投資信託に適用できるお話になっています。

シャープレシオと情報レシオ

アクティブ運用の指標となる、シャープレシオと情報レシオについても解説します。情報レシオの計算には、トラッキングエラーという概念が必要です。トラッキングエラーは、パッシブ運用の指標として用いることができます。

図2 シャープレシオ

FP-MIRAIファンド分析レポート

FP-MIRAI倶楽部のメンバーに毎月配信している、ファンド分析レポートも使用します。今回、分析の対象とした3つのファンドは、いずれもこのレポートに掲載されているものです。運用報告書に掲載されている内容と、自分で作らなければならない内容がすぐに理解できます。

ファンド分析レポートの概要については、下記の動画をご覧ください。

ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」~ファンド分析レポート

2016年10月から配信を開始した「ファンド分析レポート」のご紹介です。

レポートはこちらからご覧ください。ファンドレポートは、毎月、FP-MIRAI倶楽部の会員のみなさまに配信されます。

運用報告書を読みこなす

12月11日、「運用報告書を読みこなす~あなたが作った情報を提案しよう」というテーマで、FPのみなさま向けにセミナーを開催します。お話しする内容が固まりましたのでお知らせします。

  1. 運用報告書とは
  2. eMAXIS 先進国株式インデックス
  • 商品分類について
  • ファミリーファンド方式とファンド・オブ・ファンズ
  • 収益調整金とは
  • 投資信託の手数料
  • 騰落率の計算方法
  • 外貨建て資産の基準価額の計算
  • 基準価額の変動要因
  • トラッキングエラー

3.フィデリティ・ジャパン・オープン

  • 期間騰落率
  • シャープレシオ/情報レシオ
  • 騰落率の要因分析

4.eMAXIS バランス

  • トレンドフォロー戦略

などです。

kochira

FP継続教育セミナー情報

FP継続教育セミナー情報

2016年12月、FP継続教育セミナー(金融:3単位)の講師を務めます。

今回は、運用報告書に焦点を当てて、運用報告書に書かれている情報から、ファンドの特徴や運用スタイル、運用成績などを分析したいと思っています。

3時間のセミナーですので3つ程度のファンドを取り上げて、実際の運用報告書を見ながら研修を進めたいと思っています。

ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」~ファンド分析レポート

2016年10月から配信を開始した「ファンド分析レポート」のご紹介です。

レポートはこちらからご覧ください。ファンドレポートは、毎月、FP-MIRAI倶楽部の会員のみなさまに配信されます。

ライフプランニング統合ソフト「FP-MIRAI」の無料講習会【FP向け】

2016年内の無料講習会は予定されていません。次回の無料講習会は、2017年になります。詳細が決まりましたら、ウェブサイトでお知らせします。

2016年の無料講習会の実施状況

ビジネス教育出版社主催のFP継続教育セミナーで講演をさせていただきます。

日時:2016年12月11日(土)14:00-17:00

場所:ビジネス教育出版社会議室(千代田区九段南四丁目7番13号 市ヶ谷安田ビル2F)

講師:杉山 明(CIIA®,証券アナリスト,CFP®)

費用:5,400円(税込)

単位:金融3単位

今回のテーマは、運用報告書です。運用報告書に書いてあることがしっかり理解できると、そのファンドの運用スタイルや運用成果についてよく理解できます。

特に、パッシブ運用のファンドより、アクティブ運用のファンドのほうが、運用報告書の重要性が高くなります。

運用報告書に何が書いてあるのか知りたい、運用報告書の内容を踏まえたアドバイスをしたいといったFPのみなさまのニーズに応える研修内容です。

omoushikomi

img1-600x250