12月第4週の市況

2016/12/19    月

中国が南シナ海で米国の無人潜水機を奪ったことで原油価格が52ドル以上に上昇。米ドル高は一段落し、10年国債のイールドが低下、金の価格上昇。株式市場ではオラクルが売り上げが予想以下で大きく値を下げたが、イールド低下により公益株と不動産株がリバウンド。全体としては低下。住宅着工数は予想以上に低下したが、不動産市場の底は固く大手建築株は上昇

2016/12/20    火

ロシア大使がトルコで殺害され、ドイツではトラックによる事故が発生、中国による米国の潜水機の奪取など地政学的な不安定要因が顕在化。取引高は少ない中、マイクロソフト、インテルなどのテクノロジー株が堅調で米国の株式は上昇

2016/12/21    水

日銀がマイナス金利政策の維持を決め日本円は下落。米国では取引高が少ない中、キャタピラやナイキが値を上げダウは史上最高値を更新。イタリアの銀行は再び上昇、ロイズがM&A関連で上昇

2016/12/22    木

米国の石油備蓄が予想以上となり原油価格は下落。中古住宅販売は堅調であったがREITは下落、金融株も弱い。欧州ではイタリアの銀行が予想とおりに資金を調達できない可能性が指摘され、スペインではモーゲージ関連の損失を銀行が補てんする判決があり、銀行株が下げ圧力となった

2016/12/23    金

米国は耐久財消費が予想以上に拡大。第3四半期のGDPは最終的に年率3.5%の上昇となり予想を上回ったが、個人所得は0.1%以下の上昇にとどまり米国市場ではSP500、ダウともに下落。欧州市場では、イタリアのモンテ・デイ・パスチが主要となる投資家を見つけられず史上最安値になる。資源関連も下落し、市場全体も下落

前週の市況はこちら

12月第3週の市況

2016/12/12    月

米国株式は6日連続の上昇となり、SP500、ダウはともに史上最高値を更新。OPECが非加盟国とウィーンで会談を行ったことから原油価格が上昇。米国の賃金が堅調で、米ドルは18か月来の高値水準

2016/12/13    火

WTI、Brentともに価格が上昇し原油価格は17か月来の高値となる。銅の価格も上昇し、豪ドルやNZドルなどが上昇。米国ではFedの会合を前に10年物イールドが2.5%をこえ、エネルギー・公益株が上昇。小型株が軟化し大型株が上昇したため、SP500は下落してダウは上昇

2016/12/14    水

ダウが2万を超えSP500も上昇。米国株式はインテル、アップルなどのテクノロジー株がけん引して上昇。CEOがトランプ政権の国務長官に指名されたエクソンモービルも上昇。ユーロと日本円はともに米ドルに対して下落。欧州では、Unicreditが30億ユーロの増資計画を公表し大きく上昇。MediasetはフランスのVivendiが保有比率を20%に引き上げると公表し大きく上昇

2016/12/15    木

FOMCが開催され予想とおり金利を0.25%引き上げ。ただし、今後の金利上昇のスピードは予想より早くなると見積もられる。公益株やエネルギー関連が値を下げ、米国株式は下落。大型株より小型株が下落。米ドルは日本円に対して7か月来の高値。欧州ではJ&JのスイスのActelionの買収話がなくなりフランスのSanofiが保有引き上げで交渉中。同株は大きく下落

2016/12/16    金

米ドルが対ユーロで2003年以降の最高値となり、10年物のイールドはここ2年で最高値となった。GSほかの金融株が下支えしてダウは最高値を更新。欧州でもドイチェバンク、HSBC、BNPパリバ、クレディスイスなどの大手行が大きく上昇し、新首相が指名され150億ユーロの支援が入るといわれているイタリアの銀行も上昇